研究成果 竹内伸太郎 准教授が「(一社)日本機械学会 流体工学部門 一般表彰(フロンティア表彰)」を受賞

工学研究科機械工学専攻の竹内伸太郎准教授が、「(一社)日本機械学会 流体工学部門 一般表彰(フロンティア表彰)」を受けました。 本賞は、部門の掌握する技術分野を拡大する未知の分野への技術開発にチャレンジし、優秀な成果を得た個人またはグループに対して授与されます。

 竹内准教授は、固体間流路に対し,レイノルズ潤滑方程式で求まる圧力勾配と壁面速度で駆動されるクエット・ポアゼイユ流れの空間発達に帰着されるエレガントな潤滑解法を構築し、 非狭隘領域へ拡張可能な新しい潤滑理論を開拓したとし、本賞を受賞しました。