工学部の特色・学科紹介

工学部の特色

大阪大学工学部ってどんなところ?

大阪大学工学部ってどんなところだと思いますか?他の大学と何が違うのでしょうか。その大きな特徴は、最先端の研究成果を実際に世の中に役立てる “実学” を重視しているところです。現在、我が国の産業経済界を元気づけるために、大学と企業との連携の必要性が叫ばれていますが、大阪大学工学部では、設立当初から他の大学に先んじて、この”実学”の発展に力を入れていました。そのような気風の中、我が国最初の教官が創った大学発ベンチャーは大阪大学工学部から生まれています。

また、21世紀を迎え、産業の再構築と新たなる創造、また新たなる社会システムの創出が必要な時代を迎えています。知のフロンティアを開拓することがミッションである大学も、従来とは異なる新しいスタイルを模索しなければなりません。大阪大学工学部では、フロンティア研究機構という新しい大学のスタイルを創造するための組織が、我が国の工学部では初めて設立されました。

このように、大阪大学工学部は、常に新しい大学の姿を探求し続ける、最も進化した大学と言えるでしょう。大阪大学工学部は、以下に示す、応用自然科学科、応用理工学科、電子情報工学科、環境・エネルギー工学科、地球総合工学科の5つの学科からなります。

工学部の教育目標および各ポリシー

続きを読む

5大学科制の特色

応用自然科学科のウェブサイトはこちら
応用理工学科のウェブサイトはこちら
電子情報工学科のウェブサイトはこちら
環境・エネルギー工学科のウェブサイトはこちら
地球総合工学科のウェブサイトはこちら

大阪大学工学部の特色というと、まず「5大学科制」があげられるでしょう。工学部へ入学を希望するみなさんは次の5つの学科から1つを選択して受験することになります。

これらの「大学科」には「学科目」(従来の学科にあたるもの)が1~4含まれています。 入学するとまず学科全体に共通する基礎的な講義を受講し、その分野に共通する基礎知識を学びます。その後各学科内の学科目にわかれ(分属といいます)それぞれの学科目ごとに特色のある専門科目を学びます。

従来の小さい学科制では、受験する時点で学科目のレベルで進路を決定しなくてはなりませんでした。すでに明確に自分の進路を見据えている人にとっては非常にわかりやすい方式なのですが、これから専門的な学問を学ぼうというみなさんにこの決定はなかなか大変なことだと思います。

また一部の大学が実施している工学部全体、あるいは1類、2類といった大きな分類で入試を実施する方式では、受験する時点ではおおまかに進路を決めればよいというメリットがあります。しかし、工学には非常に多彩な分野が存在するため、入学後どの分野に進むことになるかが見えにくく、中には自分の進路に不安を持つ人もいるようです。

大阪大学工学部では、5つの学科に分野をわけ、学科ごとに定員枠を設けて入試を実施しています。そのため、入学後に学ぶ工学分野はある程度定まっていますが、具体的にどの学科目を選ぶかは、進学してから実際に授業を受けたり、先輩に意見を聞いたりしながら決めることができるメリットがあります。

続きを読む

学科紹介

学科一覧

工学部は、5学科で構成されています。それぞれの学科には1〜4つの「学科目」があります。

  • 応用自然科学科

    学部入試情報学科Web Site

    あらゆる自然現象を自在に操り、新しい技術を創り出す

    応用化学科目
    応用生物工学科目
    物理工学科目
    応用物理学科目

    応用自然科学科では物理・化学・生物のあらゆる分野に渡った研究を行っています。1年次は共通教育を通して大学における物理・化学・生物学の面白さに触れながら進路を選び、2年次から「応用化学」「応用生物工学」「物理工学」「応用物理学」の学科目に分かれて専門分野を学習します。4年次になると物理学を駆使した究極のものづくりや革新的な光計測技術の開発、分子レベルでの化学反応の制御、動植物や酵素・遺伝子工学に基づいた生命科学の構築といった世界をリードする研究に一緒に取り組むことができます!

  • いま、世界は人間と自然との共生の時代を迎えています。工学には資源枯渇や環境汚染、地球温暖化といった地球規模の問題を解決するという大きな責任と活躍の場があります。応用理工学科は、「ものづくり」の最も重要な基盤である3つの分野、すなわち機械工学(Mechanical Engineering)、材料科学(Material Science)そして生産科学(Manufacturing Science)の3つのMを統合した大阪大学独自の総合学科です。そして、それぞれの学問分野における教育システムは、機械工学科目とマテリアル生産科学科目(マテリアル科学コース・生産科学コース)として構成されています。当学科では、原子・分子レベルでの新素材創製から自動車・ロボット・航空宇宙機などあらゆる人工物の生産までを対象とし、材料科学・力学をはじめ、設計・熱/流体・生産・制御、情報など工学の基礎をしっかりと身につけ、機械、材料、生産の分野から未来を開拓するテクノロジーを創出する能力を養う教育・研究体制を整えています。卒業生はこれらの分野のパイオニアとして活躍しています。

  • 電子情報工学科

    学部入試情報学科Web Site

    ナノから宇宙まで、生命からロボットまで、
    「地球のミライ」をデザイン

    電子情報工学科では、電気信号、情報、電気エネルギーを自由自在、高速、かつ正確に伝送、処理、制御する技術とコンピュータを中心とするシステムに関する技術の基礎を教育しています。5G技術・スマートグリッド・ナノ技術・マルチメディア・生命工学・ロボット工学など、学問としての科学ではなく「人間や地球を守り、生活環境を豊かにする」ための生きた研究に取り組んでいます。

  • 環境・エネルギー工学科

    学部入試情報学科Web Site

    21世紀の環境・エネルギーを創造する

    環境工学科目

    エネルギー量子工学科目

    環境・エネルギー工学科は、持続可能な人類社会を支える教育と研究を行うため、平成18年度に新設された学科です。本学科では、人類が直面している21世紀最大の課題「環境問題」と「エネルギー問題」に対して、体系的かつ総合的に対処でき、地球規模での課題の解決と持続可能な文明の発展に貢献できる優秀な人材の育成をめざしています。環境・エネルギー問題解決のために立ち上がってみませんか?意欲に燃えた若者の挑戦を期待しています。

  • 地球総合工学科

    学部入試情報学科Web Site

    自然・文化・工学の融合と新たな創造

    船舶海洋工学科目
    社会基盤工学科目
    建築工学科目

    地球総合工学科は、船舶海洋工学、社会基盤工学、建築工学の3つの分野から成ります。これら3分野を代表する船や橋、建物などの人々の生活に欠かせない構造物は、いずれも美しく強くて役に立ち、利用する人に心地よさを与え、そして低環境負荷かつ経済的でなければなりません。それらを目標として、基礎理論から種々の応用分野まで幅広く学びます。そして地球環境を総合的に捉え、安全・安心で快適な構造物と空間や環境をつくることができる人材を育成します。