日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学部
  • 応用自然科学科
  • 応用生物工学科目


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    生物化学工学領域

    教授 大政 健史   准教授 古賀 雄一
    生物化学工学は、化学工学の方法論と考え方を生物に応用し、これを利用する学問体系です。私たちの研究室は産業生物化学工学を視点として、生物反応を産業応用するための研究をおこなっています。対象としては、抗体医薬や再生医療製品、ワクチンや幹細胞、そして微生物や産業応用酵素生産を目的とした、動物細胞、微生物細胞のセルエンジニアリングならびにその培養、さらにはダウンストリームまでを扱っています。

    生物資源工学領域

    教授 福崎 英一郎   准教授 新間 秀一   助教 SASTIA PRAMA PUTRI
    21世紀を迎え、環境、食糧、エネルギー問題が深刻化しています。今こそ「バイオテクノロジー」を鍵とした環境に優しい持続可能な社会システムの構築が熱望されています。『生物資源工学』とは、バイオテクノロジーの中核となる「バイオの力」を探索し、実用性を評価するための手法・技術を発見し、応用に結びつける学問です。我々は、メタボロミクス(代謝物総体解析)とイメージング質量分析をコア・コンピタンスとして問題解決に取り組みながら、バイオ業界の国際的リーダーたる人材を育成することをミッションと考えています。

    ゲノム機能工学領域

    准教授 杉山 峰崇   助教 笹野 佑
    私達は、酵母のゲノム機能の解明を目指して研究を進めています。酵母は、基本的な生命現象が高等生物とよく似ており、発酵生産にも多様されることから、そのゲノム機能を解明できれば、「生命科学」と「バイオテクノロジー」の両方の発展に貢献することが可能となります。そこで、ゲノム網羅的なストレス適応遺伝子の解析と高度発酵生産システムへの応用や新しいゲノム工学技術の開発と機能ゲノム科学への応用などを進めています。

    生命環境システム工学領域

    教授 渡邉 肇   准教授 松浦 友亮   助教 加藤 泰彦 
    私たちをとりまく環境の変化が、私たち人間を含めた生態系にどのような影響をおよぼすのかについては、十分な理解ができていません。そこで私たちの研究室では、環境と生命のかかわりをゲノムレベルで理解し、さらにこれを環境問題の解決に役立てるために研究をすすめています。

    細胞動態学領域

    准教授 内山 進
    染色体は遺伝情報であるDNAからなる細胞内構造体であるが、発見されてから既に100年以上経過するが、その高次構造形成のメカニズムについては未解明である。その染色体構造の解明を中心に当研究室では、研究を展開している。最先端のタンパク質解析法や可視化法を用いて、このメカニズム解明に向けて研究を推進するとともに、メカニズム解明に向けてナノテクノロジーとバイオロジーを融合させた新技術基盤の確立にも取り組んでいる。

    細胞工学領域

    教授 村中 俊哉   准教授 關 光   助教 福島 エリ オデット
    当研究室では、植物細胞がもつ様々な機能をタンパク質、遺伝子のレベルで解明し利用することで、産業、人々の健康向上、食糧増産、環境保全に貢献することを目指しています。特に、植物が生産する様々な有用化合物の生産に関わる遺伝子を探索し、それらを微生物に導入することで有用な化合物を大量生産する試みや、植物が持つ遺伝情報を自由自在に改変して有用な形質を付与する「ゲノム編集技術」の開発と応用に力を入れています。

    合成生物工学領域

    准教授 本田 孝祐   助教 岡野 憲司
    微生物や酵素を利用して様々な有用物質を生産するバイオプロダクション技術の開発を行っています。非常に高い温度でも生育できる好熱菌や有機溶媒中でも生きていける微生物などユニークな特性を持った生物に着目し、これらの機能を合理的に組み合わせることで、これまでにないバイオプロダクション技術を創出することを目指しています。

    生物プロセスシステム工学研究領域

    教授 紀ノ岡 正博   准教授 金 美海
    ヒト組織に対する生命現象を解明し、モデル化、最適化、計測、生産計画など生物生産プロセスに関する応用研究を行っています。特にiPS細胞を含む幹細胞からの分化制御やその装置設計に取り組んでおります。

    代謝情報工学講座[情報科学研究科]

    教授 清水 浩   准教授 松田 史生   助教 戸谷 吉博
    微生物を用いた物質生産のためのバイオプロセス(発酵プロセス)において、目的の物質の生産収率や生産性を改良するため、in silico 代謝デザインプラットーフォームの開発と分子育種の戦略立案および実証、13C代謝フラックス解析による代謝実験的評価を行っています。また、進化工学とマルチオミクス解析を統合し、バイオプロセスにおいて生じるストレスに強い細胞の創製を行っています。

    共生ネットワークデザイン学講座[情報科学研究科]

    准教授 市橋 伯一   助教 津留 三良
    生命は多くの要素が階層性を持ちながら相互作用し、ネットワークを構成しています。例えば、細胞内の生体分子が生化学反応で連結した反応ネットワークの上位階層には、個体間の相互作用による生態系ネットワークがあります。私たちは、これらの階層的なネットワークの解析が容易な人工細胞や人工共生系を実験的に構成し、得られた基礎的知見を持続可能なシステムのデザインと応用に役立てたいと考えています。また、これらのシステムをデザインできる人材育成を目指しています。

    分子微生物学領域[生物工学国際交流センター]

    教授 仁平 卓也   准教授 木谷 茂   助教 木下 浩
    分子微生物学研究室(Laboratory of Molecular Microbiology)は、微生物が秘めた可能性を分子生物学的な手法で探索し、人類に役立つ形で提供する術を研究することを目的としています。研究 対象としているのは、抗生物質などに代表される生理活性物質の2大生産菌である放線菌(Actinomycetes)と糸状菌(Filamentous fungi)です。膨大な潜在能力を秘めた微生物から、有用な化合物を発見し、生合成経路の解明、生合成に関わる酵素タンパク質の機能、生合成の制御に必要な種々の制御遺伝子の取得、更には生合成制御を行っている多段階の制御カスケードの解明を通じて、より早く、 容易に、又より合理的に新規な生理活性物質を取得する事が可能になります。

    応用微生物学領域[生物工学国際交流センター]

    教授 藤山 和仁   講師 三﨑 亮   助教 大橋 貴生
    私たちの研究室では、様々な生物(微生物、昆虫、植物、哺乳類細胞)を宿主とした医療用タンパク質生産技術の開発を行っている。特に、薬効に大きく影響する医療用タンパク質の糖鎖修飾に着目している。糖鎖修飾は生産に用いる細胞に依存し、ヒトと異なる構造の糖鎖で修飾された場合、ヒトに対して抗原性・アレルギー性を起こす可能性がある。そこで我々は、これら生産細胞の糖鎖修飾改変技術を開発し、ヒトに優しい構造を持った医療用タンパク質の生産にチャレンジしている。

    生体分子機能科学研究分野[産業科学研究所]

    教授 永井 健治   准教授 松田 知己   助教 新井 由之   助教 中野 雅裕
    創薬やテーラーメイド医療への応用に繋がる、より包括的な生理現象の理解に迫るためには、個々の生体分子の時間的・空間的な機能動態を知る必要があります。当研究室では遺伝子にコードされた生理機能センサーや新型顕微鏡の開発とそれらの技術を駆使した計測によりナノレベルのシステム的観点から生理現象の理解に迫ろうとしています。


    PAGE TOP