日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 寄附講座・共同研究講座・協働研究所
  • 共同研究講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    マイクロ波化学共同研究講座

    教授 安田 誠(兼)   准教授 塚原 保徳   招へい准教授 吉野 巌   招へい研究員 栗原 英資   招へい研究員 山内 智央
    現在、日本は生産・化学プロセスの革新・効率化に係わる技術を必要としています。マイクロ波加熱は、マイクロ波の振動電磁場(周波数2.45 GHz、 波長12.2 cm)との相互作用により、誘電体、磁性体を構成している双極子、空間電荷、イオンなどが激しく振動・回転することによって起こる内部・均一・急速加熱であり、経験的事象(反応時間大幅短縮、収率向上、選択性向上etc)からも、マイクロ波が化学プロセス技術に極めて有用であると考えています。しかしながら、これまでの研究は現象論に過ぎず、マイクロ波効果の本質に迫り、解明した研究はありません。
     本講座では、学術的領域において、マイクロ波効果を解明し、マイクロ波の一般原理構築を目指して研究を行っています。さらに一般原理に基づく新規反応場の提案により産業界に応用展開したいと考えています。具体的は、内部均一加熱を用いた粒径制御された金属ナノ粒子合成、磁性損失を用いた磁性ナノ粒子合成、in situラマン測定によるナノ粒子生成過程解明、マイクロ波効果解明のための有機反応、マイクロ波プロセスに適した触媒開発など、マイクロ波化学の基盤となる研究、そして応用研究をしています。

    三井造船(高品位溶接・接合プロセス工学)共同研究講座

    教授 廣瀬 明夫   教授 片山 聖二   准教授 佐野 智一   准教授 川人 洋介   助教 松田 知己   招へい准教授 小野 昇造   招へい研究員 木村 陵介
    本講座では、大阪大学の擁する溶接部のミクロスケールでの組織解析や組織制御技術、先進的溶接・接合技術と、三井造船の生産技術を融合させ、高品位な溶接構造物の製造技術を開発することを目的としています。

    三菱電機生産コンバージング・テクノロジー共同研究講座

    教授 藤本 公三   教授 宇都宮 裕   招へい教授 加柴 良裕
    接合、塑性加工、鋳造等の生産基盤技術や生産にかかわる技術を収斂(コンバージング)することによって、生産技術を変革させ、ものづくりにおける国際的優位性を継続させることを目的として活動しています。また、これらの生産技術でエアコン、モータ、インバータ等の電機製品を革新させます。

    溶接保全共同研究講座

    「創・蓄・省エネデバイス生産技術」共同研究講座

    教授 荒井 栄司   特任教授 池田 順治   招へい教授 西木 直巳   招へい研究員 岡山 芳央
    大阪大学の保有技術であるナノ領域での材料物性把握と理論構築、組成・構造シミュレーション技術、微細加工技術、微細分析技術とパナソニックの保有技術である材料、工法、設備、環境技術等の生産技術を融合した開発を推進する。

    NEXCO西日本 高速道路学共同研究講座

    招へい教授 殿垣内 正人   特任准教授 小濱 健吾   招へい研究員 櫻谷 慶治
    平成23年(2011)夏に開設以来、本講座では、半世紀に亘り高速道路の建設・管理を通じて培ってきた技術力および経営力と、大阪大学が有する最先端の研究成果との融合を図り、将来的に必要となる高速道路の老朽化対策のための新技術や、道路会社としての経営基盤強化のための方策などの研究に取り組んでいます。

    核酸制御(陽進堂)共同研究講座

    教授 渡邉 肇   特任教授 和田 忠士   招へい教員 真門 剛毅
    核酸制御(陽進堂)共同研究講座は新規の核酸医薬品の創出を目指して、株式会社陽進堂と大阪大学大学院工学研究科渡邉 肇 教授との共同研究を実施します。我々は薬の候補を評価するためにヒトの病気のモデルとなる実験動物を用いて、副作用が軽減された新薬を作り出す予定です。

    大阪大学・日本触媒(機能化学)共同研究講座

    教授 三浦 雅博(兼)   招へい准教授 北尾 倍章   招へい研究員 川本 教博   招へい研究員 新居 知哉
    当共同研究講座では、大阪大学の最先端技術と日本触媒の蓄積技術を融合させ、革新的で競争力のある新規製品・技術の創出に取り組んでいます。

    今治造船(高性能船型開発)共同研究講座

    教授 柏木 正(兼)   教授 戸田 保幸(兼)   教授 長谷川 和彦(兼)   特任教授 日夏 宗彦   特任研究員 清水 保弘   招へい研究員 堀 正寿
    2013年1月1日にEEDI(Energy Efficiency Design Index)規制が適用され、省エネ性能の高い船型開発や省エネデバイスの開発が急務となっています。本共同研究講座では、実海域で省エネ性能に優れた高性能船に関する船型開発を進めていきます。また共同研究を通じた人材育成や、省エネデバイスの流体力学的特性の解明、及び実船への応用の橋渡しにも貢献できるように活動しています。

    細胞製造システム工学(ヘリオス)共同研究講座

    教授 紀ノ岡 正博   招へい准教授 澤田 昌典   招へい研究員 稲森 雅和
    本共同研究講座ではiPS細胞由来網膜色素上皮細胞などの細胞製造をモデルとして、無菌環境で細胞を製造するための方法としてアイソレーターを用いた細胞製造プロセスの開発に取り組んでいます。アイソレーター製造に適した運用法や道具を開発することによって操作の再現性を向上させ、より安定した品質の製品を目指しています。また将来の製造に向けて、製造スケール拡大や自動化にも取り組んでいます。

    大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座

    教授 福﨑 英一郎   教授 紀ノ岡 正博   教授 藤山 和仁   准教授 新間 秀一   招へい教授 飯田 順子   招へい研究員 服部 考成   招へい教授 馬場 健史   招へい研究員 津川 裕司
    生体内代謝産物の網羅的解析である『メタボロミクス(Metabolomics)』は、ポストゲノム科学の一分野として生まれた最も新しいオーム科学です。メタボロミクスは、基礎生物学の理解や機能未知遺伝子の機能解明に対する有力な研究手段として注目されているだけでなく、医療、食品、工業微生物分子育種への応用が期待されています。我々は、メタボロミクスの解析システムの新技術を開発するとともに、新しい運用方法の研究を行っています。

    新日鐵住金(マルテンサイト基礎科学)共同研究講座

    教授 掛下 知行(兼)   特任教授 杉山 昌章   招へい教員 畑 顕吾
    当共同研究講座では、大阪大学の多様な材料に対する基礎科学力と、新日鐵住金の時代を先進する未来の構造材料設計力との融合により、次世代鉄鋼材料組織として期待されるマルテンサイト鋼を主体に、その材料基礎科学の新しい指針と土台を構築することを目的としています。先端的電子顕微鏡技術の開発や、メゾスコピック領域での材料の機械的特性と組織設計の関係を研究し、ナノからマクロまでの一貫した材料設計を目指します。


    PAGE TOP