日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • マテリアル生産科学専攻
  • 協力講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    物質・生物応用研究分野

    教授 光岡 薫
    我々は、電子顕微鏡を用いて、生体高分子複合体などの高分解能構造を決定することで、その生体高分子などの機能を分子・原子レベルで理解し、その応用につなげることを目指して研究しています。そして、電子顕微鏡による構造解析をより多くの研究者に利用してもらえるよう、高分解能構造解析のための超高圧や低温電子顕微鏡を用いた構造解析法の開発・改良を行っています。

    ナノ構造・機能評価研究分野[産業科学研究所]

    教授 竹田 精治   准教授 吉田 秀人   助教 神内 直人   助教 麻生 亮太郎
    ナノ構造・ナノデバイスの生成プロセスや機能発現中(動作中)の評価は極めて重要です。当研究分野では、気体中のナノ構造を原子スケールで観察できる高分解能・環境制御型透過電子顕微鏡(ETEM)を開発してきました。このETEMを利用して、自分たちで新規なナノ材料の創製に取り組み、さらに創製したナノ材料の構造と物性を、実際に使用される環境(実環境)で原子スケールで観測・解析しています。世の中に役立つナノ材料工学を推進しています。

    先端ハード材料研究分野[産業科学研究所]

    教授 関野 徹   准教授 多根 正和   助教 後藤 知代   助教 趙 成訓
    セラミックスや金属などを中心とした材料のナノからマクロまでの構造設計・制御および融合技術をキーテクノロジーとして、多様な機能を獲得した機能共生型バルク材料やナノ材料の創製、構造や基礎物性・特性評価およびその機構解明を通じて、新規な構造特性や機能特性を有する先端機能性構造材料の研究開発を行っています。これらを通し、今日の社会が抱える重要な課題解決に資する次世代型基盤材料創出とその応用を指向しています。

    接合デザイン講座[接合科学研究所]

    教授 南 二三吉   助教 高嶋 康人
    本研究分野は、溶接・接合で組み立てられる構造物や工業製品の耐破壊安全性評価を担い、材料強度/継手強度から構造全体の健全性を評価できる手法を構築することを目指した教育研究に取り組んでいる。


    PAGE TOP