工学部 > 地球総合工学科 > 建築工学科目

建築地震地盤学領域

地震の揺れに対する建物の耐震性向上を目指して、木造の耐震性能、免震・制震構造、杭基礎、複合改良地盤、基礎と地盤の相互作用についての研究を行っています。また、巨大地震発生時の災害予測および建物の設計時に用いる入力地震動の高精度化を目指して、巨大地震の震源のモデル化、および強震動予測についての研究も行っています。

コンクリート系構造学領域

コンクリートを用いた各種構造形式:鉄筋コンクリート、プレストレストコンクリート及び鋼コンクリート合成構造の諸部材のひびわれ発生から、 破壊までの基礎的な耐震性能やそれらを用いた中高層、超高層建築架構の耐震的・力学的性状の研究を行っています。

鉄骨系構造学領域

建築構造物の中で鋼構造、鋼・コンクリート合成構造を主な対象として力学的な研究をおこなっています。その目的は、地震、 台風、雪などの荷重に対して安全で快適な建築空間を構成するための理論・手法を開発することです。具体的にはコンピューターによる数値解析や理論を確認するための実験を行っています。

SONY DSC

建築・都市計画論領域

建築・都市・地域空間を人間-環境系として捉え、これらをフィールドとして、社会空間・生態学・環境認知・場所形成などの総合的視点から調査研究を行い、新たな計画・デザイン論を構築することを目指している。また、近年の大災害への対応については、人口減少時代における都市・集落の再編のあり方が問われていると受け止め、場所・地域づくりの実践的活動を通して、新たな建築・都市・地域像の構築に貢献する。

建築・都市人間工学領域

建築あるいは都市空間における人間の特性や群集行動の法則性を見出し、空間構造と行動の相互関係を解明することによって、建築や都市の空間構成、デザイン、地域施設の計画、防災安全計画などに関する研究を行っています。

建築・都市環境工学領域

本領域は、快適で健康的な居住空間、自然エネルギーを利用した環境調和建築、省エネルギー建築の実現のため、建築や都市における熱・空気・光・音などの諸環境を対象として「ひと」から「建築」に至る以下の分野での幅広い研究を行っている。
・環境心理生理:物理刺激と人間の心理生理反応との関係
・建築環境工学:建築環境の解析手法及び評価手法
・建築設備工学:設備システムの設計手法及び評価手法

建築・都市形態工学領域

建築・都市形態工学領域は、建築や都市を形態に関わる課題として捉え、その形態構成のプロジェクトマネジメントの最適化に関する研究、組織・個人の枠組みにおけるコミュニティの構築に関する研究、大規模建築形態構成の危機管理プログラムの開発、建築設計における具体化のプロセスに関する研究、設計図にみられる図的表現法と図形情報処理に関する研究などを行う。

Page
Top