日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学部
  • 環境・エネルギー工学科
  • 環境・エネルギー工学科目


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    量子ビーム応用工学領域

    教授 粟津 邦男   准教授 間 久直   助教 真鍋 勇一郎   助教 石井 克典
    生体組織光学・光生物学・レーザー工学を基礎として、光・レーザーを用いた診断・治療や先端バイオ分析技術への応用に関する研究を行っています。赤外レーザーによる低侵襲治療、がんの光線力学治療、生体組織の光学特性値、レーザーイオン化質量分析などが主なテーマです。基礎原理・装置開発・橋渡し研究に至る一貫した医工融合研究を通して、工学と医学の両分野を高度に理解する人材の育成を行っています。

    原子力社会工学領域

    教授 北田 孝典   助教 竹田 敏
    より安全で経済的な原子力利用に向けて、運転機器のより信頼性の高い管理方法や新しいタイプの原子炉の開発などを、実験および計算機シミュレーションを用いて実施しています。

    システム量子工学領域

    教授 福田 武司(兼)   准教授 帆足 英二   助教 沖田 隆文
    本領域では、原子力エネルギーの安全性や新概念についての研究と教育を進めています。現在は伝熱流動を基本とした液体金属流や高熱負荷を受ける物質挙動に関する研究に取り組むことで、中性子源や核融合発電等の新たなシステムの開発に資する研究を進めています。また、電磁流体の伝熱流動に関する研究も勧めており、そこから生まれる新たな安全システムや熱交換機器の概念を構築することを目指しています。

    量子システム化学工学領域

    教授 藤井 俊行
    安全なエネルギーシステムの創生を目指し、燃材料の処理・処分に関する化学研究を行っています。具体的には液体系でのレアメタル、レアアース、およびアクチノイドの溶存状態の解析と化学分離を行い、バックエンド化学の高度化を目指しています。

    量子エネルギー基礎工学領域

    教授 福田 武司   准教授 北野 勝久
    核燃焼プラズマにおけるエネルギー輸送の他,高速炉の熱流動などの幅広い学際領域における渦と揺らぎの動力学が関与する自律的構造形成に注目した基礎研究を進めています。また,電離気体工学や量子科学分野(計測診断技術等)における応用研究を併行して展開しています。

    量子反応工学領域

    教授 村田 勲   准教授 佐藤 文信
    当研究室では、医療、工学及び産業分野への放射線応用研究、そして、核融合エネルギーの研究を行っています。具体的には、大阪大学強力14MeV中性子工学実験装置オクタビアンを利用した核融合中性子工学研究と、新しいがん治療法であるホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の工学的研究を行っています。また、環境や生体を対象にした新しい放射線計測法に関する開発を行っています。

    都市エネルギーシステム領域

    教授 下田 吉之   准教授 山口 容平
    都市エネルギーシステムとは都市へのエネルギーの流入とその転換、最終需要端を含むシステム、加えて、それらのプロセスを通して生じる環境影響の総体を意味します。システムをその構成要素である人、機器、建物、電力システム等に分解して個々の要素の実態とシステムにもたらす影響を把握するとともに、都市・都市圏・国家という「面」でエネルギーの需要をとらえ、最適化を行い、持続可能な都市エネルギーシステムのあり方を追求することを目的としています。

    環境エネルギー材料工学領域

    教授 山中 伸介   准教授 黒﨑 健   准教授 牟田 浩明   助教 大石 佑治
    私たちの研究室では、環境と調和する持続可能社会の実現とエネルギー問題の克服を目指し、サーマルマネージメントのための機能性材料の研究開発をしています。熱を電気に変換する熱電変換、熱を作る量子エネルギー、熱を再利用する蓄熱、熱を逃がさない断熱の4つの分野を研究の対象としており、様々な材料の性質を最大限に引き出すことで、地球温暖化問題やエネルギー枯渇問題の解決をはかり、社会に貢献していきたいと考えています。

    地球循環共生工学領域

    准教授 町村 尚   助教 松井 孝典
    地球循環共生工学領域では「自然共生社会の構築にむけた生態系管理と生態系サービスの持続的利用」をテーマとしています。生態系から人間社会にもたらされる資源・環境調節機能・文化などの様々な便益を「生態系サービス」と呼びます。持続可能な生態系サービス利用は自然共生社会の基本的要件です。本領域では、自然生態系と人間社会系を統合して自然共生系として捉え、その中での物質・エネルギー・資本の流れをシームレスに分析し、持続可能になるようにデザインすることによって、複雑な地球環境問題の解決を目指します。生態学的視点から自然と人間社会をデザインする幅広い研究と,異分野と協働できる人材の教育を行います。

    量子線生体材料工学領域

    教授 西嶋 茂宏   准教授 秋山 庸子
    磁気力制御技術、放射線技術、および生体計測技術を使って、環境分野、エネルギー分野、および福祉分野の問題解決に貢献することを目指しています。具体的な研究テーマとしては、磁気力を用いた環境浄化・資源回収・発電効率の改善、磁気力を用いた低侵襲治療、量子線による高分子材料の劣化機構の解明、生体信号を利用した生活支援に関する研究を行っています。

    生物圏環境工学領域

    教授 池 道彦   准教授 惣田 訓   助教 黒田 真史
    微生物や植物など生物の力を利用した環境保全・浄化技術や資源・エネルギーの回収・リサイクル技術の開発を行っています。生物技術は、生来、経済性や省エネルギー・省資源性、環境適合性に優れ、環境技術として理想的な選択肢の一つです。生物体はバイオマスという再生型資源でもあり、環境保全・浄化に寄与しながら、同時に資源生産を行うことも夢ではありません。研究室では、訪問者に「環境技術のスーパーマーケット」と紹介しているほど、極めて多様な技術の開発に取り組んでいます。

    環境マネジメント学領域

    教授 東海 明宏   助教 小島 直也
    低炭素社会、安全・安心社会の実現には、高度な意思決定や価値判断に基づくリスクガバナンスが必要とされています。
    例1:目標とすべき温室効果ガス排出削減と、対抗するコスト増加・健康リスク変化に対する価値判断はどうあるべきか?
    例2:安全・安心の側面で産業界は化学物質をどこまで管理するべきか?
    東海研究室は、これらの意思決定に必要な要素を評価手法に組込み、適切なリスクガバナンスが求められる課題に応える研究を実施します。

    共生環境評価領域

    教授 近藤 明   助教 嶋寺 光   助教 松尾 智仁
    地球規模から建築内空間に及ぶ広範なスケールを対象に、大気・水・熱エネルギーの環境循環や、環境媒体内・媒体間における環境負荷物質の動態を予測しています。そして、人間活動が人々の生活環境および自然生態系に及ぼす影響の評価や、環境を保全・回復・創造するための環境共生技術の探求を目指して、Monitoring・Modeling・Managementの3つの手法を柱とした研究を行っています。

    都市環境デザイン学領域

    教授 澤木 昌典   助教 松本 邦彦
    当研究室では、よりよい都市、よりよい地域の環境をつくり、保全するための研究を行っています。具体的には、市街地の空間構成や変容を踏まえた都市空間のデザイン、地域固有の価値を活かした景観保全、都市における自然共生の計画手法、低炭素まちづくり、郊外住宅地や衰退する中心市街地・農山漁村などの持続可能社会のデザイン、多様な主体の参加・協働のまちづくりに関する研究を行い、持続可能な都市づくりを目指しています。

    環境設計情報学領域

    教授 矢吹 信喜   准教授 福田 知弘
    環境を構成する人間・人工物・自然などの関係を総合的に設計する環境デザインに先進的な情報通信技術(ICT)を応用した環境デザインシステムの開発および環境そのものにICTを埋め込んだ新しい環境の創造に関する研究と教育を行っています。


    PAGE TOP