工学研究科 > 地球総合工学専攻 > 建築・都市デザイン学講座

建築・都市計画論領域

当研究室は人間と空間との関わりを深く考察し、人・社会・コミュニティが過去から未来へとより良く、より豊かになるための、建築・都市・地域空間の計画・デザインに関する研究と実践に取り組んでいます。人間と環境とは本来は「一体」でありともに進化し発展するという「人間・環境系」の視点を持ち、さらに私たちが直接体験する空間は、目に見えない社会組織、イメージ構造、経済的構造、地形・地盤によって支えられているという「地域コンテクスト」の観点から、研究・デザイン・まちづくりを展開しています。

建築・都市環境工学領域

本領域は、快適で健康的な居住空間、自然エネルギーを利用した環境調和建築、省エネルギー建築の実現のため、建築や都市における熱・空気・光・音などの諸環境を対象として「ひと」から「建築」に至る以下の分野での幅広い研究を行っている。
・環境心理生理:物理刺激と人間の心理生理反応との関係
・建築環境工学:建築環境の解析手法及び評価手法
・建築設備工学:設備システムの設計手法及び評価手法

建築・都市人間工学領域

建築あるいは都市空間における「空間構造・社会システム」と「人間の行動・心理」との相互関係を解明することにより、建築や都市の空間構成、防災計画、地域施設、住宅・住宅地の整備手法等に関する研究を行っています。

建築・都市形態工学領域

特任助教 高橋 彰

建築・都市形態工学領域は、建築や都市を形態に関わる課題として捉え、その形態構成のプロジェクトマネジメントの最適化に関する研究、組織・個人の枠組みにおけるコミュニティの構築に関する研究、大規模建築形態構成の危機管理プログラムの開発、建築設計における具体化のプロセスに関する研究、設計図にみられる図的表現法と図形情報処理に関する研究などを行う。

Page
Top