日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • マテリアル生産科学専攻
  • 材料物性学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    量子材料物性学領域

    教授 掛下 知行   准教授 福田 隆   准教授 佐藤 和則   講師 寺井 智之(兼)
    本研究室では、構造相変態および磁気転移に及ぼす強磁場、超高静水圧、応力、極低温の効果ならびにこれらの複合効果の研究を行っている。物質の相安定性は磁場、静水圧ならびに応力などの外場の影響を強く受けるため、これらの外場により、相変態温度、変態組織ならびに磁性を制御することが可能となる。また,これらに加えて、第一原理電子状態計算に基づく計算機シミュレーションにより、スピントロニクス材料やエネルギー変換材料等の新機能材料のデザインを行っている。

    表界面物性学領域

    教授 中谷 亮一   准教授 白土 優   助教 野村 光
    金属薄膜・多層膜・人工格子・ナノ磁性材料の高機能化を目指し、電子物性、特に磁気特性・電子輸送現象・トンネル物性に着目して、その基礎物性と応用について、表界面物性という観点から教育と研究を行っている。また、材料の表界面構造を原子スケールの情報を与える顕微鏡により調べる手法を開発している。

    材料評価学領域

    教授 荒木 秀樹   准教授 水野 正隆   助教 杉田 一樹
    電子の反物質である陽電子(ポジトロン)を利用することにより、材料の内部構造を原子サイズオーダで観察することができます。材料評価学領域では水素吸蔵合金、自動車用アルミニウム合金などの金属材料から、強特電体として利用されるペロブスカイト型酸化物などのセラミックス材料において、優れた特性が発現する機構を、主として陽電子を用いた実験およびコンピュータ・シミュレーションにより解明し、新しい材料を設計するための研究を行っています。

    材料極微プロセス工学領域

    教授 保田 英洋   准教授 佐藤 和久   助教 小林 慶太
    構造と物性の関連性を、極微構造をナノメートルの空間スケールならびにナノ秒の時間スケールで解析して得られる情報に基づいて究明しています。透過電子顕微鏡、電子分光等を総合的に援用して、結晶格子欠陥に代表される物質の不均一性、0~2次元の低次元物質、電子励起により創成した非平衡相などを対象として解明し、これらの成果に立脚してマテリアルデザインを進めています。材料科学の根幹に迫る普遍的な共通原理の解明に向けた教育と研究を行っています。


    PAGE TOP