研究成果 CAADRIA 2021でBest Paper Award Runner-Upを受賞

国際会議CAADRIA 2021 (The 26th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research In Asia) でBest Paper Award – Runner Upを受賞(環境設計情報学領域 博士前期課程2年(2021年3月修了) 池野和之介君、福田知弘准教授、矢吹信喜教授)
2021年3月29日(月)~4月1日(木)にオンライン開催されている、国際会議CAADRIA 2021 (The 26th International Conference on Computer Aided Architectural Design Research In Asia) において、環境設計情報学領域(矢吹研究室)博士前期課程2年(2021年3月修了)の池野和之介君、福田知弘准教授、矢吹信喜教授がBest Paper Award – Runner Up(最優秀論文賞・準優勝)を受賞しました。
受賞した論文タイトルは「Can a Generative Adversarial Network Remove Thin Clouds in Aerial Photographs? : Toward Improving the Accuracy of Generating Horizontal Building Mask Images for Deep Learning in Urban Planning and Design(敵対的生成ネットワークは航空写真の薄い雲を除去できるか?:都市計画・設計におけるディープラーニングのための水平な建物マスク画像生成の精度向上に向けて)」です。

受賞所感(池野和之介君)
まさかのことで驚きました。高校生の時に初めて研究発表をしたCAADRIAで賞を頂けたことはとてもうれしく思います(兵庫県立 加古川東高等学校SSH課題研究成果を、CAADRIA 2014で発表)。
これを励みの一つに新生活も頑張っていこうと思います。

発表論文
Kazunosuke Ikeno, Tomohiro Fukuda, Nobuyoshi Yabuki, 2021, Can a Generative Adversarial Network Remove Thin Clouds in Aerial Photographs?: Toward Improving the Accuracy of Generating Horizontal Building Mask Images for Deep Learning in Urban Planning and Design, Proceedings of the 26th International Conference on Computer-Aided Architectural Design Research in Asia (CAADRIA 2021), Vol. 2, 377 – 386. http://papers.cumincad.org/data/works/att/caadria2021_117.pdf

大阪大学 大学院工学研究科 環境・エネルギー工学専攻 共生環境デザイン学講座
環境設計情報学領域(矢吹研究室)

CAADRIA 2021 (26th International Conference of the Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia Online and Global – Organised from Hong Kong)

CAADRIA (The Association for Computer-Aided Architectural Design Research in Asia) 学会

受賞の様子(オンライン)
表彰状
CAADRIA 2021 論文サイト(https://caadria2021.org/session-5C#117)