日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 環境・エネルギー工学専攻
  • 量子エネルギー工学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    量子ビーム応用工学領域

    教授 粟津 邦男   准教授 間 久直   助教 真鍋 勇一郎   助教 石井 克典
    生体組織光学・光生物学・レーザー工学を基礎として、光・レーザーを用いた診断・治療や先端バイオ分析技術への応用に関する研究を行っています。赤外レーザーによる低侵襲治療、がんの光線力学治療、生体組織の光学特性値、レーザーイオン化質量分析などが主なテーマです。基礎原理・装置開発・橋渡し研究に至る一貫した医工融合研究を通して、工学と医学の両分野を高度に理解する人材の育成を行っています。

    原子力社会工学領域

    教授 北田 孝典   助教 竹田 敏
    より安全で経済的な原子力利用に向けて、運転機器のより信頼性の高い管理方法や新しいタイプの原子炉の開発などを、実験および計算機シミュレーションを用いて実施しています。

    システム量子工学領域

    教授 福田 武司(兼)   准教授 帆足 英二   助教 沖田 隆文
    本領域では、原子力エネルギーの安全性や新概念についての研究と教育を進めています。現在は伝熱流動を基本とした液体金属流や高熱負荷を受ける物質挙動に関する研究に取り組むことで、中性子源や核融合発電等の新たなシステムの開発に資する研究を進めています。また、電磁流体の伝熱流動に関する研究も勧めており、そこから生まれる新たな安全システムや熱交換機器の概念を構築することを目指しています。

    量子システム化学工学領域

    教授 藤井 俊行
    安全なエネルギーシステムの創生を目指し、燃材料の処理・処分に関する化学研究を行っています。具体的には液体系でのレアメタル、レアアース、およびアクチノイドの溶存状態の解析と化学分離を行い、バックエンド化学の高度化を目指しています。

    量子エネルギー基礎工学領域

    教授 福田 武司   准教授 北野 勝久
    核燃焼プラズマにおけるエネルギー輸送の他,高速炉の熱流動などの幅広い学際領域における渦と揺らぎの動力学が関与する自律的構造形成に注目した基礎研究を進めています。また,電離気体工学や量子科学分野(計測診断技術等)における応用研究を併行して展開しています。

    量子反応工学領域

    教授 村田 勲   准教授 佐藤 文信
    当研究室では、医療、工学及び産業分野への放射線応用研究、そして、核融合エネルギーの研究を行っています。具体的には、大阪大学強力14MeV中性子工学実験装置オクタビアンを利用した核融合中性子工学研究と、新しいがん治療法であるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の工学的研究を行っています。また、環境や生体を対象にした新しい放射線計測法に関する開発を行っています。


    PAGE TOP