大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ
大阪大学 工学部/工学研究科 Instagram
大阪大学 工学部/工学研究科 Twitter
アクセスマップ
大阪大学
English
トピックス
HOME > 更新情報 > トピックス
最新のトピックス
最新10件のみ表示。年ごとの記事は左のリストよりお選びください。
第12回ジャンピングマシンコンテストが開催されました

 平成30年8月5日(日)から8月8日(水)にかけて、大阪大学工学研究科創造工学センターにおいて「第12回ジャンピングマシンコンテスト」が開催されました。

(夏休みおもしろ理科実験)「聞こう!見よう!やってみよう!#電気と音の世界」を実施しました

大阪大学工学研究科技術部では、地域社会への貢献活動・広報活動の一つとして、8月3日(金)に『(夏休みおもしろ理科実験)「聞こう!見よう!やってみよう! #電気と音の世界」』を実施しました。

「ひらめき☆ときめきサイエンス」を実施しました

大阪大学工学研究科では、8月1日(水)に『ひらめき☆ときめきサイエンス ものづくり道場:放射線検出器を作ってみよう!』を実施しました。

溝端 栄一講師が文部科学省「学術調査官(科学研究費補助金担当)」に就任しました

応用化学専攻の溝端 栄一講師が、平成30年8月1日付けで文部科学省「学術調査官(科学研究費補助金担当)」に就任しました。

※学術調査官は、専門的知見を有する大学等の研究者の参画による、研究現場の実態に即した施策の企画・実施により、我が国の学術研究を振興するために設けられた制度です。身分は非常勤職員の国家公務員として位置付けられており、科学研究費補助金担当の学術調査官は、主に科学研究費補助金の審査・評価に関すること、科学研究費助成事業の制度等に関することを調査するとともに、必要な指導及び助言を行うことを職務としています。
(文部科学省HPより抜粋)

なお、「新学術領域研究」の応募に関し、学術調査官(科学研究費補助金担当)に事前相談が可能です。

工学研究科学生が日本生物工学会 2018年度生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のセミナー「最優秀ポスター賞」を受賞

 生命先端工学専攻の博士後期課程学生 兼吉 航平さん(D3)が、日本生物工学会 2018年度生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のセミナーにおいて「最優秀ポスター賞」を受賞しました。
 本賞は、生物工学分野に関連する研究を行っている、全国の若手研究者の相互交流を目的として行われた年一回の合宿形式のセミナーにて、最も優れたポスター発表を行った者に授与されるものです。兼吉さんは「高生産株の構築を目指した蛍光標識抗体による細胞内分泌過程解析」の研究発表が評価され、本賞を受賞しました。

鳶巣 守教授が大阪大学研究情報ポータルサイト「ResOU」の特集ページに紹介されました

応用化学専攻の鳶巣 守教授の研究が紹介されました。
※「ResOU」特集ページでは、本学研究者等の”読み物”記事を掲載しています。

安全なデータ利活用のためのプロフェッショナル人材育成プログラム

社会人向けセキュリティ人材コースを開講しました。
現在、後期(10月~)の受講者の受付を開始しています。
(申込期間 6月15日~7月27日)

カーボンナノチューブと分子の乱雑ネットワークが神経様スパイク発火を可能に ―ナノ材料で脳機能の一部を再現―

宮部 さやか助教、丸山 美帆子さんが第11回 「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞

 マテリアル生産科学専攻の宮部 さやか助教、電気電子情報工学専攻の丸山 美帆子さん(日本学術振興会特別研究員RPD)が、第11回「資生堂 女性研究者サイエンスグラント」を受賞しました。
 本賞は2007年に設立され、指導的役割を担う次世代女性研究者の育成を目的としており、自然科学分野の幅広い研究テーマ(理工科学系・生命科学系全般)を対象に毎年10名の女性研究者が選出されます。
 宮部助教は「ドラッグデリバリーシステムのための薬剤導入プラットホームとしての自己組織化ナノ細孔構造を有する金属表面の開発」、丸山さんは「光で作る薬剤候補物質の結晶多形」の研究が評価され、本賞を受賞しました。

※受賞者写真
前列右から2番目:宮部助教/前列中央:丸山さん

工学研究科学生が国際会議ICPM7 (The 7th International Conference on Plasma Medicine)にて「The Best Student Paper Award, 2018」を受賞

 環境・エネルギー工学専攻の博士後期課程学生 横山 高史さん(D3)が、国際会議ICPM7(The 7th International Conference on Plasma Medicine)において、「The Best Student Paper Award, 2018」を受賞しました。
 本賞は、同国際会議の口頭発表またはポスター発表を行った博士課程の学生の中から、優秀な発表者に授与されるものです。横山さんは大気圧低温プラズマを用いた皮膚の消毒に関する研究のポスター発表「Effective and safe plasma disinfection on contaminated skin model using porcine skin tissue by the reduced-pH method」が高く評価され、本賞を受賞しました。

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 / TEL.06-6877-5111(代)

©School / Graduate School of Engineering Osaka University.