日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学部
  • 応用自然科学科
  • 応用化学科目


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    有機電子材料科学領域

    教授 中山 健一   助教 末延 知義
    有機分子が持つ光機能・電子機能に着目し、材料としての基礎的な性質を明らかにするとともに、材料の特長を活かした光・電子デバイスへと応用することを目標としています。このような研究分野は有機エレクトロニクスと呼ばれ、有機ELや、有機トランジスタ、有機太陽電池などがターゲットとなります。一分子の性質をデザインする有機化学から、半導体工学をベースとしたデバイス物理まで、異なる分野の視点から学際的な研究を行っています。

    超分子認識化学領域

    准教授 藤内 謙光   助教 久木 一朗
    化学の世界では原子・分子が集まって形を作ろうとしています。その摂理によって生み出されたものの中で、もっとも美しいものが結晶です。私たちの研究室では、分子が「自然と集合する性質」と「集合する時に相手を見分ける性質」を利用して、結晶中で分子の配列を制御しようとしています。このような2つの基本的な性質を利用した化学は「超分子化学」と呼ばれ、多様な分子を思い通りに集合させることによって、新たな機能性材料の開発が期待できます。

    ケミカルバイオロジー領域

    教授 菊地 和也   准教授 堀 雄一郎   助教 蓑島 維文
    私たちは、生体分子や反応を生体が生きたままの状態で可視化することを目的として、化学原理に基づき設計した分子である「化学プローブ」の開発に取り組んでいます。化学プローブには、蛍光や磁気シグナルを発するスイッチ機能を組み込んでおり、そのシグナルを検出することで生体分子や生体反応を検出することが可能となります。現在、遺伝子発現や免疫現象に加え、骨粗鬆症や糖尿病に関わる生命現象を可視化する化学プローブの開発を行っております。

    生命機能化学領域

    教授 伊東 忍   准教授 杉本 秀樹   助教 藤枝 伸宇
    分子レベルにおける酵素触媒作用の解明と応用を目指して研究を行っています。主に,非ヘム金属酵素活性中心や新規な有機補欠分子属の酸化還元機能に着目し、モデル化学的研究を展開しています。さらに,得られた成果を基にして,新しい酸化還元触媒の開発や実際のタンパク質(酵素)を用いた研究にも発展させ,新しい「生命機能化学」の確立を目指しています。

    反応分子化学領域

    教授 三浦 雅博   准教授 平野 康次   助教 西井 祐二
    本研究室では、一酸化炭素などの小分子から石油・石炭由来の巨大分子まで、様々な有機分子を対象に、その高度利用を図るための反応を設計し、工業的利用につながる基盤的研究を行っています。具体的には、(1)医薬品中間体やパイ共役系機能性材料などの有機ファインケミカルズの合成、ならびに(2)有機分子機能化を可能とする高性能触媒の開発を行っています。

    分子設計化学領域

    教授 茶谷 直人   准教授 福本 能也   准教授 鳶巣 守(兼)
    新しい有機合成反応の開発を目指しています。特に有機金属錯体触媒を用いた新触媒反応の設計・開発を中心に研究を行っています。一例として、長年の課題であった炭素-水素結合切断を利用した有機合成反応の開発に成功しました。私たちの発見の後に、世界中の多くの研究者が追随研究を行っております。さらに炭素-酸素結合や炭素-ケイ素など他の不活性結合切断へと展開し、機能性物質の効率合成が達成できました。

    分子相関化学領域

    教授 木田 敏之   准教授 森 直   助教 福原 学
    本研究領域では、「キラリティー」、「光」、および「エントロピー」という3つのことばをキーワードに分子間相互作用の解明とその統一的理解を目指し、これらの弱い相互作用を利用した反応制御・合成手法の開発を行うとともに、「フォトカイロジェネシス」と称されるキラル光反応を中心に、実験ならびに理論化学をあわせて活用し、新しい領域横断的な学問領域である分子相関化学に関する教育と研究を行っています。

    有機工業化学領域

    准教授 松崎 典弥
    有機工業化学領域では、スタッフ、院生、学生が一丸となり、実用化を視野に入れた分子設計により高機能性の新規材料の開発に取り組んでいます。特に、多糖類やアミノ酸、タンパク質、乳酸由来の自己組織化集合体や生分解性高分子を用いた環境適合性材料および生体適合性材料の開発を行っております。

    精密資源化学領域

    教授 安田 誠   助教 西本 能弘   助教 小西 彬仁
    簡単な分子から、高度に機能化された化合物を合成することが精密有機合成化学の基本です。精密資源化学領域では、資源的にも豊富な典型金属の特性を生かして、従来の手法では達成できない立体および官能基選択性などを有する反応の開発を行なっています。
    得られた成果は、機能性分子の合成、環境負荷低減プロセスの構築、生命工学への応用といった領域に貢献します。また、研究途上で得られた予期せぬ現象を迅速に新テーマとして設定し進めていく柔軟性を常に意識して研究を進めています。

    触媒合成化学領域

    教授 神戸 宣明   准教授 國安 均   助教 岩﨑 孝紀
    当研究室では、遷移金属触媒を用いた新規な炭素―炭素および炭素―ヘテロ原子結合の生成反応の開発研究を行っています。特に遷移金属上に負電荷を有するアニオン性錯体の反応性に着目し、不活性な結合の切断を伴った炭素骨格の構築手法の開発を進めています。また、酸素族高周期元素やフッ素と有機基を同時に導入する反応や、安価な炭素源を利活用する合成手法の開拓にも取り組んでいます。

    有機金属化学領域

    教授 生越 専介   准教授 大橋 理人   助教 星本 陽一
    遷移金属錯体分子は種々の分子変換反応の触媒として作用し、複数の分子から新たな分子を一挙に構築することが可能です。しかし、多数の触媒反応が開発されてきたものの、その中身(機構)の大部分はブラックボックスに入ったままでした。生越研究室では主にニッケルやパラジウムを用いた触媒反応を開発するのみならず、錯体化学の手法を駆使することにより触媒系の深部にまで光を照らすことをモットーとし、反応中間体の実証とこれを鍵とする新規触媒系の構築にも取り組んでいます。

    物性化学領域

    准教授 佐伯 昭紀
    光・電子・機械特性に優れた共役高分子・低分子・ゲル・有機無機ハイブリッド材料などのソフト材料をベースとして、そのナノ階層構造化・機能化及びミクロレベルでの特性評価に関する研究を行なっています。また、有機太陽電池・トランジスタなどの有機半導体材料の開発と、基礎物性の解明を目指した新たな評価法の開発を行っています。

    応用電気化学領域

    教授 桑畑 進   准教授 津田 哲哉   助教 上松 太郎
    当領域は電気化学を柱とし、表面・界面を自在に操ることによって新たな材料の開発を行っています。とりわけ常温で液体の塩であり、揮発しない性質もつ「イオン液体」に注目し、電子顕微鏡と組み合わせて新たな分析法を確立したり、従来にないメカニズムの電池を開発したりしています。また、蛍光発光する半導体ナノ粒子の開発にも精力的に取り組んでおり、光によって電子の流れを可視化することで、少し違った視点からナノ材料の性質を理解する研究を進めています。

    構造物理化学領域

    教授 井上 豪   講師 溝端 栄一   助教 福田 庸太
    生命現象の化学的理解を目的として、生体高分子であるタンパク質のX線結晶構造解析を行っている。この技術は、タンパク質結晶のX線回折像をSPring-8やSACLAで測定し、コンピュータ処理して電子密度を計算して立体構造を明らかにするものである。立体構造に基づきタンパク質機能を解明するだけでなく、その機能を制御する分子の設計も試みている。例えば、「低分子薬剤」や「次世代型抗体医薬品」の開発、「地球環境の改善・食糧増産」をテーマとした応用研究に取り組んでいる。

    物理有機化学領域

    教授 櫻井 英博   准教授 小久保 研   准教授 燒山 佑美   助教 伊熊 直彦
    研究テーマ
    合成化学を基盤として、ナノサイエンスの様々な課題に物理有機化学的アプローチによる取り組みを行っています。

    1)湾曲π共役分子の化学
    お椀型をしたπ共役化合物「バッキーボウル」はフラーレン・ナノチューブ化学合成の重要な前駆体であると同時に、お椀構造に由来した独特な物性を有しています。私たちはこれまで合成が困難だったバッキ-ボウルを自在に構築する画期的な合成手法の開発や、物性研究に取り組んでいます。
    また、湾曲π共役分子の代表格であるフラーレンについても、その修飾法や材料への応用について研究を行っています。

    2)金属ナノクラスター触媒の化学
    金属をナノメートルレベルまでサイズダウンすると、バルク金属とは全く異なる触媒活性を示すようになります。私たちは、バルクでは触媒活性を示さない金をはじめ、パラジウムなどの様々な金属ナノクラスター触媒を開発し新反応の開拓や実用的合成手法の開発に取り組んでいます。

    構造有機化学領域

    教授 林 高史   准教授 小野田 晃   助教 大洞 光司
    有機化合物の構造と反応性・物性のユニークな相関に着目し、広く生体分子、金属錯体、有機化合物を取り扱った機能分子の創製、タンパク質の機能化、新規生体触媒やナノバイオマテリアルの創製等を手がけている。具体的には、金属タンパク質の高機能化・機能改変への挑戦、合成補因子を用いたヘムタンパク質の機能解明、超分子タンパク質複合体の形成、バイオハイブリッド触媒の開発、新規ポルフィリノイド化合物の合成と反応性の検討を実施している。

    精密合成化学領域

    教授 南方 聖司   准教授 武田 洋平   助教 清川 謙介
    当研究室では,“ものづくり”の基礎研究に主眼をおき、シンプル(入手容易)な原料から使える物質(分子)の新しい合成方法の開拓を目的とし、効率性、選択性、およびグリーン性を備えた方法論を重視して研究しています。使える分子として有機合成に有用なビルディングブロック、機能材料を指向したフラーレンの誘導体、および天然物に導ける骨格などを取り上げ、それらの合成の新手法の開発を検討しています。

    無機材料化学領域

    教授 今中 信人   准教授 田村 真治   助教 布谷 直義
    機能性無機材料に関する幅広い研究を行っている。現在は特に、イオン伝導性固体、ガスセンサ、環境触媒、無機顔料、蛍光体などの創成を目指し、新規な材料開発を行っている。イオン伝導性固体では、世界で始めて3価および4価カチオン伝導を実証した。環境触媒分野では、従来の触媒よりもはるかに低温で環境汚染ガスを浄化可能な触媒を創成し、無機顔料開発では、無害でありながら発色の良い顔料を実現した。

    高分子材料化学領域

    教授 宇山 浩   准教授 麻生 隆彬   助教 辻本 敬
    高分子材料化学領域では機能性高分子の精密設計・合成と物性・機能評価を研究しています。医療、環境、エネルギー分野での応用を目指した高分子ナノ多孔体の新規合成法の開拓と機能開発、地球温暖化抑制に寄与できるセルロース、植物油脂をはじめとする再生可能資源を利用するバイオマスプラスチックの創製と物性制御、生理活性ガスを中心とする生理活性物質の放出能を有する自己組織化プロドラッグナノ粒子の開発を行っています。

    機能有機化学領域

    准教授 森内 敏之   助教 雨夜 徹
    当研究室では、遷移金属、π共役系分子、生体分子をキーワードにこれらを活用した機能性分子システムの構築を行っています。

    先端材料化学領域

    教授 町田 憲一   助教 岡田 健司
    無機材料化学を基礎として、永久磁石、蛍光体、セラミックスなどの無機材料を研究している。

    励起分子化学研究分野[産業科学研究所]

    教授 真嶋 哲朗   准教授 藤塚 守   准教授 川井 清彦   助教 小阪田 泰子   助教 藤乗 幸子
    光および放射線により誘起される励起分子化学と機能分子化学を基盤として、空間的・時間的に制御した多種多様なビームを利用したビーム制御化学や、分子・反応場の立体的・電子的・構造的・化学的性質を利用した反応制御化学の手法を用いた新しい「ビーム機能化学」の研究を行っています。「ビーム機能化学」の目指す方向は、高次元反応制御や、新機能性分子・高機能性材料、特に人工生体分子デバイスの創製への展開です。

    ソフトナノマテリアル研究分野[産業科学研究所]

    教授 安蘇 芳雄   准教授 家 裕隆   助教 辛川 誠   助教 二谷 真司
     有機物質の機能を分子レベルで解明し制御することを基盤として、優れた電子・光機能を有する化合物の開発および有機・分子エレクトロニクスへの応用を目指しています。拡張π共役分子の設計・合成と物性化学から機能とデバイス評価までの一貫した研究を行っています。
     応用分野としては、有機電界効果トランジスタ (OFET)、有機太陽電池 (OSC)、単分子エレクトロニクス、を対象としています。

    環境化学講座[環境安全研究管理センター]

    教授 芝田 育也   准教授 角井 伸次   助教 鈴木 至
    環境安全研究管理センターにおいて研究を行っている。有機材料や医薬品合成の鍵となる中間体を効率よく合成する新たな方法を開発している。すなわち、環境にやさしい反応として、副生成物の産出しない方法やエネルギーを必要としない触媒反応を開発する。目的達成ために典型金属種を基軸として、高機能な試薬や触媒を開発する。さらに、環境に有害な有機物質の微量分析について、GC-MSを用いた研究を行っている。

    量子機能材料研究分野[産業科学研究所]

    量子ビーム物質科学研究分野[産業科学研究所]

    教授 古澤 孝弘   准教授 室屋 裕佐   助教 小林 一雄   助教 山本 洋揮
    半導体製造における極端紫外光リソグラフィ、粒子線ガン治療等、今後電離放射線領域にある量子ビームの利用が大きく展開して行くことが予想される。量子ビーム物質科学研究分野では最先端の量子ビーム(電子線、極端紫外光、レーザー、放射光、X線、ガンマ線、イオンビーム)を利用して、量子ビームが物質に引き起こす化学反応と反応場の研究を行っている。量子ビームによる物質へのエネルギー付与から、化学反応を経て、機能発現に至るまでの化学反応システムの解明、得られた知見から新規化学反応システムの構築を行っている。


    PAGE TOP