日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 生命先端工学専攻
  • 共同研究講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    細胞製造システム工学(ヘリオス)共同研究講座

    教授 紀ノ岡 正博   招へい准教授 澤田 昌典   招へい研究員 稲森 雅和
    本共同研究講座ではiPS細胞由来網膜色素上皮細胞などの細胞製造をモデルとして、無菌環境で細胞を製造するための方法としてアイソレーターを用いた細胞製造プロセスの開発に取り組んでいます。アイソレーター製造に適した運用法や道具を開発することによって操作の再現性を向上させ、より安定した品質の製品を目指しています。また将来の製造に向けて、製造スケール拡大や自動化にも取り組んでいます。

    大阪大学・島津分析イノベーション共同研究講座

    教授 福﨑 英一郎   教授 紀ノ岡 正博   教授 藤山 和仁   准教授 新間 秀一   招へい教授 飯田 順子   招へい教授 馬場 健史   招へい研究員 服部 考成   招へい研究員 津川 裕司
    生体内代謝産物の網羅的解析である『メタボロミクス(Metabolomics)』は、ポストゲノム科学の一分野として生まれた最も新しいオーム科学です。メタボロミクスは、基礎生物学の理解や機能未知遺伝子の機能解明に対する有力な研究手段として注目されているだけでなく、医療、食品、工業微生物分子育種への応用が期待されています。我々は、メタボロミクスの解析システムの新技術を開発するとともに、新しい運用方法の研究を行っています。

    ローツェライフサイエンス 細胞培養工学共同研究講座

    教授 紀ノ岡 正博   准教授 金 美海   助教 堀口 一樹   招へい准教授 幡多 徳彦   招へい研究員 藤原 雅俊
    本共同研究講座では、創薬研究のスクリーニングおよび再生医療等製品の細胞製造における細胞培養の再現性・安全性・安定性・生産性を向上するため、手作業による培養操作の機械化、培養装置や培養装置に合わせた培養容器および器具の開発、細胞画像を用いた客観的培養評価方法の構築、これら技術を組み込んだ培養システムの研究開発を行っています。患者ファーストでの再生医療の社会実装に貢献できるように装置・システム開発に取り組んでいます。


    PAGE TOP