日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 生命先端工学専攻
  • 協力講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    レーザー分光領域[産学連携本部]

    教授 兼松 泰男

    分子微生物学領域[生物工学国際交流センター]

    教授 仁平 卓也   准教授 木谷 茂   助教 木下 浩
    分子微生物学研究室(Laboratory of Molecular Microbiology)は、微生物が秘めた可能性を分子生物学的な手法で探索し、人類に役立つ形で提供する術を研究することを目的としています。研究 対象としているのは、抗生物質などに代表される生理活性物質の2大生産菌である放線菌(Actinomycetes)と糸状菌(Filamentous fungi)です。膨大な潜在能力を秘めた微生物から、有用な化合物を発見し、生合成経路の解明、生合成に関わる酵素タンパク質の機能、生合成の制御に必要な種々の制御遺伝子の取得、更には生合成制御を行っている多段階の制御カスケードの解明を通じて、より早く、 容易に、又より合理的に新規な生理活性物質を取得する事が可能になります。

    応用微生物学領域[生物工学国際交流センター]

    教授 藤山 和仁   講師 三﨑 亮   助教 大橋 貴生
    私たちの研究室では、様々な生物(微生物、昆虫、植物、哺乳類細胞)を宿主とした医療用タンパク質生産技術の開発を行っている。特に、薬効に大きく影響する医療用タンパク質の糖鎖修飾に着目している。糖鎖修飾は生産に用いる細胞に依存し、ヒトと異なる構造の糖鎖で修飾された場合、ヒトに対して抗原性・アレルギー性を起こす可能性がある。そこで我々は、これら生産細胞の糖鎖修飾改変技術を開発し、ヒトに優しい構造を持った医療用タンパク質の生産にチャレンジしている。

    生体分子機能科学研究分野[産業科学研究所]

    教授 永井 健治   准教授 松田 知己   助教 新井 由之   助教 中野 雅裕
    創薬やテーラーメイド医療への応用に繋がる、より包括的な生理現象の理解に迫るためには、個々の生体分子の時間的・空間的な機能動態を知る必要があります。当研究室では遺伝子にコードされた生理機能センサーや新型顕微鏡の開発とそれらの技術を駆使した計測によりナノレベルのシステム的観点から生理現象の理解に迫ろうとしています。


    PAGE TOP