日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学部
  • 応用自然科学科
  • 精密科学科目


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    機能材料領域

    教授 安武 潔   准教授 垣内 弘章   助教 大参 宏昌
    最先端科学技術の進歩には、その鍵となる機能材料の高性能化や、全く新しい機能をもった材料の創出が重要です。現在、大気圧・超高周波プラズマの物理的・化学的特性を活用した低温・高速・高品質・エコクリーン成膜技術の開発と、高性能太陽電池、薄膜トランジスタ、高感度センサ等、新機能デバイスへの応用技術の研究を行っています。

    先端機器システム領域

    教授 森田 瑞穂   准教授 有馬 健太   助教 川合 健太郎
    豊かな情報化社会の実現には、一個の電子まで精密に制御できる新しい機能電子デバイスや新規の原理に基づくバイオ・環境デバイスが必要です。このような未来技術実現のため私たちの研究室では、原子配列を精密に制御した超微細構造を創ります。この超微細構造を利用して、電子や分子の流れ(流体)を自由に制御し、新しい機能を有する微細素子の実現を目指しています。

    量子計測領域

    准教授 中野 元博   助教 押鐘 寧
    本領域は『光』に関連する研究を行っています。光の放射や検出は、いずれも電子との相互作用で生じ、その究極は量子の計測です。髪の毛より細いファイバ先端から出た光の波面は真球面となり、この球面波と鏡の表面を比較すれば、鏡がどれだけ正確に球面加工されたか測れます。図は、nmの高精度で大口径ミラーの絶対形状を計測した結果です。PDI(点光源回折干渉計)を使えば、放射光施設で用いられる最先端の鏡の計測評価が可能となります。

    原子制御プロセス領域

    教授 桑原 裕司   准教授 齋藤 彰   助教 赤井 恵
    当研究領域では、原子・分子の世界を実際に観察・操作することから始まり、特に有機分子を操ることにより、ナノメートルの世界で「ものづくり」を制御することを目的としています。また、小さな世界のさまざまな現象に伴う、微小な物理・化学量を精緻に計測するための新しい装置を開発し研究を行っています。一方で、得られた知識をもとに、新しい概念に基づいた新規なデバイス開発にも取り組んでいます。

    超精密加工領域

    教授 山内 和人   准教授 佐野 泰久   准教授 高橋 幸生   助教 松山 智至
    「創れなかったものを創る」これが科学技術の進歩の第一歩です。本研究室は、数100mmスケールに亘る大面積表面において、原子スケールでの構造制御を行うGiant-Scale Nanotechnologyに取り組んでいます。近年、EEM、PCVM、MSI、RADSI、CAREなどのナノ加工・ナノ計測システムを開発して、高性能電子・光デバイス基板やX線デバイス、X線顕微鏡など、「創れなかったものを創る」ことに成功しました。そして、バイオ・医学・創薬・半導体デバイス・X線自由電子レーザーなど、様々な分野と連携しながら、新しい科学技術の開拓に貢献しています。

    計算物理領域

    教授 森川 良忠   助教 稲垣 耕司   助教 濵本 雄治   助教 木﨑 栄年(兼)
    より高性能な半導体デバイス、有機デバイス、高効率太陽電池、燃料電池等、新しい材料を作るには物質中の電子や原子の振る舞いを詳しく知る必要があります。しかしながら、実験的にそれらを調べることは困難な場合が多いです。そこで、我々は物理法則にもとづく精度の高いコンピューターシミュレーションを行うことで、物質の中の電子や原子の振る舞いを観察し予測することを行っています。量子力学の原理に基づく独創的な電子状態計算手法やシミュレーションプログラムを開発し、スーパーコンピューターを駆使して、物質の電気的・磁気的な性質や固体表面上での触媒反応の進み方など明らかにしています。それによって、新しい物質やプロセスを設計する指針を与えるとともに、実験グループと共同して理論的予測の実証を行い、産業、エネルギー、環境といった社会を支える分野に寄与することを目指しています。

    応用表面科学領域

    教授 渡部 平司   准教授 志村 考功   助教 細井 卓治
    人類は、資源・エネルギー、食料と人口、気候変動・自然災害、都市化と貧困などの地球規模の課題に直面しています。それらを乗り越えて持続可能な社会を築くためには、人と人の絆、そして人と自然との共生を大切し、問題解決に希望をつなぐテクノロジーの発展が求められています。サステナブル社会の実現と価値ある未来のために、私たちは材料そのものの設計から、異種材料の組み合わせや新構造の採用によって、革新的な機能を発現するデバイスの創製を目指し、幅広い見地から次世代のグリーンナノエレクトロニクスを支える研究開発を進めています。


    PAGE TOP