大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
アクセスマップ
大阪大学
English
イベント
HOME > 更新情報 > イベント
一覧
  

2017年01月27日 13:30~17:35

大阪大学吹田キャンパス 銀杏会館3階 阪急電鉄・三和銀行ホール

●プログラム

【開会式 13:30~13:40】
13:30-13:35 挨拶 大阪大学工学研究科 田中 敏宏 工学研究科長
13:35-13:40 来賓挨拶 公益財団法人発酵研究所 波多野 和徳 理事長

【招待講演 13:40~16:45】
13:40-14:30 メタノール資化性酵母の利用を出発点にした分子細胞生物学の発展
 阪井 康能 【京都大学 農学研究科応用生命科学専攻】
14:30-14:55 メタノール酵母のメタノール代謝制御の分子メカニズムの解明
 中川 智行 【岐阜大学 応用生物科学部応用生命科学課程】
14:55-15:20 酵母Ogataea minutaにおける遺伝学的基盤解析系の確立
 横尾 岳彦 【産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門】
--15:20-15:35 休憩 --
15:35-16:00 Ogataea polymorphaをもちいた真核生物モリブデン膜輸送の研究
 中西 洋一 【名古屋大学 生命農学研究科生物機構・機能科学専攻】
16:05-16:25 Ogataea polymorphaによる乳酸生産
 杉山 峰崇 【大阪大学 工学研究科生命先端工学専攻】
16:25-16:45 ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母
 中村 太郎 【大阪市立大学 理学研究科生物地球系専攻】

【寄附講座成果報告 16:45~17:35】
16:45-17:10 Ogataea polymorphaの生殖サイクルの制御
 前川 裕美 【大阪大学 工学研究科酵母リソース工学寄附講座】
17:10-17:35 Ogataea polymorphaのゲノム編集とリン酸シグナル伝達経路
 金子 嘉信 【大阪大学 工学研究科酵母リソース工学寄附講座】

【交流会】
17:50~ 大阪大学銀杏会館2階 銀杏クラブにて


●参加申込み方法
お名前、ご所属、交流会参加の有無を記載の上、e-mailにてお申込みください。
申込先E-mail: ygrl-s@bio.eng.osaka-u.ac.jp
担当:大阪大学工学研究科 酵母リソース工学寄附講座 角田(スミダ)
電話:06-6879-7422


※シンポジウム・交流会は参加無料です。
 当日参加も受け付けますが、事前申込をお願いします。


主催:大阪大学大学院工学研究科酵母リソース工学寄附講座
共催:大阪大学大学院工学研究科
後援:大阪大学フロンティア産業バイオイニシアティブ国際研究拠点、酵母研究会

2017年03月03日 13:00~18:30

大阪大学吹田キャンパス 理工学図書館 西館3階 図書館ホール(講演会)/GSEコモン・イースト棟15階 ラ・シェーナ(懇親会)

【趣旨】
 大阪大学と産業技術総合研究所(以下、産総研と称する)は、平成23年3月22日に連携・協力の推進に関する基本協定書を締結して以来、さまざまな分野で学術交流を実施してきました。今回、工学研究科と産総研は、さらなる研究活動の推進及びその成果の普及とともに、次世代を担う学生の教育研究に関する協力も推し進めることを目的に、平成28年7月14日に教育研究協力に関する覚書を交わしました。今後、両者の間で学生を含めた研究者の交流を活発にさせるため、今回のシンポジウムでは、まず材料科学やエネルギー等に関わるテーマについての研究発表を行い、相互理解の促進を目的としています。

 懇親会(参加費1,000円)では、産総研の方との交流ができますので、学生の皆さんも積極的にご参加ください。参加申込は、2月10日(金)までにお願いします。
 講演会は当日参加も可能ですが、できるだけ事前申込をお願いします。

【費用】  講演会:無料、懇親会:1,000円
【申込】  以下のリンク先からご登録ください。
懇親会のお申し込みは2月10日(金)まで。

【プログラム】
(司会)渋谷 陽二(アトミックデザイン研究センター センター長)

13:00-13:05 開会の挨拶           田中 敏宏(工学研究科長)
13:05-13:10 シンポジウム開催の挨拶     八木 康史(大阪大学理事・副学長)
13:10-13:35 産総研の紹介と奨学制度の説明  松原 一郎(産総研関西センター 所長代理)


[講演第一部] (座長)井藤 幹夫(附属アトミックデザイン研究センター)
13:35-14:00 尾崎 公洋(産総研中部センター)
「磁性材料がつくる未来」
14:00-14:25 荒木 秀樹(附属アトミックデザイン研究センター)
 「陽電子消滅実験と第一原理計算を用いた原子スケールの材料評価」
14:25-14:50 榊 浩司(産総研つくばセンター)
 「水素吸蔵合金の高性能化のための局所構造解析」

(14:50-15:00 休憩)

[講演第二部] (座長)勝山 茂(工学研究科 マテリアル生産科学専攻)
15:00-15:25 舟橋 良次(産総研関西センター)
「熱電モジュール作製の要素技術の開発と高性能化」
15:25-15:50 浜口 智志(附属アトミックデザイン研究センター)
 「プラズマプロセスの最先端:半導体デバイスの原子層精度加工から医療応用まで」
15:50-16:15 池原 譲(産総研つくばセンター)
 「病理工学連携研究による超1000nm近赤外波長域イメージング技術の開発と医用展開」


16:15-16:20 閉会の挨拶 長谷川 裕夫(産総研関西センター 所長)


17:00-18:30 懇親会


【主催】  大阪大学大学院工学研究科、大阪大学大学院工学研究科附属アトミックデザイン研究センター、産総研 関西センター・中部センター
【共催】  大阪大学大学院工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター

【問合せ先】
大阪大学大学院工学研究科附属
アトミックデザイン研究センター内
共同研究シンポジウム実行委員会
TEL:06-6879-7917 FAX:06-6879-7916
e-mail:camt.symp@camt.eng.osaka-u.ac.jp

最近終了した5件のみ表示。年ごとの記事は左のリストよりお選びください。

2016年12月10日 13:30~16:35

大阪府大阪市北区中之島4-3-53 大阪大学中之島センター 講義室507

科学研究費補助金基盤S「Cell Exerciseにおける力学とバイオの統合」の研究成果を幅広く世の中に公開する目的で、市民講座を開催いたします。大学の研究室で実際に行われている最新の研究成果を、非専門家の方々向けにかみくだいて解説させていただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

参加費:無料
参加資格:中学生以上であればどなたでも参加可能
定員 :70名(定員に達し次第、締切りいたします。)

プログラム:
 13:05 - 13:30 受付開始
 13:30 - 13:50 開会 金子真(大阪大学)
       「研究の動機」
        細胞エクササイズってな~に?
 13:50 - 14:30 横山詩子(横浜市立大学)
       「細胞エクササイズで頑丈な人工血管ができるの?!」
        細胞にエクササイズさせると立派な人工血管ができてしまう、
        そのレシピとは?
 14:30 - 15:10 川原知洋(九州工業大学)
       「たまごの不思議:生命のしなやかさと工学を結びつけるアプローチ」
        たまごが成長するために細胞や血管に居心地のよい空間をデザインする
        にはどうすればよいか考えてみよう。
 15:10 - 15:30 休憩
 15:30 - 16:00 Chia Hung Dylan Tsai(大阪大学)
       「細胞の良し悪しはどうやって見分けるの(Cell Evaluation)」
        健康さを反映する細胞の良し悪しを、
        顕微鏡とマイクロ流体デバイスで観察しよう。
 16:00 - 16:30 伊藤弘明(大阪大学)
       「赤血球の神秘的挙動を見てみよう」
        血管の中で大きく形を変える赤血球、その生き物ならではの
        不思議なふるまいを調べよう。
 16:30 - 16:35 閉会


連絡・問合せ先:
 大阪大学大学院工学研究科 金子・東森研究室
 TEL:06-6879-7333
 E-mail:khlab.contact@hh.mech.eng.osaka-u.ac.jp

2016年12月09日 16:00~17:30

大阪大学吹田キャンパス工学研究科 岡田メモリアルホール(R1棟312)

【対象】大阪大学の教職員

 新たなイノベーション創出のために、また、大学でも競争的資金獲得に向けて、科学技術政策における最新の国家戦略や動向を把握することが重要となっています。このような状況に対応するため、工学研究科戦略支援部では勉強会を開催してきました。今回、第3回目の「科学技術政策セミナー」を開催致しますので、ふるってご参加ください。

【講演1】「クロスアポイントメントの活用法 ~NEDOへのクロアポ第一号事例~」
【講師】 小久保 研 工学研究科准教授
     2015年4月より NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機
     構)材料・ナノテクノロジー部プロジェクトマネージャー/主査としてクロスア
     ポイントメント制度を利用して勤務・所属。

【講演2】「我が国の製造産業技術の展開に向けて」
【講師】 倉敷 哲生 工学研究科准教授
     2014年5月より2年5か月間、経済産業省へ出向し、今秋阪大へ帰任。製造産業局
     戦略調整官としてファインセラミックス・ナノテクノロジー・材料戦略室、なら
     びに、製造産業技術戦略室にて多岐に渡る業務に従事。

【内容】
 優秀な人材が大学や公的研究機関等の壁を越えて複数の組織で活躍できる環境整備が必要とされています。本セミナーでは、戦略策定への関与、クロスアポイントメント制度の活用のご経験を持つ2名の講師にご講演を頂きます。
 セミナー前半は、「『日本再興戦略』改訂2014」や「科学技術イノベーション総合戦略2014」等において、積極的な導入と活用が謳われているクロスアポイントメント制度を大阪大学で初めて利用して、2015年4月より大学及びNEDOの二つの機関で研究及び教育に従事されている小久保先生より、制度の問題点や課題を中心にご経験をお話し頂きます。
 セミナー後半は、経済産業省の戦略調整官としてご活躍された倉敷先生より、材料戦略室でのナノテク・材料に関するプランの策定や国の科学技術プロジェクト等への関与、新設された製造産業技術戦略室への異動後にご経験された室の立ち上げや国の科学技術全般にかかわる今後の取組みなどについてお話し頂きます。
 事務職員の方もぜひご参加下さい。

【プログラム】
 15:30 受付開始
 16:00 開演挨拶、講演1、質疑応答
 16:45 講演2、質疑応答
 17:30 終了
 ※セミナー終了後、化学系会議室(C4棟1階)にて茶話会を予定しています。
  (参加費500円)

【申込方法】
 電子メールにて、件名「科学技術政策セミナー参加申込」として
 戦略支援部 十河まで次の情報をお送りください。
 申込アドレス:sogo@cpdc.eng.osaka-u.ac.jp       
 ①氏名(ふりがな)
 ②所属
 ③役職
 ④メールアドレス
 ⑤セミナー後開催の茶話会 参加 or 不参加

【申込締切】12月5日(月)*定員に達し次第締め切ります。

【主催】大阪大学大学院工学研究科 戦略支援部

【問い合わせ先】
       大阪大学大学院工学研究科 戦略支援部
        木村 純子  (内線:7195)
        TEL:06-6879-7195 Fax:06-6879-4127
        mail:kimura@smso.eng.osaka-u.ac.jp

2016年11月18日 15:30~17:00

大阪大学吹田キャンパス 工学研究科C3棟5階 サントリーメモリアルホール

対象:大阪大学の教員・研究員(特に若手研究者)、学生等

講師:池田 雅夫 大阪大学特任教授
-------------------------------------------------------------------------
米国Santa Clara大学研究員、神戸大学工学部教授、大阪大学工学研究科教授、大阪大学副学長等を経て、現在大阪大学経営企画オフィス副オフィス長、シニア・リサーチ・マネジャー、特任教授(常勤)。

工学分野において多くの実績を挙げており、IEEE Life Fellow、IFAC Fellow、計測自動制御学会フェロー、日本機械学会フェロー等の称号を与えられている。院生の論文指導・添削や、計測自動制御学会「論文塾」の講師として若手研究者の論文指導を行ってきた。
また、SICE Journal of Control, Measurement, and System IntegrationのEditor in Chiefや日米欧の多くのジャーナルのAssociate Editorや査読者も務めてきた。
-------------------------------------------------------------------------

内容:
・タイトルの決め方から、論理的に研究成果を説明し、論文の妥当性・意義をアピールする方法まで、アクセプトされやすい科学論文の書き方の基本を説明

・講師自身の投稿経験から、査読者とのやりとりの実例を見せながら、論文を書く際や査読コメントに回答する際の注意点を説明

・査読者としての立場からピアレビューの視点や良くない書き方までを説明

・工学(Engineering)系の例を中心とした内容で、主な対象は工学や融合分野(情報工学、生物工学、医工融合等)の若手研究者と学生ですが、他の分野の方にも参考になります

プログラム:
15:00 受付開始
15:30 開場 瀬恒 謙太郎特任教授(工学研究科戦略支援部副部長)よりご挨拶
15:35 講演
16:50 質疑応答
17:00 終了

申込み締切日:2016年11月17日(木)17:00

お問合わせ:
大阪大学工学研究科 戦略支援部 木村
大阪大学 経営企画オフィス URA部門 姚(Yao)
E-mail: writing-seminar@lserp.osaka-u.ac.jp

共同企画・運営:
大阪大学 工学研究科戦略支援部
大阪大学 経営企画オフィス URA部門

2016年11月15日 10:30~

大阪大学 銀杏会館 3階 大会議室(吹田キャンパス)

 本シンポジウムでは、文部科学省科学技術人材育成費補助金「テニュアトラック普及・定着事業」に採択された工学研究科グローバル若手研究者フロンティア研究拠点の若手研究者が研究発表を行います。
 This international symposium is coordinated by researchers who are the members of Frontier Research Base for Global Young Researchers, Graduate School of Engineering.

◆プログラム
10:30 Opening Remarks
 Toshihiro Tanaka, Dean, Susumu Kuwabata, Director
10:45 Design of functional catalysts using hollow silica as a platform material
 Yasutaka Kuwahara
11:35 Probing Metal and Semiconductor Nanoparticles by Electronics and Photonics Technologies
 Taro Uematsu
12:20 Break
13:50 Group 13 Metal Lewis Acid Catalyzed Coupling Reaction of Enol Derivatives with Organosilicon Compounds
 Yoshihiro Nishimoto
14:40 Air Quality Modeling over East Asia
 Hikari Shimadera
15:25 Break
15:40 Short Presentations
16:30 Poster Session
18:00 Closing Remark
 Susumu Kuwabata, Director

◆申込:不要

◆お問合せ:大阪大学大学院工学研究科グローバル若手研究者フロンティア研究拠点
  E-MAIL:wakatejim@frc.eng.osaka-u.ac.jp

2016年11月07日 13:30~17:00

東京大学 伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール (東京都文京区本郷7-3-1)

「組織」対「組織」の本格的な産学連携の推進が求められているなか、大学、企業、政府・自治体、市民などの多様な関係者がともに新たな価値を作り出すイノベーションネットワークの構築が急務となっています。
大阪大学では2006年度から「共同研究講座」を、東京大学では2008年度から「社会連携講座」を、制度として設け、先行的に組織連携を進めてまいりました。2011年7月、両者により、取組みから得られた知見などの議論を目的に「(第1回)先進的産学官連携シンポジウム」を開催いたしました。
今回のシンポジウムでは、先の開催から5年が経過した現在の取組みの実際を工学の立場から報告し、今後の取組みについて議論するとともに、両大学の講座の特徴、今までに得られた知見、持続可能な価値創出に向けた実効性のある仕掛けなど、本格的な産学連携推進について意見交流を深め、全国の産学連携関係者へ発信します。

■ 申込み締切:平成28年(2016年)10月28日(金)*定員に達し次第締め切ります。
■ お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科社会連携室
          TEL 06-6879-4218
          E-mail  secretary@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

大阪大学工学部|ウェブオープンキャンパス
ブログ 阪大工学部の散歩道
公募情報
大阪大学未来基金 工学部・工学研究科 教育研究事業
大阪大学研究室総覧
ラ・シェーナ
工学部・工学研究科同窓会
©School / Graduate School of Engineering Osaka University. | 大阪大学工学部/大学院工学研究科 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 TEL.06-6877-5111(代)