研究成果 鎌田 敏郎教授らが「令和元年度 プレストレストコンクリート工学会賞(論文賞)」を受賞

 地球総合工学専攻の鎌田敏郎教授、寺澤広基助教、服部晋一特任助教、および卒業生の木部大紀さんが「令和元年度 プレストレストコンクリート工学会賞(論文賞)」を受賞しました。本賞は、プレストレストコンクリートに関する技術の進歩,発展に顕著な貢献をしたと認められる論文等を対象とし,平成30年から令和元年のプレストレストコンクリート工学会の各種刊行物に発表された論文,工事報告等から選ばれたものです。鎌田教授らは、論文「電磁的入力方法により励起されるシースおよび鋼棒の電磁場応答を用いたPCグラウト充填評価手法に関する基礎的検討」が高く評価され、本賞を受賞しました。 

公益社団法人 プレストレストコンクリート工学会 ホームページ