工学研究科 > 電気電子情報通信工学専攻 > 通信ネットワーク工学講座

ロバストネットワーク工学領域

光ファイバや電波等の通信メディアの能力を十分に引き出し、多種多様な情報を円滑にやりとりするためのネットワーキング技術についての研究をしています。具体的には、無線や光ファイバなど様々な通信メディアの伝送能力を十分に活用するための手続き(通信プロトコル)や異種通信メディアの能力差をユーザに感じさせない制御技術などについて、通信トラヒック理論を活用した理論的側面やシミュレーション、実験などの実環境を想定した研究手法により取り組んでいます。

フォトニックネットワーク工学領域

本研究室では、光ファイバ伝送技術と光スイッチング技術を利用して、増加の一途をたどるインターネット上を流通する情報を、より大量に、より高速に、より効率的に、より安全に伝送できる次世代ファイバネットワークの実現を目指して、デバイスレベルからネットワークレベルまでの幅広い研究開発に取り組んでいます。

Page
Top