工学研究科 > 電気電子情報通信工学専攻 > システム・制御工学講座

パワーエレクトロニクス領域

電気エネルギーの発生・伝送・変換・制御の分野でエネルギー資源・環境問題を視野に入れた新技術の創造を目指し、パワーエレクトロニクスを基礎として超伝導技術の適用をも考慮し、下記のテーマに関する研究と関連学問分野の教育を行っています。 • 環境低負荷の分散形電源を多数含む新しい電気エネルギー流通システムの研究 • 高効率電力変換器を備えた分散形電源および電力貯蔵装置に関する研究 • GaNなど新しいパワー半導体デバイスの応用研究 • パワーエレクトロニクスによる電力系統制御装置に関する研究

インテリジェントシステム領域

現実の多くのシステムは、並行的に動作する複数の要素から構成されており、そのようなシステムはコンカレントシステムと呼ばれます。本領域では、数理モデルに基づく、コンカレントシステムの検証・制御・最適化のための効率的な手法の開発を目指しています。具体的には、コンカレントシステムの解析・制御に関する理論的研究から、知的移動体システムの制御・スケジューリング、分散ソフトウェアのモデル化・検証など幅広く研究を行っています。

パワーシステム領域

本研究室では、電力変換における回路動作での損失や、スイッチング動作に伴い発生する電磁雑音、損失により生じる温度上昇を評価・モデル化し、詳細に模擬した解析をベースに電力変換システムの省エネルギー化、小型軽量化、高性能化を目指しています。このためシステムで用いられているスイッチングデバイスや受動素子、実装方式等のシステムを構成する個々の要素を評価し、システムのモデル構築へとつなげています。

センシングシステム領域

本領域では、システムの最適化と意思決定に関する基礎理論をベース現在、人類社会は、温暖化を始めとする地球規模で生ずる地球環境問題に直面している。この中で、地球環境に関する様々な変数を計測するリモートセンシング技術は基盤技術であり、精確な計測や情報の抽出そして伝達は、安心安全な社会を構築する上で最も重要な課題の一つとなっている。本領域では、リモートセンシングシステムの研究開発を立脚点として、新たな計測手法の研究を通じ、基礎から応用まで、そしてハードからソフトまで幅広く研究を展開する。
また、「物事の合理的な決定」を数学的に取り扱う研究として、システム工学、数理・知能情報学、ソフトコンピューティングなどの境界領域の研究も進めており、最適化、 パターン識別、 カオス理論、 群知能技法などの開発・応用を研究している。

Page
Top