大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ  
アクセスマップ
大阪大学
English
大学院入試情報
HOME > 入学案内 > 大学院入試情報 > アドミッション・ポリシー
アドミッション・ポリシー

工学研究科 アドミッション・ポリシー

(1)教育理念
 科学と技術の融合を図り、人類がより豊かな社会生活を希求するための学問が工学であり、本研究科では、その工学の各分野における高度な専門知識、幅広い教養と国際性の兼備によって、持続可能な社会の構築、人類の未来の発展への貢献を目的とした教育・研究を行っています。特に、大阪大学のモットー「地域に生き世界に伸びる」に基づき、地域産業との連携から世界最先端の科学技術の追求や未踏の工学領域の開拓まで、幅広く科学・技術を発展させ、その成果を実社会へ還元できるリーダーを育成することを教育理念としています。
(2)教育プログラム
 本研究科では、高度な専門知識の修得を目指した各専攻におけるカリキュラムに加え、幅広い分野の素養及び国際性の涵養、勉学意欲の喚起を目的とした大学院等高度副プログラムや、複眼的視野の獲得を目的とした大学院副専攻プログラムを実施しています。
 本研究科では、その伝統である自由で創造的な研究を行う学風を受けて、多くの世界的に優れた研究成果をあげています。そのような世界トップレベルの研究を基盤として、優秀で創造力に富む研究者・技術者を育成するために、工学研究科に所属する教員にとどまらず、関連の研究所・研究センターなどの学内他部局から、また学外からも優れた教員を迎え、熱心な指導と活発な研究活動を行っています。
(3)求める学生像
 この理念に基づいた教育を受け、未来の社会をリードする工学研究者・技術者には、専門分野における高度な知識と実践力に加え、既存の工学の枠組みを越えた幅広い知識と創造性及び独創的な発想によって新産業を開拓するエネルギーとチャレンジ精神が要求されます。それを実践して科学・技術の発展に貢献し、その恩恵を広く国際社会に還元したいという強い意欲と向上心に満ち溢れた人を求めています。
(4)入学者選抜の基本方針
 本研究科では、専門分野における高度な知識に加え、国際性や倫理観を兼ね備えた意欲溢れる人材を求めるために、筆記試験と口頭試問(面接)から成る一般の入学試験を実施しています。その他に、研究能力に特に秀でた学生を国内外から広く受け入れ、優れた研究者・技術者を育成するために、博士前期課程推薦入学特別選抜制度、外国人留学生特別選抜制度などを設けています。

生命先端工学専攻 アドミッション・ポリシー

 21世紀は生命の世紀であると言われます。生命先端工学専攻は、生命の持つ高度な機能を物理学、化学、生物学という自然科学全体の力を結集し、原子・分子レベルから解明して最先端工学へ応用することを目指す新しい専攻です。生命先端工学専攻は、物理、化学、生物学と工学の融合から生み出される今までとは全く違う新しい科学技術体系の構築を目指す専攻であるとも言えます。
 生命先端工学専攻には、物質生命工学コースと生物工学コースの2つのコースが設けられています。物質生命工学コースでは、物理、化学という物質を扱う学問と、生物という生命を扱う学問の融合及び先端工学への応用を目指した教育と研究を行います。生物工学コースでは、生物が持つ多様な機能を解析し、その特性を、様々な有用物質生産や地球環境の保全、創造に工学的な手法で展開できる先端的バイオテクノロジーの創出を目指す教育と研究を行います。これら2つのコースは、それぞれの特色を生かしつつ、生命先端工学専攻全体としては、互いに補完し合う教育と研究を目指します。また、情報科学研究科バイオ情報工学専攻や産業科学研究所の第3研究部門(生体・分子 科学系)との密接な協力を通じて、生命先端工学に最新の情報科学やナノバイオ技術を取り入れた教育・研究も押し進めます。さらに、バイオテクノロジーを通じた国際協力に、世界的なレベルでリーダーシップを取ってきた生物工学国際交流センターと協力し、早い時期から国際的な感覚が身につくような教育を行っていることも、生命先端工学専攻の大きな特色として挙げることができます。
 自然科学の中で最も若い、そして進展の早い生命科学は、21世紀においても想像を超えた飛躍的な発展を遂げることは疑いありません。こうした生命科学の進展を、先端工学や先端バイオテクノロジーへ応用したいと考えている人、また、従来の学問領域や研究領域を超越した新しい科学観を持つ研究者や技術者になりたいと思っている人、そして、生命先端工学専攻の教育・研究理念に共感し、新しい学問分野を積極的に切り拓いていこうとする人、生命先端工学専攻はそのような夢と情熱を持った人を求めます。
▲たたむ

応用化学専攻 アドミッション・ポリシー

 応用化学専攻は、分子創成化学コースと物質機能化学コースの2つのコースで構成されています。分子創成化学コースでは、新しい分子の設計と合成、新規合成ルートの開発、分子の高機能化の研究に焦点をあて、物質機能化学コースでは、機能を有する新材料の開発、新機能を発現する材料の設計と合成、機能の構造化学的解明等の研究に着眼し、両コースが協力しながら、科学の基礎や産業の基盤となる物質変換の新手法構築、新エネルギー技術の確立、資源の再生・循環・超高度利用の環境技術開拓、創薬や医療・バイオ材料開発等を世界的なレベルで推進しています。また本専攻では、現代社会が先端技術への依存度を益々高めていく中で、化学に対する社会の期待と要請を的確に見据え、豊かな創造性と独創性を発揮しながら次世代の科学技術の柱を創りだすことが可能な人材育成に重点を置いた教育と研究を実践しています。博士前期課程の学生に対しては、講義と研究活動を通じ、幅広い化学に関する知識を身につけることができるカリキュラムを準備しています。講義については、専攻内の教員による講義に加えて、生命先端工学専攻(物質生命工学コース)の講義、さらには学外の講師による特別講義を通して、化学分野の基礎及び先端技術についての幅広い知識を第一線で活躍する研究者から学ぶことができます。指導教員のもとで行う研究活動は、単に与えられた課題を行うだけでなく、自らの意志で新しい課題を企画し実施できる環境が整えられています。博士後期課程では、各々の学生が独自の研究を行うことが求められ、それを通して社会の広い分野で活躍できる基礎学力と指導力を有する人材の育成を目指しています。そのために、各自の専門分野以外の先端研究の調査、先端的研究課題の企画、プレゼンテーション能力を養うセミナーなど、多くの教育プログラムが準備されています。
 本専攻は、化学を深く追究し新しい学問分野を精力的に開拓するとともに、独創的な発想によって国際社会のさらなる発展に貢献する新しい化学技術の創出に意欲を持つ学生を求めています。
▲たたむ

精密科学・応用物理学専攻 アドミッション・ポリシー

 自然界の現象を物理学に立脚して電子・原子・分子レベルから解明、制御、応用することにより、先端生産科学技術や先導的工学領域の開拓を図り、新産業創出へと展開して、豊かな社会の創造に貢献する人材を育成することを目指しており、精密科学コースと応用物理学コースから構成されます。

 精密科学コースでは、物理学を基本に自然現象の"精密さ"をその極限まで利用し、創造性に富んだ高度な"ものづくり"技術の創出を目指しており、次のような学生を求めます。

1.

原子レベルでの"ものづくり"に強い興味と情熱のある人

2.

機能材料、薄膜・表面科学、半導体デバイス、先端機器システム、超精密加工、原子制御プロセス、量子計測、計算物理、原子論的生産技術の領域に高い関心をもち、該当する専門を学習・研究する意欲の高い人

3.

人間社会・自然と技術の係わりや、産業界の要請に日頃から関心を持ち、精密科学の専門知識を活かして、技術革新や新規事業の開拓、あるいは幅広い科学技術分野での活躍を志している人

 応用物理学コースでは、物理系科学技術に関する基礎及び応用の教育を行い、次世代産業基盤の創成につながる融合科学技術の開拓を目指しており、次のような学生を求めます。

1.

工学のための基礎的理論とそれを先導的に応用することに深い関心をもつ人

2.

物質の基礎的性質の解明、新物質の創成とその物性予測、新計測法の開発から、ナノテクノロジー、フォトンテクノロジー、バイオメディカル工学に至る幅広い融合科学技術の領域に強い興味を持ち、主体的かつ積極的に学習・研究する意欲に溢れた人

3.

世界的視点から人類の将来に関わる新たな課題を積極的に見出し、その課題に果敢にチャレンジすることにより、新学問領域の創出や新産業創出、あるいは独創的な科学技術の発展に寄与する意欲を持つ人

▲たたむ

知能・機能創成工学専攻 アドミッション・ポリシー

 知能・機能創成工学専攻では、工学研究のさらなる発展を目指して、先導的な教育プログラムのもと、工学研究の未来を開拓する融合領域研究を担う人材育成のための教育を行います。工学システムは、常に異なる分野の融合と、融合された分野の分化を繰り返して発展します。その融合と分化の繰り返しにおいて、新たな研究分野開拓に貢献する最先端の教育・研究を担うのが、当専攻の使命です。  融合領域研究は、概念設計と新技術の発想、先端技術の研究開発、社会での実証研究という重要な3つの側面を持ちます。当専攻では、設計、材料、加工、デバイス、機械、制御、ロボット、知能、生産に関わる技術をもとに、これら、3つの側面を重視した研究・開発を展開していきます。
 教育面では、世界的にも新しく評価の高いPBLを核にした教育プログラム(少人数のプロジェクト形式の教育)を他に先駆けて取り入れ、日本の工学教育を先導するとともに、新しい工学分野を創成できる人材の育成に力を注いでいます。このPBL教育では、企業における製品開発に学生自身が参画し、社会ニーズを察知する問題発見力、統合力と創造力に富んだ問題設定・解決力、チームワーク力、さらに国際的リーダーシップ力を身につけていきます。
 以上の理念と教育方針のもと、機械工学、材料工学、生産工学などの工学基礎を養うだけでなく、それぞれの専門性を生かしながら新たな工学を開拓していく、資質と意欲のある学生を幅広く求めています。これまでも様々な学科や他大学卒業者が推薦選抜並びに一般選抜により入学しており、今後も積極的に国内外の受験有資格者を推薦・試験選抜により受け入れる予定です。
▲たたむ

機械工学専攻 アドミッション・ポリシー

 機械工学は、マイクロシステムから、情報機器や家電製品、ロボットや自動車、航空機や人工衛星、巨大なプラントにいたるまで、きわめて広範な機械や装置を対象として、安全で豊かな社会生活を実現するための技術を開拓する学問分野です。機械工学がもたらす技術は、例えば、エネルギーや環境問題に起因する制約、生態系との関係などのもと、ますます複合化するものづくりの課題を解決するために不可欠です。
 機械工学専攻における教育は、狭義の機械に限定されず様々なシステムを横断的かつ総合的に扱い、個々の原理と相互の連成を理解することを基本として、革新的な機械システムの設計や開発に向けた新しい知識と学理の創造を担う技術者・研究者の育成を目的としています。本専攻の博士前期課程では、研究指導に加えて、高度な学習の基盤となる数学科目や力学科目、機械工学の最先端知識を選択的に深める専門科目群を提供します。さらに、産業界との連携により設定されるプロジェクト科目により、総合力や構想力を養成します。博士後期課程では、研究指導とともに、企画・管理・指導の能力にも優れた高度な研究者を養成するためのコースワークを提供します。これらのカリキュラムにより、新たな価値の創出を先導し、社会の持続可能な発展に貢献する人材を育成します。
 以上の方針のもと、機械工学専攻では、次のような人を大学院生として求めています。

1.

数学、力学、語学などの基礎科目と機械工学あるいはその周辺分野での専門科目における十分な学力を有する人

2.

高度な専門知識と豊かな創造力を持つ技術者・研究者として社会に貢献する意欲と適性を持つ人

3.

高い倫理観を持ち、構想力と実行力に優れ、先駆者として各分野のリーダーとなることを目指す人

科学技術のフロンティアにおいて国際的に活躍する技術者・研究者を目指す諸君の挑戦を待っています。詳細はホームページを参照してください。

機械工学専攻 
▲たたむ

マテリアル生産科学専攻 アドミッション・ポリシー

 自動車・車輌・船舶・航空機などの輸送機器、橋梁・建築物・プラントなどの社会基盤構造物、コンピュータ・情報携帯端末・インターネット関連機器などのエレクトロニクス製品など、現代社会の基幹をなす幅広い産業を支えるには、優れた機能をもつ新材料の開発とその製品化に至るプロセスの系統的な発展が必要で、豊かさ・利便性と環境との調和を考えた、人類に安心・安全と幸福をもたらす循環型社会の「ものづくり」が要請されています。「ものづくり」においては、資源から素形材の製造、人工物である工業製品や構造物の製造に至る一連の過程において、材料が様々に姿を変えながら有用な生産物に変化していくので、材料と生産プロセス・システム化を一つの流れとして捉えることが重要です。
 マテリアル生産科学専攻では、材料科学と生産科学の一貫した教育研究体制をとり、材料の基礎物性、機能発現機構、材料加工・生産プロセス、構造化デザイン・評価とそれらのシステム化に至るまでの学問分野を体系的に教育します。それによって、「ものの流れ」と「情報の流れ」を有機的に結びつけ、材料の変遷を中心とした「ものづくり」の全体像を広い視野で捉えることのできる技術者・研究者を養成します。
 本専攻には、次の二つのコースがあります。

「マテリアル科学コース」

広範な材料科学とその応用分野を取扱い、材料の基礎物性、機能・特性の発現とその解明、材料の製造プロセスならびに先進デザイン、さらにはエネルギー・資源循環に関する素材工学についても教育研究する。

「生産科学コース」

材料の特性を活かしたものづくりのための、材料加工プロセス、構造化デザイン・評価、及び、生産システムのインテグレーションについて主に教育研究する。

 本専攻では、材料科学に興味をもつと共に、材料を用いた「ものづくり」のプロセス・システム化に興味をもつ皆さんの入学を期待します。

▲たたむ

電気電子情報工学専攻 アドミッション・ポリシー

(1)教育理念
 本専攻は、ITエレクトロニクス、ユビキタスネットワーク、ナノテクノロジー、電力・エネルギーなどの幅広い分野で先進的で独創的な研究を行い、世界をリードしていきます。これらの研究活動を通して、国際的水準で将来社会に貢献できる研究者・技術者を育成することを教育の目標に掲げています。さらに、産官学連携にも積極的に取り組み、大学発の『知』を産業に結びつけ、社会に直接役に立つ技術の創出に努めていきます。また、従来の学問分野にとらわれることなく、学際を開拓し新たな技術分野への展開も積極的に行っています。このような教育・研究活動を通して豊かで繁栄に富み、地球環境及び人にやさしい安全で安心できる社会の実現に貢献していきます。
(2)教育プログラム
 本専攻では、量子論、電気電子材料、電子物理、通信理論、ネットワーク工学、システム理論、パワーエレクトロニクス、プラズマ物理などの大学院基礎科目と、これらを中核として応用分野の科目を配して、包括的で高度かつ緻密な教育を提供しています。システム・制御・電力工学コースでは環境に優しい電力・エネルギーシステム、自律分散システムや大規模・複雑システムの分析や計画のための教育・研究を行います。先進電磁エネルギー工学コースでは、レーザーやプラズマを駆使して(核融合などの)新エネルギー創出や極限的な新物質、新材料、新デバイス創生を目指した教育・研究を行います。情報通信工学コースでは、光通信、無線通信、マルチメディア情報ネットワークの基礎理論から最先端応用技術に至るまでハード・ソフト両面の教育・研究を行います。量子電子デバイス工学コースでは、ナノサイエンスをキーワードに、電子、光子、原子から集積回路や脳などの分野の教育・研究を行います。
(3)求める学生像
 本専攻は、電気電子情報工学の基礎を修得した人あるいは大学での専門にかかわらず高い基礎学力をもった学生あるいは社会で活躍中の研究者・技術者の中から、以下のような資質を持つ人の入学を広く募ります。
○エンジニアや研究者として『夢』を抱き、電気電子情報工学を通して社会に貢献しようという人
○自然界の現象に対して好奇心を持ち、創造的かつ先端的研究にチャレンジしようという人
○人類が直面する諸問題に関心を持ち、研究者・技術者として高い倫理感を持って問題の解決に当たろうという人
○国際的な視野を持ち、国際的に活躍の場を求める人
(4)入学者選抜の基本方針
 博士前期課程では、電気電子情報工学の基礎としての「基礎科目」の他に各コースの専門分野に関係する「専門科目」を筆記試験で課して専門分野に関する基礎学力を問います。選択科目を多く設け、学内外より幅広く優秀な人材を受入れます。また、学部課程での成績優秀者を受入れるため、推薦入試を実施しています。博士後期課程では、前期課程からの進学の他に、社会人の入学も積極的に受入れています。
▲たたむ

環境・エネルギー工学専攻 アドミッション・ポリシー

 環境・エネルギー工学専攻は、今世紀の人類が直面する最大の課題である環境及びエネルギー・資源問題に体系的かつ総合的に対処すべく、関係する広範な分野の研究をおこない、同時にこれら課題を解決できる能力を有する人材を育成するための教育をおこないます。大学院では、環境・エネルギーに関係する学科を修了した学生だけでなく、新たにこの課題に挑もうとする意欲を持った学生・社会人を広く募集します。博士前期課程の講義では、ダブルメジャーの習得目標のためそれぞれ数科目の講義から構成されるプログラム(環境システム、共生環境デザイン、循環型材料・資源、共生エネルギー、量子エネルギー)のうちから2つを選択、履修します。一方博士前期課程・博士後期課程の研究指導では各研究室で展開されている先端的な研究課題に参画することで、自らの専門を深め、高度な研究開発能力を教授します。
 本専攻は、以下の様な資質を持つ人材を求めます。

1.

地球環境の持続性、自然環境保全、循環型社会形成、都市や地域の創造保全、新しいエネルギーシステムなど本専攻が対象とする各研究領域に深い関心を有している人

2.

自らの専門分野を確立することと併せて、課題対処の方法を専門領域にとらわれず探求し、責任をもって解決に導いていくことのできる柔軟性と意欲を持った人

3.

自ら考え行動できる能力、協働の能力を持ち、国内のみならず国際的な場面においてもリーダーシップを発揮しようとする姿勢を持った人

4.

論理的かつ柔軟な思考力、豊かな感性、人間や自然界に対する探究心を持っている人

▲たたむ

地球総合工学専攻 アドミッション・ポリシー

 地球環境を健全に継承しつつ、我々人類が持続的な発展をしていくためには、これまで培ってきた科学技術を有効かつ慎重に適用することによって、便利で快適・安全な空間を創り、それを維持していくことが重要です。 そのためには、物理的或いは社会的な様々な人間活動の基盤を、それぞれが単独で完結するものとしてではなく、システムとして緊密に連結しながら高度に総合化されたものとしてデザインし、ネットワークとして運用していかなければなりません。また、四方を海に囲まれた日本は、海洋国家として、海上交通や海洋・海底資源の開発を通じて、国際的になお一層貢献することが求められています。 以上のような理念から、地球総合工学専攻では、自然環境の保全、循環型社会の形成、都市・地域の創造及び船舶・建物・道路・港湾など人の活動環境を構成する人工物やネットワークの新たな構築・維持保全・再生について、全般的な基礎知識と特定領域に関する専門知識の修得に意欲を持ち、かつ、自ら考え、行動できる能力、柔軟な思考力、繊細な感受性、大胆な発信力、そして自然界に対する深い洞察力を有する人を求めています。

 船舶海洋工学コースでは、ここに集う学生が、地球的視点から海洋に係わる科学技術を創造し、その有効性・安全性を展望しながら、海洋での人工物をデザイン・開発・運用できるよう、我々教員は、世界の最先端を目指し、教育と研究を行っています。特に、船舶海洋工学は国のボーダーを超える船舶や海洋資源に関わる工学であるため、船舶海洋工学英語特別コースと合同した教育・研究、海事政策や海運など関連分野も含む包括的な教育を通して、国際的に活躍できる技術者・研究者を育成することに重点をおいています。
 社会基盤工学コースでは、人間や社会を災害の脅威や環境の変化から守り、安全・安心で快適な社会生活及び円滑な社会・経済活動を実現するための社会基盤の整備・保全に資する技術に関して教育と研究を行っています。本コースでは、自然環境と調和した美しい国土づくり及び国土の保全を目指して、社会の基盤となるライフラインや防災関連施設並びに都市・地域・交通システム、環境保全・再生システムのデザイン・計画・技術に関して最先端の研究を行うとともに、その成果を生かした高度な教育を行います。
 建築・都市は人間生活に深く関わる存在であり高い公共性をもつことから、自然科学及び工学の分野だけではなく、人文や社会科学等も含めた幅広い視点からの理解が求められます。建築工学コースでは、風雨や地震などの自然の外乱に対して人間の都市活動における安心と安全を確保するために、また、健康で文化的な社会を支える快適で美しい建築・都市の形成をめざして、社会と連携した研究を行っており、こうした研究にもとづき、次世代に向けての建築・都市に関する計画・技術・デザインに関する教育を行います。
▲たたむ

ビジネスエンジニアリング専攻 アドミッション・ポリシー

 ビジネスエンジニアリング専攻では、大量生産大量消費の「生産者主導のものづくり」から、消費者主導の多様な知恵を盛り込んだ「ものづくりを含めたソリューション提供」への転換をはかり、持続可能な社会づくりに貢献するための人材育成をめざしています。人間生活にかかわる物財・情報から都市・地域環境までをも含めた、もの・サービスに関して、技術者・利用者の知である「技術知」をデザインし、多様な知恵の価値(知価)を盛り込む新しい工学体系の構築をめざします。このため、特定の専門分野を掘り下げる従来の工学教育だけでなく、異分野融合・連携を含めた新しい工学的研究開発のマネジメントや技術の活用、経営学的な戦略の構築にかかわる教育を、工学研究科の他専攻や経済学研究科と協力しながら行います。技術融合論、知価社会論、テクノロジーデザイン論、技術知マネジメント論、コミュニケーション論、都市・地域再生論、知的財産権など工学を実社会に役立てるための新しい考え方やマネジメント手法が教育されます。また組織管理、アカウンティングといった経済学研究科の講義も履修できます。更には、企業との連携や大学内でのプロジェクト研究などに少人数グループで取り組むOJE型演習(On the Job Education)を通じて、実社会で求められている課題発見・解決力やチームで働く力の向上をめざします。配属される研究室では、特定の工学分野の研究テーマに取り組み、深く踏み込んで考え行動することにより、課題解決を図る能力を2年間かけて育成します。このような教育プログラムを経て工学修士を取得した後、経済学研究科のMOTコースに進学すれば、MBA(経営学修士)を1年間で取得し、3年間で2つの修士号を得る道が開かれています。このように当専攻では、工学を社会や経済の発展に正しく活かすことができる、研究開発・事業企画のプロジェクトリーダー、アントレプレナー、オピニオンリーダー、ポリシーメーカーなどこれからの社会を牽引する役割を目指す人を募集しています。
▲たたむ

大阪大学工学部|ウェブオープンキャンパス
ブログ 阪大工学部の散歩道
公募情報
大阪大学未来基金 工学部・工学研究科 教育研究事業
大阪大学研究室総覧
ラ・シェーナ
工学部・工学研究科同窓会
©School / Graduate School of Engineering Osaka University. | 大阪大学工学部/大学院工学研究科 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 TEL.06-6877-5111(代)