工学研究科 > 地球総合工学専攻 > 建築構造学講座

建築地震地盤学領域

地震の揺れに対する建物の耐震性向上を目指して、木造の耐震性能、免震・制震構造、杭基礎、複合改良地盤、基礎と地盤の相互作用についての研究を行っています。また、巨大地震発生時の災害予測および建物の設計時に用いる入力地震動の高精度化を目指して、巨大地震の震源のモデル化、および強震動予測についての研究も行っています。

コンクリート系構造学領域

コンクリートを用いた各種構造形式:鉄筋コンクリート、プレストレストコンクリート及び鋼コンクリート合成構造の諸部材のひびわれ発生から、 破壊までの基礎的な耐震性能やそれらを用いた中高層、超高層建築架構の耐震的・力学的性状の研究を行っています。

鉄骨系構造学領域

建築構造物の中で鋼構造、鋼・コンクリート合成構造を主な対象として力学的な研究をおこなっています。その目的は、地震、 台風、雪などの荷重に対して安全で快適な建築空間を構成するための理論・手法を開発することです。具体的にはコンピューターによる数値解析や理論を確認するための実験を行っています。

SONY DSC

Page
Top