TOPICS


2017年09月22日

【プレスリリース】『高速MRIにより粉体層内部の運動をリアルタイムに見える化』

詳細はこちら


2017年09月21日

工学研究科学生が日本生物工学会「博士後期課程学生口頭発表 最優秀賞」を受賞

 生命先端工学専攻の博士後期課程学生 兼吉 航平さん(D2)が「第69回日本生物工学会大会・若手会シンポジウム博士後期課程学生口頭発表 最優秀賞」を受賞しました。
 本賞は、生物工学若手研究者の集い(生物工学若手会)より、博士後期課程学生を対象として最も優れた発表者に授与されるものです。兼吉さんは「高生産株の構築を目指した抗体生産CHO細胞内の分泌過程解析」の発表が高く評価され、本賞を受賞しました。

生物工学若手会
表彰状


2017年09月21日

山野 範子招へい教員と大政 健史教授が「生物工学論文賞」を受賞

 生命先端工学専攻の山野 範子招へい教員と大政 健史教授が、「第25回 生物工学論文賞」を受賞しました。
 本賞は、日本生物工学会より、前年に発行された学会誌(生物工学会誌及びJournal of Bioscience and Bioengineering)に原報文またはノートとして発表されたものを対象として、生物工学の進歩に寄与した論文に授与されるものです。山野招へい教員と大政教授は「Increased recombinant protein production owing to expanded opportunities for vector integration in high chromosome number Chinese hamster ovary cells」の論文が高く評価され、本賞を受賞しました。

日本生物工学会HP
表彰状(山野先生)
表彰状(大政先生)
生物工学論文賞を受賞した山野先生


2017年09月20日

edX公開オンライン授業配信

生命先端工学専攻の生物資源工学領域(福崎研究室)より公開オンライン授業edXで“Metabolomics in Life Sciences”を開講致します。10/3スタートですので代謝物分析にご興味のある方はぜひご登録ください。

ご案内、登録ページはこちら


2017年09月19日

新間 秀一准教授が「Outstanding Team Presentation Award」を受賞

 生命先端工学専攻の新間 秀一准教授が、日本医療研究開発機構(AMED)-ニューヨーク科学アカデミー(NYAS)合同ワークショップ"Interstellar Initiative"において「Outstanding Team Presentation Award」を受賞しました。
 本ワークショップでは、AMEDより選抜された若手研究者がニューヨーク科学アカデミーに派遣され他国(シンガポール及び欧米)から派遣された研究者とチームを作り、「がん研究」「再生医療」「神経科学」に関する分野で日本人研究代表者として研究提案を行いました。今後、その研究提案を元に国際共同研究を実施していきます。なお、新間准教授は3月に開催された第1回のワークショップでの受賞に引き続き「がん研究」の分野で2度目の受賞となりました。

生命先端工学専攻 生物工学コース受賞ページ
ニューヨーク科学アカデミーInterstellar initiativeページ

すべて見る

EVENTS

現在イベント情報はございません。

すべて見る