大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
アクセスマップ
大阪大学
English
トピックス
HOME > 更新情報 > トピックス
2017年
プレスリリース『邪魔者ノイズを一分子計測に利用-"自然界の揺らぎ"を利用した生体模倣デバイス開発への応用に期待-』

プレスリリース『1400度でも使用可能な超高温耐熱材料を開発』

プレスリリース『新機構を備えた複腕建設ロボットーImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発ー』

プレスリリース『世界初、材料の超高速破壊を原子レベルで可視化!-航空宇宙分野などにおける高強度・高耐力材料の設計開発に新たな一歩-』

永島 壮助教が「優秀講演賞」を受賞

 知能・機能創成工学専攻の永島 壮助教が、日本材料学会主催第2回マルチスケール材料力学シンポジウム(第22回分子動力学シンポジウム・第10回マイクロマテリアルシンポジウム)にて「優秀講演賞」を受賞しました。本賞は、発表内容が優れた講演者1名を参加者の投票にて選出し、贈られるものです。
 永島 壮助教は「薄膜の座屈現象を利用した機能性ナノマテリアル/システムの創製(知能・機能創成工学専攻中谷彰宏教授との連名)」に関する発表を行い、本賞を受賞しました。

大久保 雄司助教が「日本接着学会平成29年度(第39回)奨励賞」を受賞

 超精密科学研究センターの大久保 雄司 助教が「日本接着学会平成29年度(第39回)奨励賞」を受賞しました。本賞は、満35歳以下の若手研究者・技術者で接着・粘着の分野において独創的な研究または技術開発などの優れた業績をあげた正会員に対して授与されるものです。
 大久保助教は「接着剤レスでフッ素樹脂の密着性を劇的に改善する熱アシストプラズマ処理の開発」に関する研究が高く評価され、本賞を受賞しました。

浜口 智志教授が米国真空学会(AVS)プラズマ科学技術部門「プラズマ賞」を受賞

 アトミックデザイン研究センターの浜口 智志教授が、「プラズマ賞」を受賞しました。本賞は、米国真空学会(AVS)プラズマ科学技術部門が、年に一度、プラズマ科学技術分野に大きく貢献した個人に授与するものです。
 浜口教授は「低温プラズマの基礎物理及び数学とその産業への応用」に関する研究が評価され、本賞を受賞しました。

山中俊夫教授が「2017年日本建築学会賞(論文)」を受賞

 地球総合工学専攻の山中俊夫教授が「2017年日本建築学会賞(論文)」を受賞しました。本賞は、近年中に完成し発表された研究論文であって、学術の進歩に寄与する優れた論文に対して授与されるものです。山中教授は「室内空気質評価に基づく換気設計法に関する研究」が評価され、本賞を受賞しました。

楢崎正也名誉教授が「2017年日本建築学会大賞」を受賞

 楢崎正也名誉教授が「2017年日本建築学会大賞」を受賞しました。本賞は建築に関する学術・技術・芸術の発展向上に長年の業績を通じて、特に著しく貢献した個人会員に対して授与されるものです。楢崎名誉教授は「室内空気浄化・換気設計に関する研究と空気環境教育による社会への貢献」が評価され、本賞を受賞しました。

山中俊夫教授,甲谷寿史教授,桃井良尚元助教,相良和伸名誉教授らが「第55回空気調和・衛生工学会賞(技術賞建築設備部門)」を受賞

 地球総合工学専攻の山中俊夫教授,甲谷寿史教授,桃井良尚元助教,相良和伸名誉教授らが「第55回空気調和・衛生工学会賞(技術賞建築設備部門)」を受賞しました。本賞は技術の進歩を図る目的で、使用中の設備または施設の計画・設計・施工に関する業績の中から特に優秀なものに授与されるものです。山中教授らは、株式会社日建設計、日本生命保険相互会社、三機工業株式会社、株式会社日建設計総合研究所と共に「日本生命保険相互会社東館における環境・設備計画と実施」が評価され、本賞を受賞しました。

鎌田 敏郎教授が「平成28年度日本材料学会学術貢献賞」を受賞

 地球総合工学専攻の鎌田敏郎教授が「平成28年度日本材料学会学術貢献賞」を受賞しました。本賞は、材料学に関する顕著な研究業績および日本材料学会に対する顕著な貢献をすることによって、材料学の進歩発展に寄与したと認められる個人に対し授与されるものです。「コンクリートの非破壊試験に関する研究および日本材料学会への貢献」が評価され、本賞を受賞しました。
 授賞式は、日本材料学会第66期通常総会(平成29年5月27日、名城大学にて開催)において行われました。

学生チャレンジプロジェクト募集

夢を追いかけるみんなの情熱をサポートするため、意欲的かつアイデアに溢れる活動・プランを募集します。工学研究科および工学部所属の学生は奮ってご応募下さい。

プレスリリース『水を使用した新たな表面加工技術による 高機能マイクロリアクターの低コスト量産製造技術の開発 ―DNA検査や再生医療、低摩擦素材などが より身近なものに―』

センテラス竣工記念・工学部創始百二十周年式典を挙行

このたび、大阪大学吹田キャンパスの工学部・工学研究科エリアに、福利厚生・産官学交流・研究等の機能を併せ持つ複合施設として、センテラスが竣工し、また、工学部は創始120周年の年に当たり、これらを併せた記念式典を4月25日(火)15時から開催しました。
 田中工学研究科長の式辞に始まり、西尾大阪大学総長の祝辞、文部科学省高等教育局専門教育課福島企画官の祝辞等来賓から多くの祝辞を賜り、華やかなお祝いの雰囲気の中、テープカット、命名者の表彰式を行い、関係者の皆様方とともに工学部、工学研究科の新たなスタートを祝いました。
 また、記念講演では、サラヤ株式会社更家社長の起業家精神あふれる貴重なお話を聞くことができ、改めてセンテラスの役割、工学部創始120周年に寄せる思いを確認し、皆様のご支援により成り立っていることへの思いを新たに将来への飛躍を誓いました。

プレスリリース『世界初!固体表面の力分布をサブ原子スケールで3Dベクトル表示 ―ナノスケール物性計測技術の新展開―』

プレスリリース『色収差なし!全反射ミラーを使ったX線顕微鏡を開発 世界初 50nmの空間分解能で結像に成功』

プレスリリース『世界初!ヒト血清中でのリウマチ治療用抗体と抗原の相互作用様式を解明』

プレスリリース『オーロラのようなゆらめきをする温度応答溶液を実現 ―イオンと分子が高温で析出する新たな特異現象を発見―』

プレスリリース『世界初!本物のムカデのようにしなやかに動くロボットを開発 -本物らしさの秘訣はシンプル構造、ロボットの運動能力向上貢献に期待-』

プレスリリース『高性能な分光器を安価に提供できる新技術を実証! ―ライフサイエンスから天文学まで幅広い分野での研究促進に期待―』

ツァルネツキ特任教授(常勤)が「フォン・エンゲル・フランクリン賞」を受賞

 アトミックデザイン研究センターのツァルネツキ ウヴェ ラインハルト特任教授(常勤)が、「フォン・エンゲル・フランクリン賞」を受賞しました。本賞は、イオン化気体現象国際会議(ICPIG)がニ年に一度、プラズマ・イオン化気体物理学とその応用分野において、長年にわたって非常に重要な貢献をなしたか、または、新しい研究分野を創生する大きな研究成果をあげた個人に授与するものです。
 ツァルネツキ特任教授(常勤)は、「低温プラズマ診断物理学とその技術応用に関する研究」が評価され、本賞を受賞しました。

プレスリリース『CREST 認知ミラーリング キックオフシンポジウム ASD視覚体験シミュレータ講演会&体験デモ <3月26日(日)10:30-17:50 @ 東京大学先端科学技術研究センター>』

クラウス・フォン・クリッツィング博士(1985年ノーベル物理学賞受賞)に大阪大学名誉学位を授与

 ドイツ連邦共和国のマックス・プランク研究所のクラウス・フォン・クリッツィング博士は、1986年に本学の難波進教授(当時)らが設立した、日本学術振興会「極限構造電子物性」第151委員会が主催する国際シンポジウムの組織委員を長年務めるなど、大阪大学の学術文化の発展に顕著な貢献をしてこられました。
 大阪大学では、これまでの功績をたたえ、3月7日(火)、クラウス・フォン・クリッツィング博士に大阪大学名誉学位を授与しました。
 本授与式に先立ち、工学研究科で名誉学位記念講演会が開かれ、多くの学生教職員が興味深く聴講しました。

大久保 雄司助教が「平成29年度表面技術協会進歩賞」を受賞

 超精密科学研究センターの大久保 雄司 助教が「平成29年度表面技術協会進歩賞」を受賞しました。本賞は、満35歳以下の若手会員を対象とし、表面技術協会の会誌「表面技術」に掲載された優れた論文と同会の講演大会において行われた優れた発表に対して授与されるものです。
 大久保助教は「熱アシストプラズマ処理によるポリテトラフルオロエチレン(PTFE)の革新的な表面改質と異種材料との密着性向上への応用」に関する論文および発表が高く評価され、本賞を受賞しました。

プレスリリース『ヒト赤血球変形の時間スケールを解明-ロボットポンプが新たな細胞機能の解明・診断の糸口に-』

プレスリリース『新生児黄疸の原因となる生体内の反応機構を世界で初めて解明〜50年以上に亘る謎を分子レベルで解き明かし、治療薬開発に手掛かり~』

プレスリリース『タンパク質合成反応を解析する大規模全成分計算機シミュレーターを開発 ―241分子種をスピード処理。有用タンパク質生産に応用も―』

牛尾 知雄准教授が「日本気象学会SOLA論文賞」を受賞

 電気電子情報工学専攻の牛尾 知雄 准教授が、「日本気象学会SOLA論文賞」を受賞しました。
 本賞は、一年間に英文レター誌「SOLA」に掲載された論文の中から、毎年一編程度の優秀な論文を選定し、SOLA論文賞(SOLA Award)として顕彰されるものです。
 牛尾准教授は「フェーズドアレイ気象レーダによる観測」の研究が評価され、本賞を受賞しました。

松浦 友亮准教授が平成28年度日本生物工学会において「第52回生物工学奨励賞(斉藤賞)」を受賞

 生命先端工学専攻の松浦 友亮 准教授が平成28年度日本生物工学会において「第52回生物工学奨励賞(斉藤賞)」を受賞しました。
 本賞は、同学会会員のうち生物工学分野の基礎学の進歩に寄与した研究者に授与されるもので、松浦准教授は「セルフリータンパク質合成系を用いた進化分子工学技術の開発」の研究が評価され、本賞を受賞しました。

プレスリリース『フッ素樹脂の表面改質状態を超長寿命化―フッ素樹脂の利用用途の拡大に期待―』

プレスリリース『こすったり、加熱すると発光色が3色に変化する 熱活性化遅延蛍光材料の開発に初めて成功!』

「産総研・阪大 先端フォトニクス・バイオセンシングオープンイノベーションラボラトリ」(PhotoBIO-OIL)開所式を挙行

 1月6日(金)、大阪大学フォトニクスセンター内に設置された「産総研・阪大 先端フォトニクス・バイオセンシングオープンイノベーションラボラトリ」(AIST-Osaka University Advanced Photonics and Biosensing Open Innovation Laboratory; PhotoBIO-OIL)の開所式を開催しました。

宮地 充子教授が「国際規格開発賞」を受賞

 電気電子情報工学専攻の宮地 充子 教授が情報処理学会 情報規格調査会において「国際規格開発賞」を受賞しました。
 宮地教授はISO/IEC 15946-1:2016の発行に際し、エディタとしてその成果が顕著であると評価され本賞を受賞しました。
 セキュリティ技術の推進には国際標準化は必須です。本規格は、安全なIoT機器の利用に必須な技術分野である楕円曲線暗号の国際規格であり、本規格の成立により、従来型の楕円曲線暗号及び楕円曲線上の双線型写像を用いた暗号技術の全てに利用される基本関数の規格化が完成することになります。なお、国際規格化された技術の中には、宮地教授の提案技術も含まれます。

大阪大学工学部|ウェブオープンキャンパス
ブログ 阪大工学部の散歩道
公募情報
大阪大学未来基金 工学部・工学研究科 教育研究事業
大阪大学研究室総覧
ラ・シェーナ
工学部・工学研究科同窓会
©School / Graduate School of Engineering Osaka University. | 大阪大学工学部/大学院工学研究科 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 TEL.06-6877-5111(代)