大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ
大阪大学 工学部/工学研究科 Instagram
大阪大学 工学部/工学研究科 Twitter
アクセスマップ
大阪大学
English
トピックス
HOME > 更新情報 > トピックス
最新のトピックス
最新10件のみ表示。年ごとの記事は左のリストよりお選びください。
【プレスリリース】高効率で熱を電気に変換する新物質(YbSi2)を発見 ―排熱発電高効率化や自動車の燃費向上への応用に期待―

工学研究科教員・学生が「NOLTA Best Paper Award」を受賞

 機械工学専攻の杉本 靖博准教授、木林 傑さん(博士前期課程修了)、石川 将人教授、大須賀 公一教授が、IEICE NOLTA Societyの「NOLTA Best Paper Award」を受賞しました。
 本賞は、NOLTA societyが発行するNonlinear Theory and Its Applications、IEICE誌に掲載された論文の中から、顕著な内容であると認められた論文に授与されるものです。杉本准教授、木林さん、石川教授、大須賀教授は、coupled oscillatorを用いた非ホロノミック系や準受動的動歩行ロボットの制御に関する論文「Nonlinear control by coupled oscillator: from nonholonomic systems to quasi-passive dynamic walker」が高く評価され、本賞を受賞しました。

佐藤 訓志 講師がSWARM2017「Best Paper Award」を受賞

 機械工学専攻の佐藤 訓志講師が、国際会議The 2nd International Symposium on Swarm Behavior and Bioinspired Robotics (SWARM 2017)において、「Best Paper Award」を受賞しました。
 本賞は、工学と生物学の融合による生物の群挙動と生物規範型ロボットに関する国際会議SWARM 2017で採択された論文から優れた論文に贈られる賞であり、歩行ロボットの着地時に生じる離散的な状態遷移を考慮した最適歩行軌道の学習的生成法についての論文「Gait generation for a biped robot with knees and torso via trajectory learning and state-transition estimation」が高く評価され、本賞を受賞しました。

日本学術振興会特別研究員がThe 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017)にて「Student Paper Award」を受賞

 機械工学専攻の増田 容一さん(日本学術振興会特別研究員)が、The 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2017)にて「Student Paper Award」を受賞しました。
 本賞は、論文ならびに口頭発表とポスター発表の両方に対する審査員の評価および来場者の投票をもとに審査され、優れた論文に対して授与されるものです。増田さんはロボット制御に関する研究「Muscles Excite and Synchronize Themselves Through Their Intrinsic Dynamics」(発表番号5142、ポスター番号P-15、機械工学専攻石川 将人教授との連名)が評価され、本賞を受賞しました。

倉敷 哲生 准教授が「日本繊維機械学会賞 学術研究奨励賞」を受賞

 ビジネスエンジニアリング専攻の倉敷 哲生 准教授が「2017年度 日本繊維機械学会賞 学術研究奨励賞」を受賞しました。
 本賞は、日本繊維機械学会の創立70周年を記念して新たに創設された賞であり、繊維および繊維機械に関する科学・工学の基礎的・萌芽的または総合的研究を行う45歳以下の研究者・技術者1名のみに授与されるものです。倉敷准教授は繊維強化複合材料のマルチスケール設計・解析技術の研究が評価され、創立70周年記念式典にて賞状ならびに副賞(奨学寄附金)が授与されました。

工学研究科・工学部が「厚生労働統計功労者」として厚生労働大臣から表彰されました

 大阪大学大学院工学研究科・工学部が毎月勤労統計調査において、厚生労働省の各種統計調査の発展のために尽力し、その業績・成績が特に顕著な個人や団体、事業所を表彰する「厚生労働統計功労者」として厚生労働大臣から表彰されました。
 毎月勤労統計調査は、賃金、労働時間及び雇用の変動を明らかにすることを目的に厚生労働省が実施するものです。工学研究科・工学部は「平成28年度の調査の実施にあたり特に協力が良好だった事業所」として表彰されました。

【メディア掲載情報】山内 和人教授らの研究が紹介されました

『SPring-8で高精度楕円面鏡による世界最小の2次元X線100nm集光ビームを達成―今まで2枚の鏡が必要であった集光サイズを1枚の鏡で実現―』

高輝度光科学研究センター湯本博勝研究員、大橋治彦主席研究員、大阪大学大学院工学研究科山内和人教授らの研究グループ、理化学研究所放射光科学総合研究センター放射光イメージング利用システム開発ユニット香村芳樹ユニットリーダーらが共同で行った研究が、日本経済新聞(電子版)で紹介されました。

本研究では、大型放射光施設SPring-8において、ナノメートルの表面精度を持つ2次元楕円面鏡を作製し、楕円面鏡としては世界で最小の100nm集光ビームを実現しました。

ビジネスエンジニアリング専攻の実践型演習でバングラデシュと日本の小学生の交流活動を行いました

 ビジネスエンジニアリング専攻では、実践型演習「ビジネスエンジニアリング研究」を通年で実施しています。その中で、博士前期課程1年生4名が「ものづくりを通してバングラデシュの子どもたちをハッピーにする教育とそのビジネス展開を考える」というテーマで活動しています。
 
 学生たちは11月2日から4日間バングラデシュに滞在し、小学校3校でものづくり授業を行ってきました。それに先立ち、10月13日には兵庫県猪名川町立白金小学校で同様の授業を行いました。渡航中の11月2日には、バングラデシュの小学生と白金小児童が45分間に渡ってSkype交流し、学生らがその懸け橋となりました(写真)。この模様は、ジュピターテレコムによって放映されました。

※写真
左上:ベンガル語で挨拶する白金小児童
右上:スクリーンを見入るバングラデシュの小学生
左下:モニターを見入る白金小児童
右下:お別れの挨拶をする白金小児童

【プレスリリース】SPring-8で高精度楕円面鏡による世界最小の2次元X線100nm集光ビームを達成―今まで2枚の鏡が必要であった集光サイズを1枚の鏡で実現―

工学研究科学生、工学部学生が日本水処理生物学会第54回大会にて「ベストプレゼンテーション賞」を受賞

 環境・エネルギー工学専攻の博士前期課程学生 久田 一輝さん(M2)と環境・エネルギー工学科学生 中澤 昌俊さん(B4)が、日本水処理生物学会第54回大会にて「ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました。
 本賞は、教員から推薦され、上記大会にて発表を行った学生のうち、厳正な審査のもと優秀な口頭発表を行った者に授与されるものです。久田さんは「1,4-ジオキサン含有浸出水のバイオスティミュレーション技術の検討」、中澤さんは「実排水中の共存有機物質が3種の1,4-ジオキサン分解細菌による1,4-ジオキサン分解に与える影響の評価」に関する発表が高く評価され、本賞を受賞しました。

大阪大学工学部|ウェブオープンキャンパス
ブログ 阪大工学部の散歩道
公募情報
大阪大学未来基金 工学部・工学研究科 教育研究事業
大阪大学研究室総覧
ラ・シェーナ
工学部・工学研究科同窓会
©School / Graduate School of Engineering Osaka University. | 大阪大学工学部/大学院工学研究科 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 TEL.06-6877-5111(代)