大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ
大阪大学 工学部/工学研究科 Instagram
大阪大学 工学部/工学研究科 Twitter
アクセスマップ
大阪大学
English
イベント
HOME > 更新情報 > イベント
2018年
  

2018年11月28日 13:30~17:30

吹田キャンパス センテラスサロン

オープンイノベーション教育研究センター主催
「ストレスと健康について」

【概要】
ストレスと健康とは密接に関係しています。ストレスは無さ過ぎてもあり過ぎても健康を害する要因です。大学における業務も多岐にわたり、ストレスフルな状況を鑑みることができます。健康で更なる良い研究・教育を実践するためには、ストレスとどのように付き合っていくのが最善なのかについて、大阪漢方医学振興財団理事長中本かよ先生をお招きしてご講演頂きます。

2部においては、中本先生が普及活動に取り組まれている【足助式医療體躁】についてご紹介いただきます。足助式医療體躁は、東洋医学の概念に基づいており自律神経を整え、腸を活性化することによって心身の症状を改善し、健康維持・増進を図る體躁です。生まれ直しの運動とも呼ばれており、赤ちゃんの成長過程を體操に取り入れることにより、快食・快便・快眠はもとより、内臓を鍛え血流を改善し、自力で全身の筋肉・筋膜にもアプローチする體操です。

【日時】平成30年11月28日(水) 
第1部 13:30~15:15 「ストレスと健康」~医食動~
第2部 15:30~17:30 「足助式医療體操について」~その効果と実践~ 

【場所】吹田キャンパス センテラスサロン 

【講師】大阪漢方医学振興財団理事長 中本かよ

【対象者】大阪大学全教職員

【定員】60名(先着順)

【参加費】無料

【備考】体験演習の都合上、動きやすい服装、履物でご参加頂けますようお願い申し上げます。

【本件問合せ先】
オープンイノベーション教育研究センター・イノベーション推進部門
根岸和政 
Email: negishi@coire.eng.osaka-u.ac.jp

【申込先】
オープンイノベーション教育研究センター
本間 由美子
E-mail: honma@ceids.osaka-u.ac.jp


---------【申込フォーマット】---------
該当欄に○をお願い申し上げます。
A. 第1部のみ参加【 】
B. 第2部のみ参加【 】
C. 1部2部両部とも参加【 】

・所属(      )
・職名(      )
・氏名(      )
・備考(      )

-----------------------------------

2018年11月30日 18:00~19:30

大阪大学吹田キャンパス工学研究科内 センテラス・サロン

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、月末の金曜日に教職員の心の潤いの場として、文化的行事を開催いたします。教職員・学生のみならず、一般の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。

【内容】
ピアノの詩人とよばれたポーランドの作曲家ショパン。
39年という短い生涯でしたが、数多くのピアノ作品を残しています。
今回はショパンの解説とピアノ曲を存分にお楽しみいただきます。 

【出演者】
福留 皓大 (応用化学専攻)
三輪 純也 (電気電子情報工学専攻) ほか

【参加費】 1000円 (飲み物、軽食を用意しております)

【主 催】 大学院工学研究科

【申込み】 当日参加も可能ですが、できれば事前登録(11/22締切)をご利用ください。

【問合せ】 工学研究科社会連携室
TEL: 06-6879-4218
E-mail : premium_friday@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

2018年12月17日 13:00~18:10
2018年12月18日 10:00~17:00

大阪大学 超高圧電子顕微鏡センター

1日目は透過電子顕微鏡に関する講義、2日目は希望するコースに分かれて実習を行います
(希望者は超高圧電子顕微鏡の見学)
物質材料科学・デバイス工学ならびに医学・生物学分野において透過電子顕微鏡による極微構造解析を必要とされる方、これから取り組みたいと希望される方は、この機会にご応募ください

【対象者】
研究者、大阪大学の博士後期課程/医歯薬系博士課程の大学院生および進学予定の博士前期課程 2 年生
上記以外の方(博士前期課程学生など)は講義のみ聴講可能

【参加費】
無料

【プログラム】
<講義>1日目(12月17日(月))
13:00-13:10  電顕スクール概要説明, 講師紹介
※以降の講義は可能な限り全て受講してください
13:10-14:10  透過電子顕微鏡法(TEM)
14:20-15:50  高分解能電子顕微鏡法(HRTEM)とSTEM、元素分析
16:00-17:00  電子線トモグラフィー法
17:10-18:10  生物試料の電子顕微鏡観察法

<実習>2日目(12月18日(火))
(9:30-9:50  ※希望者のみ:300万ボルト超高圧電子顕微鏡H-3000の見学)
10:00-17:00  下記の各コースに分かれての実習(適宜休憩を取ります)
A 無機材料の電顕観察用試料加工 定員4名程度 使用装置: 集束イオン研磨装置(FIB:FB-2000A)
B 無機結晶微粒子・基板上結晶薄膜のTEM/STEM観察 定員3名程度 使用装置: 200kV高分解能電子顕微鏡(ARM-200F)
C  無機結晶中の欠陥・転位の電顕観察 定員4名程度 使用装置: 200kV電子顕微鏡(H-800)
D 生物試料作製法および電子顕微鏡観察 定員5名程度 使用装置: ミクロトーム, 100kV電子顕微鏡(H-7500)
E 生物試料の電子線トモグラフィー計測 定員5名程度 使用装置:300kV 電子顕微鏡(H-9500)
F 生体高分子のクライオ(低温)電子顕微鏡用試料作製と観察 定員3名程度 使用装置: 氷包埋装置, クライオ電子顕微鏡(Titan Krios), 100kV 電子顕微鏡(H-7000)
※参加者の希望にできるだけ沿った内容とするために、実習内容については変更する場合があります

【申込方法】
電子メールにて、件名を「スクール参加申込」として、
info-nanoplat(at)uhvem.osaka-u.ac.jp まで申込書(HP掲載)をお送りください

【申込締切】
平成30年 11月 9日(金)

【主催】
大阪大学 ナノテクノロジー設備供用拠点 微細構造解析プラットフォーム

【お問い合わせ先】
大阪大学超高圧電子顕微鏡センター ナノテクノロジープラットフォーム事務局
Tel:06-6879-7941
Mail:info-nanoplat(at)uhvem.osaka-u.ac.jp

2018年11月17日 11:00~17:00

ららぽーとEXPOCITY

大阪大学のさまざまな研究・実績・資料などのブースや体験コーナーを会場内一帯で展開し、小さなお子様から大人まで、楽しみながら科学、研究について学んでいただけるイベントです。お申し込み不要ですので、ぜひお気軽にお越しください♪

※入場無料、事前申込不要

工学研究科からは、以下の7つの出展を行います。ぜひ皆さまお越し下さい。
1.OFRAC
2.Albatross
3.Robohan
4.フューチャー・デザイン(附属オープンイノベーション教育研究センター)
5.海外生活何でも聞いちゃおう(国際交流推進センター)
6.醸造・発酵の阪大120年史(フロンティア産業バイオイニシアティブ国際研究拠点)
7.工学×産業界の最先端研究

2018年11月11日 13:00~16:30

大阪府立大学 I-site なんば

【対象:中高生・大学生・一般市民】
海洋は産業を支える貿易や物流の場として、資源やエネルギーの生産の場として、憩いやレジャーやスポーツの場として、我々日本人の生活・文化を支えています。しかし、普段このことを実感する機会はなかなかありません。このような海をそれぞれの立場から研究している3人の研究者に話を伺います。研究内容だけでなく、この分野の研究をはじめたきっかけなどもお話しいただきますので、若い世代(中学生、高校生)の参加も大歓迎です。実はまだまだわからないことが多い海のこと、それを研究する面白さを知っていただきます。奮ってお申し込みください。参加は無料です。

【プログラム:参加無料】
13:00 ~ 13:20 開会挨拶:海のことをもっとみんなで知ろう

13:20 ~ 14:05 大阪湾の環境と生態
        -大阪湾の環境のいろはから地球温暖化による水産生物の生態の変化まで-
        大塚 耕司(大阪府立大学教授)

14:05 ~ 14:50 海洋ロボットで地球を調べる
        -いく,しらべる,そして・・・,このさきは何をすべきか?-
        吉田 弘(JASMTEC海洋工学センター 海洋基幹技術研究部 部長)

15:00 ~ 15:45 海底に潜む巨大カルデラを探る
        -超巨大噴火は予測できるか?-
        巽 好幸(神戸大学教授/海洋底探査センター長)

15:50 ~ 16:20 総合討論
        -なぜ、私は研究者になったのか-

【申し込み先】
https://www.jasnaoe.or.jp/mecc/event.html#20181111
下記HPの「第46回海洋教育フォーラム」の「参加申し込み受付フォーム」をクリックしてください。申込なしでも参加可能ですが、事前に申し込みいただけますと、図や写真などが多数掲載された講演資料(無料)を確実にお渡しできます。

【主催】
公益社団法人 日本船舶海洋工学会

【共催】
大阪大学大学院工学研究科
神戸大学大学院海事科学研究科
大阪府立大学大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 海洋システム工学分野

【後援】
大阪府教育委員会
京都府教育委員会
兵庫県教育委員会
和歌山県教育委員会
奈良県教育委員会

【お問い合わせ先】
大阪大学大学院工学研究科
地球総合工学専攻(船舶海洋工学)箕浦 宗彦
Tel:06-6879-7571
Mail:minoura@naoe.eng.osaka-u.ac.jp

2018年11月07日 13:30~17:20

大阪大学吹田キャンパス 銀杏会館 阪急電鉄・三和銀行ホール

【開催趣旨】

気候変動や資源エネルギー問題、政府債務問題やインフラの維持管理など、
持続可能性に関わる諸課題は、中長期的な対応を要するまさに世代を超えた
問題です。一方、近視性や将来に関する楽観性などといったヒトの特性や、
現世代のニーズを満たすうえでは有効であるものの将来世代の利益を反映する
仕組みではない市場や民主制などの既存の社会システムの下では、世代を
超えるこれらの問題に対処することが困難です。   

このような世代を超える未来に関わる課題に対処し、持続可能な自然と社会
を将来世代に引き継いでいくためのさまざまな社会の仕組みをデザインする
新たな試みが「フューチャー・デザイン」です。現在、様々な専門分野の
研究者や、市民、自治体や政府の政策担当者などの実務家も関わりながら、
フューチャー・デザインに関わる研究や将来ビジョンづくり、政策応用など
の実践が進んでいます。

本公開シンポジウムでは、フューチャー・デザインに関わる最新の研究成果
やフューチャー・デザインの応用および実践について報告を行うとともに、
研究者や一般の方々、産業界、自治体や政府などの公的機関の関係者の皆さま
とともに、持続可能な社会のフューチャー・デザインについて考える機会と
します。


【プログラム】
13:30 開会挨拶
    小林 傳司(日本学術会議第一部会員、大阪大学理事・副学長)

13:40 講演①『未来社会デザインと工学の役割』
    田中 敏宏(日本学術会議連携会員、大阪大学大学院工学研究科長)

14:20 講演②『フューチャー・デザイン
        :持続可能な自然と社会を将来世代に引き継ぐために』 

    西條 辰義(日本学術会議第一部会員、総合地球環境学研究所特任教授
          ・高知工科大学 フューチャー・デザイン研究所長)

15:00 講演③『フューチャー・デザイン:社会科学的観点からの展望』
    小林 慶一郎(慶應義塾大学経済学部教授)

休憩(10分)

15:50 講演④『フューチャー・デザインの応用と社会実装』
    原 圭史郎(日本学術会議連携会員、
          大阪大学大学院工学研究科附属オープンイノベーション
          教育研究センターフューチャー・デザイン部門長・准教授) 

16:30 講演⑤『フューチャー・デザインとリスクコミュニケーション』
    倉敷 哲生(大阪大学大学院工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻教授)

17:10 閉会挨拶
    林 高史 (大阪大学工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター長)

17: 20 シンポジウム終了

【主催】
大阪大学大学院工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センター(COiRE)、
日本学術会議経済学委員会・環境学委員会合同フューチャー・デザイン分科会
  
【共催】
吹田市

【定員】
200名

【参加登録】
お名前、ご所属を記載の上で、メールアドレスまで参加希望の旨ご連絡ください。
sympo@coire.eng.osaka-u.ac.jp

2018年10月29日 
2018年10月30日 
2018年11月02日 
2018年11月04日 
2018年11月05日 

大阪大学吹田キャンパス工学部エリア(吹田市山田丘)

アクセス:阪急電車千里線「北千里駅」下車 徒歩15分 または
     大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」下車 徒歩15分

工学部エリアを中心に開催される、大阪大学吹田キャンパスの秋の学祭「吹田祭」は、
今年で47回目を迎えます。学生主導で約1ヶ月かけて行われるスポーツ大会はすでに
終盤戦。コア・ウィークには、授業とはちょっと異質な「講演会」、ホッと一息つける
「落語会」「展示会」「室内楽演奏会」など、多くの皆さんに楽しんでいただける
イベントを用意しています。ほとんどのイベントが平日開催ですが、どなたでもご参加
いただけますので、吹田キャンパスに足を向けていただけましたら幸いです。

------------------

◇プログラム 【入場無料・予約不要】◇

●講演会 11/2(金) 15:30~17:00 U2棟311講義室
 テーマ「多発する”観測史上初”の気象災害~私たちにできること~」
 講師:京都大学 防災研究所 特定准教授 佐々木 寛介 先生

●室内楽演奏会 11/4(日) 開場13:30 開演14:00
 コンベンションセンターMOホール

●落語会 11/5(月)  開場:12:30 開演13:00~ U3棟211講義室
 出演者:桂 春蝶・月亭方正・桂 二葉

●展示会 10/29(月)・10/30(火)(12:00~14:00)センテラス・サロン
 生け花・絵画・書・写真など

●お茶席 10/29(月)・10/30(火)(12:00~13:00)センテラス・サロン

●スポーツ大会 10/1(月)~10/30(火)
 場所:陸上競技場・テニスコート・体育館・グラウンドほか
 種目:硬式テニス・サッカー・バスケットボール・バドミントン
    卓球・バレーボール・ドッジボール・ソフトボール

●綱引き 10/30(火)~10/31(水) 工学部グラウンド

●将棋大会 10/2(火)~10/31(水) U1E-0001

●麻雀大会 10/18(木)~10/30(火) U1E-0001

●駅伝大会 10/24(水) コンベンションセンター南側入り口

●炊き出し訓練 11/2(金) 10:00~14:00 U2棟講義棟前広場

●表彰式 11/5(月) 17:30~ センテラス第2ホール

------------------

【主催】
第47回大阪大学吹田祭実行委員会

【お問い合わせ先】
講演会・音楽会・落語会等文化事業
大阪大学工学研究科(マテリアル生産)大満 和人
Tel:06-6879-7567
Mail:omitsu@mapse.eng.osaka-u.ac.jp

スポーツ大会
大阪大学工学研究科(大学院生)田中 康教
Tel:06-6879-7705
Mail:suitasai18@cryst.eei.eng.osaka-u.ac.jp

2018年10月10日 13:30~17:15

大阪大学 中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

2006年にスタートした共同研究講座制度は今年13年目に入り、2011年に共同研究講座の
発展形として制度化された協働研究所を含め、その設置数は全学で計80件を超えるに至った。

工学研究科が先導した本制度が全学的なひろがりとなる中、部局それぞれ、活動の形には
個性と特色がみられる。今回のシンポジウムでは、部局間、とりわけ設置数の多い医・工
相互のシナジー効果を考える。「Industry on Campus」が学内のリソースとして定着
する中、さらなる共創の場の創出につながる可能性について具体例から検討する。

■ 主催
  大阪大学共創機構産学共創本部
  大阪大学大学院医学系研究科
  大阪大学大学院工学研究科

■ 申込み締め切り:平成30年(2018年)10月4日(木) *定員に達し次第締め切ります。
■ お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科社会連携室
  TEL:06-6879-4218
  E-mail:secretary@liaison.eng.osaka-u.ac.jp 

2018年10月05日 18:00~19:30

センテラス・サロン(吹田キャンパス 工学研究科 センテラス3階)

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、
月末の金曜日に教職員の心の潤いの場として、文化的行事を開催いたします。
教職員のみならず、学生の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。
(9月は月末から日付を振替えております)

【内容】
紙おむつに使用される吸水性樹脂の世界シェア25%を占めている日本触媒。
その開発の第一人者が原田信幸副所長(同社前常務執行役員)です。
知ってるようで知らない紙おむつの世界を楽しくお話しいただきます。
後半は、映画音楽の演奏をお楽しみいただきます。
洋画音楽、邦画音楽をソロ、デュオでお届けします。
飛び込み演奏も歓迎いたします!

【出演者】
工学四方山話
(日本触媒協働研究所原田信幸特任教授)

映画音楽の世界
P f : 長久保白( 超精密科学研究センター助教)
   福留皓大( 応用化学専攻M 1 )
F l : 伊庭野健造( 電気電子情報工学専攻助教)
O b : 藤井良子( 総務課人事係)

【参加料】
1000円(飲み物、軽食等を用意しております!)
   
【申込み締切】
平成30年(2018年)9月28日(金)

【お問い合わせ】
大阪大学大学院工学研究科社会連携室
TEL 06-6879-4218
E-mail premium_friday@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

2018年09月06日 
2018年09月07日 

大阪大学吹田キャンパス コンベンションセンター

一般社団法人エレクトロニクス実装学会では、大阪大学大学院工学研究科等との共催で、
第28回マイクロエレクトロニクスシンポジウム(MES2018)を、9月6日(木)と
7日(金)に、大阪大学吹田キャンパス コンベンションセンターにて、開催いたします。
招待講演2件と幅広い分野から最新の研究論文が発表されます。多くの広い分野の技術者・
研究者の皆様に、MES2018に参加していただき、情報交換と技術交流を行なっていただき
ますようご案内申し上げます。

また、本シンポジウムにおいて、9月7日(金)9時30分より、特別セッション「ミッションフェローセッション」がコンベンションセンター3階MOホールにて開催されます。異分野で活躍されている講師を招いて、これからの研究開発・ものづくりを広く若手・若者主体で考えていこう、という趣旨のセッションです。この特別セッションは、学生であれば誰でも無料で参加いただけます。学生の皆様におかれましては、ぜひ奮ってご参加ください。

詳細はリンク先および添付資料をご参照ください。

【主催】
 一般社団法人エレクトロニクス実装学会

【共催】
 スマート プロセス学会 エレクトロニクス生産科学部会
 大阪大学大学院工学研究科

【問い合わせ先】
 一般社団法人 エレクトロニクス実装学会 事務局
 Tel:03-5310-2010
 Mail:mes2018@jiep.or.jp

2018年08月09日 10:00~16:30

大阪大学 工学部(吹田キャンパス)

2018年08月03日 18:00~

センテラス・サロン(吹田キャンパス 工学研究科 センテラス3階)

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、
月末の金曜日に教職員の心の潤いの場として、文化的行事を開催いたします。
教職員のみならず、学生の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。
(7月は月末から日付を振替えております)

【内容】
センテラスサロンをビアホールにいたします!
暑い夏の夕べ、生ビール片手に素敵な音楽を聴きませんか?
飛び込み演奏も歓迎いたします!

Sax:小住 大生(工学研究科総務課)
Pf:上田 佑樹(情報推進部情報基盤課)

【参加料】
1500円(生ビール、軽食等を用意しております!)
   
【申込み締切】
平成30年(2018年)7月27日(金)
*先着100名とさせていただきます。

【お問い合わせ】
大阪大学大学院工学研究科社会連携室
TEL 06-6879-4218
E-mail premium_friday@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

2018年08月03日 13:00~16:30

大阪大学 吹田キャンパス 21世紀プラザ4階 創造工学センター

電気や音は身近な存在でありながら目で見ることができません。本イベントでは実験・工作を通してイメージの難しい電気・音の正体に迫ります。また電子回路を用いた楽器作りにより、電気と音の関係についてもわかりやすく紹介します。

☆対象
小学4〜6年生のお子様とその保護者
※必ず保護者同伴でお願いします
※対象年齢未満のお子様につきましては、見学のみとさせていただきます
(保護者の監督の下で見学をお願いします)

☆イベント内容
※小学校では習わないレベルの実験も含みます。
電気については、小学校5,6年生で習う内容が中心です。
特に、電気や音について興味のある方お子様のご参加をお待ちしております。

1. お話「電気と電子回路」:
電気の性質と音を鳴らすための電子回路についてお話しいたします。

2. 工作と実験「電子回路をつくって音を鳴らそう!!」:
電子回路を使った簡単な楽器を作り、音と電気について実験します。

3. お話「音について」:
音とはどんなものでしょうか?音の性質についてお話します。

4. 体験コーナー「音の遊園地」:
音を見られる/触れられる形にしてその性質を体験しよう!

☆申込方法
往復ハガキにてご応募ください
詳細は大阪大学大学院工学研究科技術部Webにて公開
https://www.tech.eng.osaka-u.ac.jp/

☆申込締切
7月6日(当日消印有効)
※申込多数の場合は抽選となります

☆参加費
無料

☆お問い合わせ先
工学研究科・技術部 社会貢献グループ(担当/岩田)
Tel:06-6879-7807
Mail:skoken@tech.eng.osaka-u.ac.jp

2018年06月29日 18:30~

センテラス・サロン(吹田キャンパス 工学研究科 センテラス3階)

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、
月末の金曜日に教職員の心の潤いの場として、文化的行事を開催いたします。
教職員のみならず、学生の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。

---------------------------------------
*5月25日の会にご参加の方へ*
お渡ししたご案内から開始時間が変更になりました
---------------------------------------

【内容】
京都の老舗料亭「木乃婦」料理長、髙橋 拓児氏にご講演いただきます。
私たちが毎日のように口にする「お出汁」。その成分や香りについて、
楽しく解説いただきます。ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」
の知識を深めて、ちょっと通な気持ちになって みませんか?   

【申込み締切】
平成30年(2018年)6月22日(金)
*人数制限はありませんが、お出汁のテイスティングは
 下記申し込みにより先着70名様とさせていただきます。

【お問い合わせ】
大阪大学大学院工学研究科社会連携室
TEL 06-6879-4218
E-mail premium_friday@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

2018年06月26日 14:45~17:00

大阪大学吹田キャンパス サントリー記念館メモリアルホール(C3棟5階)

我が国の醸造産業および関連研究の最新動向を紹介します。
醸造産業を身近に感じる機会、醸造企業に関する情報を収集する機会、
企業人としての生き方を学ぶ機会、としてご参加ください。
     
※※ 参加費無料 ※※

本プログラムは学部生・大学院生に開講します。
なお、醸造にご興味のある20歳以上の方も来聴可能です。
きき酒実習聴講の際は、年齢の確認できる公的証明書(免許証等)をご持参ください。
運転される方はきき酒実習はできません。

【共催】
 日本醸造学会若手の会
 大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻生物工学コース

【お問い合わせ先】
 大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻 
 大政健史 omasa@bio.eng.osaka-u.ac.jp

 (独)酒類総合研究所醸造技術研究部門
 金井宗良(082-420-0818)

2018年05月25日 18:00~

センテラス・サロン(吹田キャンパス 工学研究科 センテラス3階)

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、月末の金曜日に教職員の心の潤いの場として、音楽会等の行事を開催いたします。
教職員のみならず、学生の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。

【プログラム】
■木管5重奏  ハイドン ディベルティメント
■Trio      メンデルスゾーン 歌の翼に 
          葉加瀬太郎 エトピリカ
         映画『アラジン』より ホール・ニュー・ワールド
■ワイン講座  「オーストリアのワインについて」  

【申込み締切】 平成30年(2018年)5月18日(金)
        *当日参加も可能ですが、できれば事前登録をご利用ください。

【お問い合わせ】大阪大学大学院工学研究科社会連携室
        TEL 06-6879-4218
        E-mail premium_Friday@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

2018年03月28日 13:30~17:35

大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

大阪大学は、「社会変革に貢献する世界屈指のイノベーティブな大学」を将来像に掲げ、不安定、不確定、複雑、曖昧な現代社会にあって、社会の多様な担い手とともにイノベーションの可能性を探ることで、社会の持続的成長への貢献を目指しています。この概念こそ「共創」であり、広く世界に目を転じると、国連のすすめる「持続可能な開発目標/SDGs(Sustainable Development Goals)」の理念にも繋がります。

工学研究科は、産学連携のフロントランナーとして、2006年より「Industry on Campus」の標語の下、新しい産学連携モデルである共同研究講座制度を開始しました。本制度は、これまで個々の教員で行われてきた共同研究の在り方を大きく変え、2011年から導入された協働研究所とともに、多くの成果を産み出してきています。

今回のシンポジウムでは、このような企業のニーズに基づく共同研究の仕組み、すなわち「企業提案型の組織連携」の成果について取組みの具体例から検証します。また、本制度を持続可能に発展させていくための課題、目標設定、新たな仕掛けなどについて議論し、価値創出に向けた実効性のある本格的な産学連携推進について意見交流を深め、全国の産学連携関係者へと発信します。

■申込み締切:平成30年(2018年)3月23日(金)*定員に達し次第締め切ります。
■お問い合わせ:大阪大学大学院工学研究科社会連携室
       TEL 06-6879-4218
       E-mail secretary@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

2018年03月09日 14:30~17:30

大阪大学大学院工学研究科 サントリー記念館メモリアルホール(C3)

大阪大学に産業バイオの種が蒔かれたのは1896年、大阪工業学校醸造科の
設立に始まります。そこで、創始120年を記念して、大阪大学の同窓生に
よるシンポジウムを開催致します。聴講無料ですので、是非ご参加ください。

【内容詳細】
●ニッカウヰスキー株式会社 代表取締役社長 岸本 健利氏 (阪大醗酵s57卒)
『「マッサン」と「リタ」の夢を追いかけて』

●サントリースピリッツ株式会社 スピリッツ事業部商品開発研究部 スペシャリスト
 坂口 正明氏 (阪大醗酵s53卒)
『スピリッツ発酵・蒸留の理論と実践~ものづくりの志~』

●アサヒビール株式会社 生産第二部担当部長 佐藤 知巳氏 (阪大醗酵h3卒)
『ワインの楽しみ方』

●機山洋酒工業株式会社 代表取締役 土屋 幸三氏 (阪大醗酵s63卒)
『山梨の小さなワイナリーのワイン造り』

【主催】
 大阪大学フロンティア産業バイオイニシアティブ国際研究拠点
 
【お問い合わせ先】
 大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻産業バイオ事務局
 sangyo-bio@bio.mls.eng.osaka-u.ac.jpまで

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 / TEL.06-6877-5111(代)

©School / Graduate School of Engineering Osaka University.