工学研究科 > 電気電子情報通信工学専攻 > 集積エレクトロニクス講座

集積量子デバイス領域

新材料・新構造・新原理を用いた電子デバイスやそれらを集積化したシステムの実現に向けて、計算物理をベースとした理論的な研究を行なっています。極めて微細なデバイスにおいて原子レベルで現れる物理現象の解明から、集積システムの高性能化に至る、広い階層をまたぐ研究を行なっています。

集積機能システム領域

次世代IoT社会を支える半導体集積回路(LSI)の高性能化を目指し、超低消費電力回路設計技術、環境エネルギー利用システム開拓、およびワイドギャップ半導体材料の作製と評価に関する研究を行っています。 LSIチップ、デバイスの設計、試作、評価を通じて、新規LSIアプリケーションの創出を目指して研究を推進しています。

生体システム・デバイス領域

招へい教授 林田 祐樹

生物の脳神経系は、現在用いられているデジタル計算機とは全く異なるアルゴリズム・アーキテクチャによって、感覚情報の知的処理を実現しています。本研究室では、中でも視覚神経システムが持つ計算原理・メカニズムを神経科学の様々な研究手法により調べ、その知見を元に生体模倣型の電子デバイスシステムを開発しています。また近年では、人工視覚補綴などの医用応用を目指した神経系とのインターフェイスデバイスの基礎開発研究にも注力しています。

Page
Top