工学研究科 > 環境エネルギー工学専攻 > 環境資源・材料学講座

生物圏環境工学領域

微生物や植物など生物の力を利用した環境保全・浄化技術や資源・エネルギーの回収・リサイクル技術の開発を行っています。生物技術は、生来、経済性や省エネルギー・省資源性、環境適合性に優れ、環境技術として理想的な選択肢の一つです。生物体はバイオマスという再生型資源でもあり、環境保全・浄化に寄与しながら、同時に資源生産を行うことも夢ではありません。研究室では、訪問者に「環境技術のスーパーマーケット」と紹介しているほど、極めて多様な技術の開発に取り組んでいます。

量子線生体材料工学領域

放射線技術,磁場技術,生体計測技術の3つの基盤技術をもとに,エネルギー分野,環境分野,および福祉分野の問題解決に貢献することを目指しています。具体的には,
・放射線が材料,生体,周囲環境に与える影響の評価
・磁気力制御による環境浄化,資源回収,低侵襲治療
・生体計測を用いた人の生活の質(QOL)向上に関する研究 を行っています。

Page
Top