大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ
大阪大学 工学部/工学研究科 Instagram
大阪大学 工学部/工学研究科 Twitter
アクセスマップ
大阪大学
English
トピックス
HOME > 更新情報 > トピックス
最新のトピックス
最新10件のみ表示。年ごとの記事は左のリストよりお選びください。
【メディア掲載情報】福田 知弘准教授らの研究が紹介されました

 環境・エネルギー工学専攻の福田 知弘准教授らの研究が、日刊工業新聞において紹介されました。
 本研究では、MR(複合現実)を活用し、室内の適正な温度環境を検討できるシステムを開発しました。

工学研究科学生が平成30年度 土木学会関西支部 年次学術講演会 「優秀発表賞 第Ⅵ部門」を受賞

 環境・エネルギー工学専攻(環境設計情報学領域/矢吹研究室)の博士前期課程学生 阪本 由佳子さん(M1)が、2018年6月16日(土)に神戸大学で開催された、平成30年度土木学会関西支部年次学術講演会において、「優秀発表賞 第Ⅵ部門」を受賞しました。

 受賞した論文のタイトルは「一様表面構造物のSfMによる3Dモデリングおよび局所画像の探索に関する研究」です。

 土木構造物の維持管理の各段階において多くの写真が撮られますが、その中で、トンネルの壁やタイルなどの一様な表面の構造物では、局所的な写真だけでは現場が特定しにくいような画像が増えてきています。

 阪本さんの研究では、3Dモデルに局所画像の位置を表示するシステムの開発を目的とし、SfM(Structure from Motion)を用いて写真から3Dモデルを作成し、AKAZE特徴量を用いた画像マッチングにより同定した写真位置を3Dモデルに表示するシステムの開発を行いました。

【メディア掲載情報】鎌倉 良成准教授らの研究が紹介されました

『体温・大気間のわずかな温度差で発電する新方式マイクロ熱電発電素子を発明 IoT時代を支える永久電源の実現に道を拓く』

電気電子情報工学専攻の鎌倉 良成准教授らの研究グループ(早稲田大学、静岡大学等)の研究が、「日刊工業新聞」「日経産業新聞」等に紹介されました。

本研究では、わずか5℃の温度差で1平方cmあたり12マイクロワットの電力を生み出せる熱変換素子開発に成功しました。現在の半導体集積回路と同じ方法で作製できるため、大量生産により加工コストを大幅に下げることができます。

体温・大気間のわずかな温度差で発電する新方式マイクロ熱電発電素子を発明 IoT時代を支える永久電源の実現に道を拓く

東南大学(中国)ご一行が来訪されました

平成30年6月13日(水)、東南大学(中国)ご一行が、医学系研究科への訪問と大阪大学総長への表敬訪問の後、工学部・工学研究科と東南大学生物化学・医学科学院との間における部局間学術交流協定(及び学生交流覚書)調印のため、本研究科を訪問されました。

舘林 潤講師が「第42回 レーザー学会 奨励賞」を受賞

 マテリアル生産科学専攻の舘林 潤講師が、「第42回 レーザー学会 奨励賞」を受賞しました。
 本賞は、レーザー学会の研究誌『レーザー研究』に掲載された論文又は「レーザー学会」で発表された講演の中から、きわめて示唆的かつ独創的で、将来性のある研究を行った者に年1回授与されるものです。舘林 潤講師は「ナノワイヤ量子ドットレーザーの室温動作」に関する研究が評価され、本賞を受賞しました。授賞式は、第46回定時社員総会関連行事として平成30年5月31日に執り行われました。

日本学術振興会特別研究員が「第62回 SCI学生発表賞」を受賞

 機械工学専攻の増田 容一さん(日本学術振興会特別研究員)が、「第62回 SCI学生発表賞」を受賞しました。
 本賞は、秀逸な発表を行った学生を表彰するものです。増田さんは「腹足モデルに基づくカタツムリの這行ロコモーションの解析」(機械工学専攻 藤田 帝智さん(M2)、石川 将人教授との連名)と、歩行ロボットに関する研究「コントローラをもたない無脳6脚ロボットの適応的運動生成」(石川 将人教授との連名)に関する発表が評価され、本賞を受賞しました。

工学研究科教員・学生らが平成30年度 日本繊維機械学会賞「論文賞」を受賞

 マテリアル生産科学専攻の乾 陽亮さん(博士前期課程修了)、若松 栄史准教授、森永 英二助教、荒井 栄司名誉教授らのグループが、平成30年度日本繊維機械学会賞「論文賞」を受賞しました。
 本賞は、日本繊維機械学会の論文誌「Journal of Textile Engineering」に掲載された論文の中から優れたものに贈賞されるものです。乾さん、若松准教授、森永助教、荒井名誉教授らは「撚糸の撚り戻り挙動のモデリングによる解撚トルクの推定とそれに基づく平編地の斜行予測」(乾陽亮、若松栄史、森永英二、荒井栄司、八木宏幸、森秀茂、松本龍守)の論文が評価され、本賞を受賞しました。

副生成物は水だけ!水素を活用したクリーンなアミノ酸合成法をついに実現! ―『レアメタルフリー』×『H2』が可能にする理想的なアミン変換反応―

熊谷 信昭元総長・名誉教授の追悼講演会・メモリアルパーティーを開催しました

 2018年5月31日(木)、熊谷 信昭元総長・名誉教授の追悼講演会・メモリアルパーティーをリーガロイヤルホテルで開催し、財界・経済界・産業界・大学関係者等から約300名が参加しました。
 追悼講演会では田中 敏宏工学研究科長の開会の辞に始まり、西尾 章治郎総長の挨拶、北山 研一名誉教授の追悼講演が行われました。続くメモリアルパーティーでは、岸本 忠三名誉教授、鷲田 清一名誉教授の歴代元大阪大学総長による挨拶及び献杯が行われた後、文部科学省高等教育局長代理の小山 竜司高等教育局国立大学法人支援課長、井上 礼之ダイキン工業株式会社取締役会長兼グローバルグループ代表執行役員、井戸 敏三兵庫県知事によるスピーチが行われ、多大な功績を残された故人を偲びました。

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 / TEL.06-6877-5111(代)

©School / Graduate School of Engineering Osaka University.