大阪大学 工学部/工学研究科 Homeへ
アクセスマップ
大阪大学
English

工学研究科の特色
HOME > 学部・大学院 > 工学研究科の特色
大学院の重視

工学研究科は、高度の専門知識を持つ創造的研究者と先進的技術者の育成を目指しています。本研究科は、昭和28年(1953)に新学制による修士課程・博士課程を有する新しい大学院として、旧制度の大学院の果たしてきた使命を更に大きく発展させる高度の教育と研究を行う組織としてスタートを切りました。当初は機械工学、応用化学、醗酵工学、冶金学、造船学、電気工学、精密機械学、応用物理学、通信工学、溶接工学、構築工学からなる11専攻が設置されましたが、科学技術の進歩と社会の要請に呼応して大きい発展を遂げ、平成5年(1993)には22専攻を有する規模の研究科になりました。

これらの専攻の大部分は工学部の各学科との関連で設置されたものですが、科学技術の学際的広がり、先端科学技術にかかわる教育・研究体制の整備、応用指向の技術教育から創造的研究能力・技術開発能力の養成に向けての教育重点の移行など大学院重点化改革の一環として、平成7年度から総合的再編を進めてきました。

平成7年度には、応用自然科学系(物質・生命工学、分子化学、物質化学、応用生物工学、精密科学、応用物理学の6専攻群)、平成8年度には電子情報エネルギー系(電子情報エネルギー工学、電気工学、通信工学、電子工学、情報システム工学、原子力工学の6専攻群)、平成9年度には、応用理工学系(知能・機能創成工学、機械物理工学、機械システム工学、電子制御機械工学、マテリアル応用工学、マテリアル科学、生産科学の7専攻群)、平成10年度には、地球総合工学系(地球総合工学、船舶海洋工学、土木工学、建築工学、環境工学の5専攻群)、平成16年度には、独立専攻としてビジネスエンジニアリング専攻が設置されました。平成17年度には、科学技術の急速な発展や多様化する社会の要求に対応するため、新たな学問領域を創成する目的で現在の10専攻に改組されました。

工学研究科では、大阪大学の伝統である自由で創造的な研究を行う学風を受けて、多くの世界的な優れた研究成果を上げています。また、優秀な創造力に富む研究者・技術者を育成するために工学研究科に所属する教員にとどまらず、産業科学研究所接合科学研究所レーザーエネルギー学研究センターサイバーメディアセンター超高圧電子顕微鏡センターなど、学内他部局から、また学外からも優れた教員を迎え、熱心な指導と活発な研究活動が行われています。

現在の工学研究科の入学定員は博士前期課程(修士課程)790名、博士後期課程184名で、昭和28年の新制大学院の発足以来、工学修士の学位取得者は28,229名、工学博士の学位取得者は7,281名(うち、課程博士4,340名、論文博士2,941名)となっています(平成28年3月現在)。学部卒業生44,585名(平成28年3月現在)とともに、産官学各界において重要な役割を果たしています。

大学院の標準修学年限は博士前期課程2年、博士後期課程3年ですが、優秀な学生は早期修了することもできますので、奮って大学院に進学して下さい。



教育目標、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー

教育目標、カリキュラムポリシー、ディプロマポリシー 

大阪大学工学部|ウェブオープンキャンパス
ブログ 阪大工学部の散歩道
公募情報
大阪大学未来基金 工学部・工学研究科 教育研究事業
大阪大学研究室総覧
ラ・シェーナ
工学部・工学研究科同窓会
©School / Graduate School of Engineering Osaka University. | 大阪大学工学部/大学院工学研究科 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 TEL.06-6877-5111(代)