大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
大阪大学 工学部/工学研究科 Facebokページ
大阪大学 工学部/工学研究科 Instagram
大阪大学 工学部/工学研究科 Twitter
アクセスマップ
大阪大学
English
イベント
HOME > 更新情報 > イベント
一覧
  

2019年11月01日 
2019年11月03日 
2019年11月05日 
2019年11月25日 
2019年11月26日 

吹田キャンパス 工学部エリア

吹田祭は、多くの大学祭が学生主体で行われているのに対し、教職員と学生が一緒になって、実施しています。今回で48回目にあたる記念すべき吹田祭を開催するに当たり、すっかり定着した学生主導の10月のスポーツ大会から始まり、技術部による炊出し訓練(11/1)、大阪大学室内楽アンサンブルによる音楽会(11/3)、准教授会による講演会(11/5)、学生主体のビアパーティー(11/5)、そして、お茶席や展示会(11/25~26)に至るまで存分にお楽しみ下さい。

第48回吹田祭実行委員長  真鍋 勇一郎

[お問い合わせ先]
吹田祭事務局 大道徹太郎
Tel:06-6879-7458
Mail:ohmichi@tech.eng.osaka-u.ac.jp

2019年11月16日 14:30~18:00

大阪大学 中之島センター 10階 佐治敬メモリアルホール(注意)大阪府立大学 I-siteなんばから会場変更となりました

【対象:中高生・大学生・一般市民】
船は、世界の貿易や物流を担い、海底資源や水産資源の生産を促すことで、我々日本人の生活と文化を支えています。しかし、普段、このことを実感する機会はなかなかありません。このような船の未来について、それぞれの立場で研究・開発している3人に話を伺います。研究内容だけでなく、この分野の仕事をはじめたきっかけなどもお話しいただきますので、若い世代(中学生、高校生)の参加は大歓迎です。実はまだまだ発展途上の船の技術、それを研究開発する面白さを知っていただきます。奮ってお申し込みください。参加は無料です。

【プログラム:参加無料】
14:30 ~ 14:45 開会挨拶:海のことをもっとみんなで知ろう

14:45 ~ 15:30 未来の船と船のIoT
         -船の技術の大変革、燃料・ビッグデータ・自律操船などなど-
         佐藤 秀彦(株式会社 MTI)

15:30 ~ 16:15 AIによる自律操船
         -自動運航船の実現にむけて-
         橋本 博公(神戸大学准教授)

16:30 ~ 17:15 次世代エネルギー水素を運ぶ
         -世界初の液化水素運搬船の開発-
         稲津 晶平(川崎重工業株式会社)

17:20 ~ 17:50 総合討論 -なぜ、私は研究者・技術者になったのか-

【申し込み先】
https://www.jasnaoe.or.jp/mecc/event.html#20191116
上記HPの「第59回海洋教育フォーラム」の「参加申し込み受付フォーム」をクリックしてください。
申込なしでも参加可能ですが、事前に申し込みいただきますと、図や写真などが多数掲載された講演資料(無料)を確実にお渡しできます。

【主催・共催】
主催:
公益社団法人 日本船舶海洋工学会

共催:
大阪大学大学院工学研究科
神戸大学大学院海事科学研究科
大阪府立大学大学院工学研究科 航空宇宙海洋系専攻 海洋システム工学分野

後援:
大阪府教育委員会
京都府教育委員会
兵庫県教育委員会
和歌山県教育委員会
奈良県教育委員会

【本件問い合わせ先】
大阪大学大学院工学研究科
地球総合工学専攻(船舶海洋工学) 箕浦宗彦
Tel:06-6879-7571
Mail:minoura@naoe.eng.osaka-u.ac.jp

2019年11月20日 13:30~16:00

吹田キャンパス 工学研究科 センテラス・サロン

【概要】
研究室不登校、講義に出てこなくなる学生の対応には、ご苦労されていることと思います。このような学生への対応法につきまして、昨年もお越しいただきました日本大学名誉教授 川西利昌先生をお招きして講演会を開催することに致しました。

講師の川西先生は、研究室不登校の学生のカウンセリング、教職員向けの学生指導法について19年間にわたり取り組んで来られておられ、「理工系大学生と教員の心のケア」をご出版されております。

理工系の学生や教員が抱えている心の問題を指摘し、的確な対処法を紹介、教職員自身のストレスを軽減する方法も示され、臨床心理にも精通されておられる川西先生ならではのご講演を頂きます。

研究室不登校に関連して、その対応に苦慮される教職員・事務職員の方々におかれましては、今後の学生の関わり方に大きなヒントを頂けるものと考えております。

今回は、講演と演習による体験型の講演会です。

【講師】
川西利昌 教授(日本大学)

日本大学名誉教授 工学博士(海洋建築計測工学、建築紫外線学)
日本水産工学会理事 日本海洋工学会理事 日本沿岸海域学会理事
日本大学理工学部カウンセラー 学校心理士(日本教育心理学会)
日本工学教育協会主催:教育力向上セミナー講師
2018年度2018年度日本工学教育協会論文・論説賞受賞「理工系大学・高専の研究室不登校」
2006年7月同協会の論文・論説賞受賞「理工系学生と教員の心のケア」
2005年1月中国重科(重点科学技術)杯一等賞
2001年7月日本沿岸域学会出版・文化賞
著書日除け理論(デザインエッグ社)他、多数

【対象者】大阪大学全教職員

【定員】30名(先着順)

【参加費】無料

【備考】
体験演習の都合上、動きやすい服装、履物でご参加頂けますようお願い申し上げます。
本プログラムへの参加は「大阪大学FDポイント」が付与されます。

【本件問合せ先】
オープンイノベーション教育研究センター
イノベーション推進部門 根岸和政 negishi[at]coire.eng.osaka-u.ac.jp

【受講申し込み先】
オープンイノベーション教育研究センター
本間 honma[at]ceids.osaka-u.ac.jp

※[at]は@に置き換えてください。


---------【申込フォーマット】---------

・所属(      )
・職名(      )
・氏名(      )
・個人番号(      )*FDポイントの必要な方のみご記入ください
・備考(      )

-----------------------------------

2019年11月24日 15:00~
2019年11月25日 9:30~
2019年11月26日 9:30~

大阪大学 銀杏会館3階

近年発展が著しいラマンイメージング技術とそのバイオメディカル応用について、世界をリードしている研究者が国内外から集まります。展示会やNature姉妹紙のEditorとのパネルディスカッションを含む交流会も開催されます。同分野の研究者が一堂に会するシンポジウムで、ラマンイメージングの現状と将来展開について把握する良い機会ですので、ぜひ参加をご検討ください。

【主催(共催)】
産業技術総合研究所 先端フォトニクス・バイオセンシングオープンイノベーションラボラトリ
大阪大学 大学院工学研究科 フォトニクスセンター、JSPS先端研究拠点事業
日本分光学会 赤外ラマン分光部会

【お問い合わせ先】
Tel:06-6879-7847
Mail: bri2019@ap.eng.osaka-u.ac.jp

2019年12月05日 13:00~18:10
2019年12月06日 10:00~17:00

大阪大学 超高圧電子顕微鏡センター

大阪大学超高圧電子顕微鏡センターでは、文部科学省委託事業ナノテクノロジープラットフォーム・微細構造解析プラットフォームの活動の一環として、電子顕微鏡スクール(利用者講習会)を下記のように開催します。

物質材料科学・デバイス工学ならびに医学・生物学分野において透過電子顕微鏡による極微構造解析を必要とされる方、これから取り組みたいと希望される方は、この機会に御応募下さい。

【概要】
1日目は透過電子顕微鏡に関する講義、2日目は希望するコースに分かれて実習を行います。

【対象者】
大阪大学の研究者、大阪大学の博士後期課程/医歯薬系博士課程の大学院生および進学予定の博士前期課程2年生、学外(企業、他大学、公的研究機関など)の研究者。上記以外の方(博士前期課程学生など)は講義のみ聴講可能。

【参加費】
無料

【プログラム】

<講義>1日目(12月5日(木))
13:00-13:10  電顕スクール概要説明, 講師紹介
※以降の講義は可能な限り全て受講してください
13:10-14:10  透過電子顕微鏡法(TEM)
14:20-15:50  高分解能電子顕微鏡法(HRTEM)とSTEM、元素分析
16:00-17:00  電子線トモグラフィー法
17:10-18:10  生物試料の電子顕微鏡観察法

<実習>2日目(12月6日(金))
10:00-17:00  下記の各コースに分かれての実習(適宜休憩を取ります)
A 無機材料の電顕観察用試料加工
  定員4名程度
  使用装置: 集束イオン研磨装置(FIB:FB-2000A)
B 無機結晶微粒子・基板上結晶薄膜のTEM/STEM観察
  定員3名程度
  使用装置: 200kV高分解能電子顕微鏡(ARM-200F)
C  無機結晶中の欠陥・転位の電顕観察
  定員4名程度
  使用装置: 200kV電子顕微鏡(H-800)
D  生物試料作製法および電子顕微鏡観察
  定員5名程度
  使用装置: ミクロトーム, 100kV電子顕微鏡(H-7500)
E  生物試料の電子線トモグラフィー計測
  定員5名程度
  使用装置:300kV 電子顕微鏡(H-9500)
F  生体高分子のクライオ(低温)電子顕微鏡用試料作製と観察
  定員3名程度
  使用装置:氷包埋装置,クライオ電子顕微鏡(Titan Krios),
  100kV 電子顕微鏡(H-7000)
※実習内容の詳細については当日変更する場合があります

【申込方法】
電子メールにて、件名を「スクール参加申込」として、info-nanoplat(at)uhvem.osaka-u.ac.jp まで申込書(HP掲載)をお送りください

【申込締切】
11月1日(金)

【本件問い合わせ先】
大阪大学超高圧電子顕微鏡センター ナノテクノロジープラットフォーム事務局
Tel:06-6879-7941
Mail:info-nanoplat(at)uhvem.osaka-u.ac.jp

最近終了した5件のみ表示。年ごとの記事は左のリストよりお選びください。

2019年11月11日 13:00~17:35

大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

大阪大学は、2018年に指定国立大学法人となり、社会変革に貢献する世界屈指のイノベーティブな大学となることを標榜しています。
工学研究科はその先頭に立ち、“Innovation on Campus together with Industry”を実践し、超スマート社会のその先、さらに先、を目指しています。

今回のシンポジウムでは、「知」、「人材」、「資金」の好循環に向けて、本学が目指す産学共創による「研究開発エコシステム」の構築について、共同研究講座・協働研究所の取り組みを起点にして考えます。
あわせて、将来世代に持続可能な社会を引き継ぐための「フューチャー・デザイン」の視点からも現制度のありかたを考えるとともに、産官学の関係者からご提言をいただき、持続可能なイノベーションの創出に向けた実効性のある産学連携推進について意見交流を深め、全国の産学連携関係者へと発信します。


【申込先】
事前登録をご利用ください。
https://www-tech.eng.osaka-u.ac.jp/symposium/sympo2019
申込締切:2019年11月5日(火) *定員に達し次第締め切ります。

【主催】
大阪大学大学院工学研究科

【共催】
大阪大学共創機構産学共創・渉外本部

【お問い合わせ先】
大阪大学大学院工学研究科社会連携室
Tel:06-6879-4218
Mail:secretary[at]liaison.eng.osaka-u.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。

2019年11月06日 13:30~16:00

吹田キャンパス 工学研究科 センテラスサロン

【概要】
自閉症スペクトラム障害の原因を理解し、認知作業トレーニングなどの効果を知ること、教育現場でできることを模索する。学生が、自閉症スペクトラム障害ないし、その傾向にあることで、研究ペースについて来られない、コミュニケーションが円滑ではない、論理的文章構成が難しいなど、困惑されることも多々あると思います。

今回は自閉症スペクトラム障害に対する理解を深め、この障害ないし傾向にある学生に対しての教育指導のポイントについて、キャンパスライフ支援健康センターの望月先生からご教授いただきます。

前半は自閉症スペクトラム障害発達に対する理解について、後半は自閉症スペクトラム障害の学生に対する関わり方についてロールプレイを中心に体験していただく機会です。

【講師】キャンパスライフ健康支援センター 准教授 望月直人

【対象者】大阪大学全教職員

【定員】30名(先着順)

【参加費】 無料

【備考】本プログラムへの参加は「大阪大学FDポイント」が付与されます。

【本件問合せ先】
オープンイノベーション教育研究センター
イノベーション推進部門 根岸和政 negishi[at]coire.eng.osaka-u.ac.jp

【受講申し込み先】
オープンイノベーション教育研究センター
本間 honma[at]ceids.osaka-u.ac.jp

※[at]は@に置き換えてください。


---------【申込フォーマット】---------

・所属(      )
・職名(      )
・氏名(      )
・個人番号(      )*FDポイントの必要な方のみ
・備考(      )

-----------------------------------

2019年11月02日 11:00~15:00

吹田キャンパス 工学部 U3棟211講義室(午前)・各学科(午後)

※終了時間は予定です(学科によって異なります)

【概要】
2019年度入学の大阪大学工学部1年次生の保護者を対象とした説明会を開催いたします。
本説明会は、日頃学部学生の皆さんがどのような修学環境で、どのような教育方針に基づき教育を受けていらっしゃるかを、教員から直接ご説明させていただき、保護者の方にご理解いただくことを目的とするものです。

【定員】
250名(応用自然科学科66名、応用理工学科76名、電子情報工学科49名、環境・エネルギー工学科23名、地球総合工学科36名)

【申込み受付期間】
2019年10月1日(火)~15日(火)

【お問合せ先】
工学部教務課学生支援係
kou-kyomu-gs[at]office.osaka-u.ac.jp
※[at]は@に置き換えてください。

【その他】
詳細については、下記案内チラシ(PDF)をご覧ください。

2019年11月02日 10:00~18:00
2019年11月03日 10:00~18:00

豊中キャンパス 共通教育A棟 304・305号室

Robo Cafeは、小学生から高校生まで、友達から家族まで、あらゆる人にロボットを楽しんでもらえるよう、大阪大学の教員が工夫をこらした空間です。エンタメゾーンでは、大阪大学で生まれたたくさんのロボット達がお待ちしております。また、レクチャーゾーンでは、1からロボットを作る体験を通じて、ロボットとは何か?を楽しみながら学べる空間です。

【イベント名称】
Robo Cafe -ロボットが人に教えてくれること-

【企画】
末岡 裕一郎 助教 (工学研究科機械工学専攻)
南 裕樹 准教授 (工学研究科機械工学専攻)
大須賀 公一 教授(工学研究科機械工学専攻)

【対象】
メインの対象は小学生〜高校生の学生となりますが、どなたでもお越しいただいて構いません。また、ご家族で来場いただいても構いません。

【定員】
無し(ただし、ロボットレクチャーは先着50組まで)

【参加費】
エンタメゾーン:無料
レクチャーゾーン:5,000円(こちら https://readyfor.jp/projects/osukalabよりチケットを購入ください。

【レクチャーチケット申し込み締切】
2019年9月20日23時 (8/30までに購入いただいた方は早期割引で4,000円で参加できます)

【備考】
Robo Cafeのレクチャーゾーンには事前にチケット購入が必要となります。
エンタメゾーンは飛び入り参加も歓迎しています!

【お問い合わせ先】
 大阪大学大学院工学研究科機械工学専攻 大須賀・杉本研究室 末岡 裕一郎
 Tel:06-6879-4084
 Mail: sueoka[at]mech.eng.osaka-u.ac.jp <http://mech.eng.osaka-u.ac.jp>  (※[at]は@に置き換えてください)

2019年10月21日 13:00~17:40

大阪大学 吹田キャンパス センテラス3階 センテラス・サロン

【概要】
山村集落の人々は里山から薪や炭を得て日々の燃料とし、木々を利用して家を造り、時には猪などの獣を捕ってご馳走にしていました。里山を丁寧に耕し、米や稗粟、野菜を培っていました。人々は里山の恵みに感謝し、維持管理をしていました。その管理によって、人と野生の生物が共存する生活圏が形成されています。その生活圏では野生の自然界と同様に、多様性の高い生態系が形成され、人々は豊かな文化を構築し、自然と人の共生関係が維持されています。

しかし、都市の拡大による人口吸収は山村集落の人口を減少させ、高齢化を誘導しています。さらに、薪や炭から化石燃料への転換などの生活スタイルの変容も加わって、里山の管理と山村の文化の維持が困難になっています。

台湾も日本と同様、同じモンスーン地帯に属していて、水田耕作が盛んです。山の集落では山が維持管理され、自然と人の共生関係が形成されています。しかし、台湾でも急激な経済成長と都市化が進展していますので、自然と人の共生関係の崩壊が危惧されています。

一方、日本でも台湾でもグリーンツーリズムやボランティア活動によって、多くの人々が里山の生活圏で自然と人の共 生関係を体感しています。私たちは里山の維持に向けて、何をしなければならないかを考えるために、里山の教育研究に実績のある台湾の国立屏東科技大学社区林業中心(コミュニティ林業センター)と大阪大学工学研究科附属オープンイノベーション教育研究センターが連携してシンポジウムを開催します。皆様のご参加をお待ちしています。

【定員】
 50名(先着順)

【参加費】
 無料

【主催】
 オープンイノベーション教育研究センター
 台湾国立屛東科技大学農学院社区林業中心

【共催】
 日台里山交流会議、大阪大学 COデザインセンター

【申し込み先】
 sympo[at]coire.eng.osaka-u.ac.jp

【問い合わせ先】
 オープンイノベーション教育研究センター 
 工学教育融合部門 栗本 kurimoto[at]ceids.osaka-u.ac.jp
 ※[at]は@に置き換えてください。

2019年10月02日 13:30~16:00

吹田キャンパス 工学研究科 センテラスサロン

【概要】
ストレスと健康とは密接に関係しています。ストレスは無さ過ぎても有り過ぎても健康を害する要因です。大学における業務も多岐にわたり、ストレスフルな状況を鑑みることができます。健康で更なる良い研究・教育を実践するためには、ストレスとどのように付き合っていくのが最善なのかについて大阪漢方医学振興財団理事長 中本かよ先生をお招きしてご講演いただき、普及活動に取り組まれている【足助式医療體操】についてご紹介いただきます。

足助式医療體躁は、東洋医学の概念に基づいており自律神経を整え、腸を活性化することによって心身の症状を改善し、健康維持・増進を図る體躁です。生まれ直しの運動とも呼ばれており、赤ちゃんの成長過程を體操に取り入れることにより、快食・快便・快眠はもとより、内臓を鍛え血流を改善し、自力で全身の筋肉・筋膜にもアプローチする體操です。

【講師】大阪漢方医学振興財団理事長 中本かよ

【対象者】大阪大学全教職員

【定員】30名(先着順)

【参加費】無料

【備考】
体験演習の都合上、動きやすい服装、履物でご参加頂けますようお願い申し上げます。
本プログラムへの参加は「大阪大学FDポイント」が付与されます。

【本件問合せ先】
オープンイノベーション教育研究センター・イノベーション推進部門
negishi[at]coire.eng.osaka-u.ac.jp

【受講申し込み先】
オープンイノベーション教育研究センター 本間
honma[at]ceids.osaka-u.ac.jp

※[at]は@に置き換えてください。

---------【申込フォーマット】---------

・所属(      )
・職名(      )
・氏名(      )
・個人番号(      )*FDポイントの必要な方のみ
・備考(      )

------------------------------------

2019年09月12日 
2019年09月13日 

吹田キャンパス 工学研究科 U2・U3・R1棟

一般社団法人エレクトロニクス実装学会では、大阪大学大学院工学研究科等との共催で、第29回マイクロエレクトロニクスシンポジウム(MES2019)を、9月12日(木)と13日(金)に、吹田キャンパス 工学研究科 U2・U3・R1棟にて、開催いたします。
招待講演2件と幅広い分野から最新の研究論文が発表されます。
多くの広い分野の技術者・研究者の皆様に参加いただき、情報交換と交流を行っていただきたく、ご案内申し上げます。

また、今回のシンポジウムは、大阪大学の学生の方であれば、どなたでも無料で聴講いただけます。
大阪大学の学生の皆様におかれましては、ぜひ奮ってご参加ください。
(当日、参加登録(無料)が必要となりますので、学生証等、大阪大学の学生であることが確認できるものをお持ちください。)

さらに、本シンポジウムにおいて、9月13日(金)9時00分より、特別セッション「ミッションフェローセッション~未来を変えるクルマとは~」がR1棟3階311室(MES2019 C会場)にて開催されます。
この特別セッションは、学生であれば誰でも無料で参加いただけます。
ぜひ近隣の大学院生・大学生の方へもお声掛けの上、奮ってご参加ください。

詳細はリンク先および添付資料をご参照ください。

[本件問い合わせ先]
一般社団法人 エレクトロニクス実装学会 事務局
Tel:03-5310-2010
Mail:mes2019@jiep.or.jp

2019年08月23日 18:00~

大阪大学吹田キャンパス工学研究科内 センテラス・サロン

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、金曜日に教職員の心の潤いの場として、文化的行事を開催いたします。

今回は「1日だけのオーケストラ」企画です。この日のために結成されたオーケストラで、みなさんお馴染みの曲を演奏します。

教職員・学生のみならず、一般の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。
なお、飛び入りでの演奏も大歓迎です!!

【曲目】 ムソルグスキー:展覧会の絵より
     映画「Back to the Future」より

【指揮】 杉 和史(工学研究科ビジネスエンジニアリング専攻)

【会費】 大人 1,000円 子供 500円(軽食と飲み物を用意しています)

【申込み】 参加には事前申込みが必要となります。(先着100名様・締切8月16日)

【主催】 大阪大学大学院工学研究科

【問合せ】 工学研究科社会連携室 文化芸術部門
      TEL: 06-6879-4218
      E-mail : premium_Friday[at]liaison.eng.osaka-u.ac.jp
      ※[at]は@に置き換えてください

2019年08月09日 10:00~

大阪大学吹田キャンパス工学部

大阪大学工学部への進学を希望している皆さん(+進路指導担当の先生方、保護者様)を対象としてオープンキャンパスを開催します。

各学科ではそれぞれ趣向をこらして研究室や関連施設を紹介します。他にも受験生相談コーナーや女子高校生を対象としたイベントもあり、丸1日楽しめる内容になっています。

先輩たちをみて大学生活を想像したり、キャンパス内の雰囲気を知る絶好の機会ですので、ぜひご参加ください。

※【7月4日(木)18:00】より申込受付を開始いたします。

2019年08月02日 13:00~16:30

大阪大学吹田キャンパス 21世紀プラザ4階 創造工学センター

夏のおもしろ理科実験「風の力を利用しよう!」は、風の力で動くモノを製作し体験するイベントです。風に向かって走る「ウィンドカー」、床の上を滑る「ホバークラフト」を製作し、実際に動かしてみる事により風の力について興味を持ってもらい、理科とものづくりの面白さを体験してもらえたらと思います。

【対象】
 小学3年〜6年生のお子様とその保護者。必ず保護者同伴でご参加下さい。
 ※対象年齢未満のお子様につきましては、見学のみとさせていただきます。
 (保護者の監督の下で見学をお願いします)

【定員】児童32名
 ※ハガキ1枚につき児童2名まで

【参加費】無料

【申込締切】往復ハガキにて応募下さい(7月5日消印有効)

【申込方法】詳細は、技術部Webサイトにて公開
      https://www.tech.eng.osaka-u.ac.jp/
      申込多数の場合は抽選となります。

【お問い合わせ先】
 工学研究科・技術部 社会貢献グループ(担当/竹内)
 Mail:skoken[at]tech.eng.osaka-u.ac.jp
 ※[at]は@に置き換えてください。    

2019年07月10日 14:00~16:00

工学研究科 センテラス・サロン

【概要】学生の自死の原因・特徴を整理し、その対応策の具体的な方法を解説します。

【日時】2019年7月10日 14:00~16:00

【場所】吹田キャンパス センテラス3階 センテラスサロン

【講師】根岸和政

【対象者】大阪大学教職員限定

【定員】30名 [先着順]

【参加費】無料

【備考】本プログラムへの参加は「大阪大学FDポイント」に反映されます。

【本件問い合わせ先】
オープンイノベーション教育研究センターイノベーション推進部門 根岸和政 negishi[at]coire.eng.osaka-u.ac.jp 

【受講申し込み先】
オープンイノベーション教育研究センター 本間
honma[at]ceids.osaka-u.ac.jp

※[at]は@に置き換えてください。

2019年07月09日 13:30~17:00

千里ライフサイエンスセンター 802会議室

■参加費 無料

■申込方法
電子メールにて、件名を「地域セミナー参加申込」として、info-nanoplat@uhvem.osaka-u.ac.jp まで次の情報をお送りください。

①氏名(ふりがな)
②勤務先・所属(または大学名・学科名)
③住所・メールアドレス・電話番号・FAX 番号。

■申込締切
2019年6月28日

■申込(問い合わせ)先
大阪大学超高圧電子顕微鏡センター ナノテクノロジープラットフォーム事務局
〒567-0047 茨木市美穂ヶ丘7-1 TEL 06-6879-7941, FAX 06-6879-7942
メールinfo-nanoplat(at)uhvem.osaka-u.ac.jp
ホームページhttp://www.uhvem.osaka-u.ac.jp

■定員 30 名(先着)

2019年06月15日 14:00~17:00

大阪大学吹田キャンパス工学研究科 機械系M4棟2階M4-201講義室&機械系各研究室

●大学院入試説明会
日時: 2019年6月15日(土) 14:00~14:30
場所: 大阪大学吹田キャンパス工学研究科 機械系M4棟2階M4-201講義室

●研究室公開
日時: 2019年6月15日(土) 14:30~17:00
場所: 大阪大学吹田キャンパス工学研究科 機械系各研究室(ただし、すべての研究室が公開される訳ではありません)

注)事前の登録は必要ありません。

2019年06月12日 14:00~16:30

吹田キャンパス 工学研究科 U1E-505会議室

【概要】
相手に対する言動がどのような影響を与えているのか、他者視点に立つことの重要性 ハラスメントの可能性を軽減するための感情のコントロール法 ハラスメントの被害に遭うことを回避する方法 ハラスメントの被害を受けた時の対処法について、解説・演習を行います。

【講師】根岸和政

【対象者】大阪大学教職員限定

【定員】30名 [先着順]

【参加費】無料

【備考】本プログラムへの参加は「大阪大学FDポイント」に反映されます。

【本件問い合わせ先】
オープンイノベーション教育研究センターイノベーション推進部門 根岸和政 negishi[at]coire.eng.osaka-u.ac.jp

【受講申し込み先】
オープンイノベーション教育研究センター 本間
honma[at]ceids.osaka-u.ac.jp

※[at]は@に置き換えてください。

2019年06月07日 17:00~19:00

大阪大学吹田キャンパス工学研究科内 センテラス・サロン

工学研究科では、『Premium Friday for Engineering』と題し、金曜日に教職員の心の潤いの場として、文化的行事を開催いたします。
今回は工学四方山話 Vol.2としてⅠ部講演会(17:00-18:00)Ⅱ部は講演の丸山美帆子先生を囲んでの交流会を企画しております。
教職員・学生のみならず、一般の方の参加も歓迎しますので、ぜひご来場ください。
なお、飛び入りでの演奏も大歓迎です!!

【内容】 
<Ⅰ部:講演会> 17:00-18:00
 結晶成長を軸につながる世界 「研究を楽しくする私なりの方法」
 大学院工学研究科 電子電気情報工学専攻
 日本学術振興会特別研究員
 丸山 美帆子

<Ⅱ部:交流会> 18:00-19:00

【参加費】 499円 (交流会参加者のみ)
      *500円ご持参ください。お釣りは当方でご用意します

【主 催】 大学院工学研究科

【申込み】 事前登録をご利用ください。
      事前登録:https://kokucheese.com/event/index/566151/

【問合せ】 工学研究科社会連携室 文化芸術部門
      TEL: 06-6879-4218
      E-mail : premium_friday@liaison.eng.osaka-u.ac.jp

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 / TEL.06-6877-5111(代)

©School / Graduate School of Engineering Osaka University.