大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ  
アクセスマップ
大阪大学
English
学部入試情報
HOME > 入学案内 > 学部入試情報 > アドミッション・ポリシー
アドミッション・ポリシー

工学部 アドミッション・ポリシー

(1)教育理念
科学と技術の融合を図り、人類がより豊かな社会生活を希求するための学問が工学であり、本学部では、人類社会の安定と福利に資するために、独創的な科学技術の発展に貢献できる人材の育成を目的とし、創造性に富み、夢を抱き、人類の将来に関わる新たな課題に果敢にチャレンジする研究者・技術者を育成し、世に送り出すことを教育理念としています。
(2)教育プログラム
人類社会や自然界の仕組みをよく理解する幅広い知識を養うための教養教育、高度な専門的知識ならびに総合的判断力を養うための専門教育、さらにはコミュニケーション能力やデザイン力、国際性を養うための様々な教科からなる総合的な教育プログラムによって、教育理念で求める人材の育成を行っています。工学部では扱う学問分野を5つの学科に分け、学科ごとに定員枠を設けて入学試験を実施しています。入学するとまず学科全体に共通する基礎的な講義を受講し、入学した学科の分野に共通する基礎知識を学びます。その後特色のある専門科目を学びます。入学後に学ぶ専門科目は学科によって定まっていますが、具体的に学科内のどの専門科目を選ぶかは、学科から提供されるガイダンスに従って授業を受けたり、先輩に意見を聞いたりしながら決めることができます。学科によっては学科内で学科目やコース別に2年次以降で履修するべき専門科目を定めています。
(3)求める学生像
人類社会の現状と将来に世界的な視点から強い関心を持ち、その課題発見と解決に寄与する意欲を持っており、高等学校等における各種の学習内容を幅広くかつ深く理解し身につけているとともに、入学後は大学人としての自覚を持って主体的かつ積極的に学習・研究に邁進しようとする意欲に溢れている人を求めています。
(4)入学者選抜の基本方針
本学部の入学試験ではアドミッション・ポリシーにふさわしい人材を多元的な評価尺度で選抜するため、個別学力検査では複数の評価基準を設け、幅広い分野に対して理解と知識を有している人とともに、工学の基礎学問とも言える数学、理科、英語に特に優れた能力を有している人を、センター試験と個別学力検査という2段階選抜によって見出します。また、国際科学オリンピックAO入試やいくつかの特別入試など多様な選抜試験を実施します。

応用自然科学科 アドミッション・ポリシー

 昨今の科学技術の著しい発展と、それに付随するエネルギーや環境問題に対して、工学が果たす役割は、以前にも増して重要になってきています。応用自然科学科は、既存の学問体系である数学、物理学、化学、生物学などの個々の分野だけにとらわれず、自然科学の全ての分野について幅広い興味や深い知識を持ち、自然現象を様々な角度から多面的に捉えることができる人材の育成を目指しています。さらに、自然現象のメカニズムを理解するだけでなく、習得した知識を活かし、新物質・分子の創製や自然を超えたシステム・プロセスの開発に結実させる能力を備えた人材育成も目指しています。また、工学は人間や社会と深く関わっていることを重視し、科学技術と社会との関連を常に考えることができる能力、さらにはグローバルな立場で自然科学を鳥瞰できる人材の育成にも取り組んでいます。このような教育理念を十分に理解し、夢と熱意を持って科学技術の発展に貢献することを切望する人を求めます。
▲たたむ

応用理工学科 アドミッション・ポリシー

 応用理工学科は、豊かで安全な社会を持続的に発展させ、人類の未来を開拓することを目的とする工学の基礎となる機械、材料、生産に関する学問分野を中核とした総合学科です。技術のめざましい発展の一方で、環境、資源、エネルギー、安全、健康の問題が顕在化している状況下において、応用理工学科は、これらに関する最先端の研究に立脚し、新たな課題に対応できる広い視野と創造力・実行力を有する技術者・研究者を育成するカリキュラムを整備しています。
以上の観点から応用理工学科では次のような資質を身につけたい人を求めています。

1. 技術の発展に対する情熱と社会に貢献する意欲をもつ人
2. 国際的な視野、使命感と倫理観をもって、学問の発展と自らの向上に努力する人
3. 他分野への洞察力と総合的な視野を有するリーダーとなる動機をもつ人
▲たたむ

電子情報工学科 アドミッション・ポリシー

 私たちの日常生活の多くはテレビ、ビデオ、DVD、CDのようなAV機器、パソコン、携帯電話、インターネットのような情報通信機器、洗濯機、冷蔵庫、エアコンのような家庭電化機器、照明器具、交通、医療および産業システム、それらを動かす電力によって支えられています。これらの電力は、原子力、火力、水力などの発電によっています。また、自動車、新幹線、航空機はもとより、工場の生産ラインでは電子コントロールが不可欠な時代になっています。さらに、インターネットに代表されるように、一瞬にしてデジタル情報が国境を越えて世界を駆けめぐる新しい情報通信社会が急速に展開しています。
 電子情報工学科では、電気信号や情報、電気エネルギーを、自由自在にかつ速く、正確に伝送、処理、制御する技術とシステムに関する技術の基礎を勉強し、情報技術時代にふさわしい知識を習得できるよう教育体制を整えています。また、学部学生の90%以上が進学する大学院では、さらに高度な知識と研究能力を身に付けることが出来ます。
電子情報工学科では、次のような人を求めています。

1. 理数的なものの考え方が好きな人
2. 何か新しいものを創ってみようと思う人
3. 将来、研究職に就きたいと願う人
4. 専門分野を通じて社会に貢献したい人
5. 何かにチャレンジしてみたいと熱望する人
6. 世界を股に掛けて活躍したい人

将来の日本を背負う意欲に燃えた諸君の挑戦を期待します。
▲たたむ

環境・エネルギー工学科 アドミッション・ポリシー

 環境・エネルギー工学科は、21世紀の私たちが直面する最大の課題である、地球環境の悪化と、エネルギー・資源の枯渇の問題に総合的に対処するための、体系的な工学技術の教育・研究を目的として、2006年に創設された学科です。学科が取り組もうとしている課題は、きわめて広範囲の専門分野にまたがっていますので、その全貌を見通すだけの広い視野と、特定の分野での専門的技術の両方をあわせもった技術者だけが、問題を適切に解決できると考えます。このような観点から、本学科は、次のような人を求めています。

1. 地球環境とエネルギーの持続性、自然環境保全、循環型社会形成、都市や地域の創造保全などの、安全安心な社会を実現するための人類的な課題に深い関心をもっている人
2. これらの人類の生存基盤に不可欠な課題が内蔵している種々の具体的問題を、幅広い視点から正確に位置づける見識と、使命感をもってその解決にあたれるだけの、熱意と技術力とをあわせもった技術者になることを目標としている人
3. 自ら考え行動できる能力、協働の能力を持ち、リーダーシップを発揮しようとする姿勢を持った人
4. 柔軟な思考力、豊かな感性、人間や自然界に対する探究心を持っている人
▲たたむ

地球総合工学科 アドミッション・ポリシー

 地球という有限な環境の中で生活する人類は、多様な自然や生物と共存しながら豊かな人間社会を持続させて行くために、それを構成する各種の高性能人工物を構築・建造するとともに、その中でどのように生活すれば地球や地域への環境負荷や人間へのリスクを軽減・抑制できるかを工夫しなければなりません。そのためには、人間社会に含まれる多くの現象を分析するとともに再びそれを総合化し、さらに創造していくという高度な能力が要求されます。
 地球総合工学科の教育・研究は、このような自然と調和する人間社会を実現するために、自然、人間文化と工学の融合、快適性の追求と有限な資源との調和、最先端技術の創造といったシステムや技術に関する高度な専門知識の継承と発展をめざして行い、地球の持続可能な未来に配慮しつつ魅力的な人間社会を創造できる、高い倫理観を有する人材を養成することを目標にしています。
以上のような考えにたち、地球総合工学科は次のような人を求めます。

1. 持続可能な地球環境、自然環境の保全、都市や地域の創造と保全、循環型社会の形成、および船舶・建物・交通・防災関連施設など人間生活の場に現れる人工物について深い関心を持っている人
2. 数学、英語、理科、社会、国語などの高い基礎学力を有している人
3. 「自ら考え、行動できる意欲と能力」、「異文化を理解しコミュニケーションを図り他者と協働できる能力」を持った向上心あふれる人
4. 「柔軟な思考力」、「豊かな感性」、「人間や自然界に対する探求心」などの素養を持っている人
▲たたむ

大阪大学工学部|ウェブオープンキャンパス
ブログ 阪大工学部の散歩道
公募情報
大阪大学未来基金 工学部・工学研究科 教育研究事業
大阪大学研究室総覧
ラ・シェーナ
工学部・工学研究科同窓会
©School / Graduate School of Engineering Osaka University. | 大阪大学工学部/大学院工学研究科 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 TEL.06-6877-5111(代)