大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ
大阪大学 工学部/工学研究科 Instagram
大阪大学 工学部/工学研究科 Twitter
アクセスマップ
大阪大学
English
国際交流ネットワーク
海外からの来訪

平成30年6月13日(水)

東南大学ご一行の来訪

 平成30年6月13日(水)、東南大学(中国)ご一行が、医学系研究科への訪問と大阪大学総長への表敬訪問の後、工学部・工学研究科と東南大学生物化学・医学科学院との間における部局間学術交流協定(および学生交流覚書)調印のため、本研究科を訪問されました。調印式後には、ご一行は田中研究科長および本研究科教員と今後の交流に関して闊達な意見交換を行いました。


写真左から
Prof. Yao Honghong(東南大学医学院副院長)
Prof. Lu Weiwei(東南大学外国語学院日本語学科長)
Prof. Ge Ming(東南大学建築学院副院長)
Prof. Ye Zhirui(東南大学国際交流オフィス長)
Prof. Gu Zhongze(東南大学生物化学・医学科学院長)
Prof. Zhang Guangjun(東南大学長)
田中 敏宏 教授(大阪大学大学院工学研究科長)
桑畑 進 教授(大阪大学大学院工学研究科)
木田 敏之 教授(大阪大学大学院工学研究科)
中山 健一 教授(大阪大学大学院工学研究科)
藤内 謙光 准教授(大阪大学大学院工学研究科)

平成30年3月29日(木)

ナイジェリア大学学長の来訪

 平成30年3月29日(木)、ナイジェリア大学(ナイジェリア連邦共和国)のBenjamin Chukwuma Ozumba教授(学長)およびJames Chukwuma Ogbonna教授(副学長、研究・教育担当)が、両大学間の交流促進のため本研究科を訪問されました。
 田中研究科長の表敬訪問後、関連教員と、部局間学術交流協定の締結に向けた具体的な意見交換が行われました。


写真左から
大政 健史 教授(大阪大学大学院工学研究科)
Prof. James Chukwuma Ogbonna(ナイジェリア大学副学長(研究・教育担当))
Prof. Benjamin Chukwuma Ozumba(ナイジェリア大学学長)
田中 敏宏 教授(大阪大学大学院工学研究科長)

平成30年2月5日(月)

マレーシア科学大学ご一行の来訪

 平成30年2月5日(月)、大阪大学大学院工学研究科とUniversiti Sains Malaysia (マレーシア科学大学)との間で、ラボ設置に関する覚書が交わされました。
 大阪大学大学院工学研究科とマレーシア科学大学は学術交流協定及びダブル・ディグリー・プログラム協定をすでに結んでおり、今回の協定で両校間の研究および教育協力がますます進むことが期待されます。


写真左から森川 良忠 教授、田中 敏宏 教授
(以上、大阪大学大学院工学研究科)
Prof. Datuk Dr. Asma Ismail、Prof. Dr. Abdul Rahman Mohamed
(以上、Universiti Sains Malaysia)

平成28年11月18日(金)

オーストラリア・マッコーリー大学ご一行の来訪

 平成28年11月18日(金)、オーストラリア・マッコーリー大学理工学部ご一行が本研究科を訪問され、部局間学術交流協定の調印式を行いました。
 ご一行は、田中研究科長を表敬訪問された後、今後の交流に関して懇談を行いました。


写真左からBarbara Messerle学部長、田中敏宏工学研究科長

平成28年6月3日(金)

ベトナム国家大学ハノイ校及び日越大学ご一行の来訪

 平成28年6月3日(金)、ベトナム国家大学ハノイ校及び日越大学ご一行が、田中研究科長を表敬訪問されました。
 ご一行は、田中研究科長を表敬訪問された後、産学連携活動を視察するため協働研究所を見学されました。


集合写真

平成28年3月30日(水)

Lyceum of the Philippines Universityご一行の来訪

 平成28年3月30日(水)、Lyceum of the Philippines University(CAVITE CAMPUSD)ご一行が、田中研究科長を表敬訪問されました。
 ご一行は研究科長を表敬訪問された後、本研究科関係者と、部局間交流協定の締結に向けた具体的な意見交換を行いました。


集合写真

平成27年11月4日(水)

ベトナム・日越大学準備委員会ご一行の来訪

 平成27年11月4日(水)、ベトナム・日越大学準備委員会ご一行が、主に日本の大学運営に関する情報収集並びに意見交換のため、本研究科を訪問されました。
 ご一行は、田中研究科長を表敬訪問された後、本研究科関係者との意見交換を行いました。


写真左から
澁谷陽二教授
Hồ Như Hải副局長(日越大学準備委員会、組織・人事・経営管理担当)
Nguyễn Hiệu人事本部長(ハノイ国家大学)
田中敏宏工学研究科長
Nguyễn Hoàng Oanh副局長(日越大学準備委員会、教学・研究担当)

平成27年10月08日(木)

オランダ王国・グローニンゲン大学Senior Policy Advisorの来訪

 平成27年10月8日(木)、グローニンゲン大学(オランダ王国)のSenior Policy Advisor Houwers Jodienさんが、両大学間の交流促進のため本研究科を訪問されました。田中研究科長の表敬訪問後、国際関係教職員と部局間学術交流協定の締結に向けた具体的な意見交換が行われました。


写真左から
Ms. Jodien Houwers, MA
田中敏宏工学研究科長

平成27年05月11日(月)

大韓民国・延世大学校ご一行の来訪

 平成27年5月11日(月)、延世大学校大学院研究科長ご一行が、学生交流等に関する懇談のため、本研究科を訪問されました。
 ご一行は、掛下研究科長を表敬訪問され、続いて、本研究科やCARENの教員と意見交換を行いました。


握手する掛下工学研究科長(左)とSung Been Moon大学院研究科長

平成27年04月21日(火)

タイ王国・マヒドン大学とのダブル・ディグリー・プログラム協定調印式

 平成27年4月21日(火)、タイ王国・マヒドン大学理学研究科ご一行が、ダブル・ディグリー・プログラムの協定を締結するため、本研究科を訪問されました。
 本協定締結により、これまでに多数の留学生を教育してきた英語コースの一つである「バイオテクノロジーグローバル人材育成特別プログラム」が、博士前期課程「ダブル・ディグリー・プログラム」としてマヒドン大学との連携により実施されることになりました。


締結後の集合写真

平成27年04月21日(火)

タイ王国・キングモンクット工科大学トンブリ校とのダブル・ディグリー・プログラム協定調印式

 平成27年4月21日(火)、タイ王国・キングモンクット工科大学トンブリ校工学研究科並びに生物資源工学研究科のご一行が、ダブル・ディグリー・プログラムの協定を締結するため、本研究科を訪問されました。
 本協定締結により、これまでに多数の留学生を教育してきた英語コースの一つである「バイオテクノロジーグローバル人材育成特別プログラム」が、博士前期課程「ダブル・ディグリー・プログラム」としてキングモンクット工科大学トンブリ校との連携により実施されることになりました。


締結後の集合写真

平成26年12月05日(金)

インドネシア共和国・バンドン工科大学とのダブル・ディグリー・プログラム協定調印式

 平成26年12月5日(金)、インドネシア共和国・バンドン工科大学生命科学技術学研究科のご一行が、ダブル・ディグリー・プログラムの協定を締結するため、本研究科を訪問されました。
 本研究科からは、掛下研究科長、福崎教授、村中教授、藤山教授、渡邉教授(生命先端工学専攻)が出席し、これまでに多数の留学生を教育してきた複数の英語コースのなかから「バイオテクノロジーグローバル人材育成特別プログラム」が、博士前期課程「ダブル・ディグリー・プログラム」としてインドネシア共和国のバンドン工科大学との連携により実施されることになりました。


写真左から、
Sastia Prama Putri特任助教
藤山和仁教授
福崎英一郎教授
渡邉肇教授
掛下知行研究科長
村中俊哉教授
(以上、大阪大学)
Prof. Tati Suryati Syamsudin (生命科学技術学研究科長)
Dr. Pingkan Aditiawati (教務担当副研究科長)
Dr. Anggraini Barlian (バイオテクノロジー学科長)
Dr. Dea Indriani Astuti(講師)
(以上、バンドン工科大学)

平成26年11月25日(火)

フィリピン共和国・フィリピン師範大学とのダブル・ディグリー・プログラム協定調印式

 平成26年11月25日(火)、フィリピン共和国・フィリピン師範大学学長及び大学院教員教育研究科のご一行が、ダブル・ディグリー・プログラムの協定を締結するため、本研究科を訪問されました。
 本研究科からは、掛下工学研究科長、笠井教授(精密科学・応用物理学専攻)が出席し、これまでに多数の留学生を教育してきた複数の英語コースのなかから「量子エンジニアリングデザイン研究特別プログラム」が、博士後期課程「ダブル・ディグリー・プログラム」としてフィリピン共和国のフィリピン師範大学との連携により実施されることになりました。


写真左から、
坂上護特任准教授
笠井秀明教授
掛下知行研究科長
(以上大阪大学)
Dr. Zenaida Reyes (教員教育研究科長)
Dr. Ester B. Ogena (学長)
Dr. Maria Antoinette Montealegre (副学長)
Dr. Eden Evangelista(教員教育研究科副研究科長)
(以上フィリピン師範大学)

平成26年10月20日(月)

タイ王国・マヒドン大学ご一行の来訪

 平成26年10月20日(月)タイ王国・マヒドン大学国際関係担当副学長および工学部ご一行が、本研究科との学術交流促進のため訪問されました。本学からは、掛下工学研究科長、藤山教授(生物工学国際交流センター)、藤田教授(工学研究科国際交流推進センター)がミーティングに参加し、学生交流やダブルディグリー、教員交流、共同研究の可能性などについて議論が及びました。ご一行は、ウルトラクリーンルーム実験施設(超精密科学研究センター)、生体システム・デバイス講座および超高圧電子顕微鏡センターへの見学および工学研究科教員とのディスカッションを行いました。


写真左から、
Dr. Supphachan Rajsiri(産業工学専攻長)
Dr. Bovornlak Oonkhanond(化学工学専攻長)
Dr. Songpol Ongwattanakul(教育工学・広報担当副学長)
藤田清士教授
Dr. Gunn Kanatarntip(財務・学務担当副学長)
掛下知行工学研究科長
Dr. Surakit Nathisuwan(国際関係担当副学長)
Mr. Worawit Israngkul(工学部長)
Dr. Jackrit Suthakorn(生体工学専攻長)
Ms. Choladawan Moonjaita(生体工学専攻講師)

平成26年6月19日(木)

インドネシア共和国・バンドン工科大学とのダブル・ディグリー・プログラム協定調印式

 平成26年6月19日(木)、インドネシア共和国・バンドン工科大学産業技術学科並びに数学・自然科学科の学科長ご一行が、ダブル・ディグリー・プログラムの協定を締結するため、本研究科を訪問されました。
 本研究科からは、掛下研究科長、田中副研究科長、笠井教授(精密科学・応用物理学専攻)が出席し、これまでに多数の留学生を教育してきた複数の英語コースのなかから「量子エンジニアリングデザイン研究特別プログラム」が、本学では初めてとなる博士後期課程「ダブル・ディグリー・プログラム」としてインドネシア共和国のバンドン工科大学との連携により実施されることになりました。


写真左から、坂上護特任准教授、田中敏宏副研究科長、Sastia Prama Putri特任助教、掛下知行研究科長、笠井秀明教授 (以上大阪大学)、Prof. Bermawi P. Iskandar (産業技術科学科長)、Assoc. Prof. Suprijadi Haryono、Prof. Umar Fauzi (数学・自然科学科長)、Assoc. Prof. Nugraha Tapran、Dr. Triati Dewi Kencana Wungu (以上バンドン工科大学)

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 / TEL.06-6877-5111(代)

©School / Graduate School of Engineering Osaka University.