日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 応用化学専攻
  • 物質機能化学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    応用電気化学領域

    教授 桑畑 進   准教授 津田 哲哉   助教 上松 太郎
    当領域は電気化学を柱とし、表面・界面を自在に操ることによって新たな材料の開発を行っています。とりわけ常温で液体の塩であり、揮発しない性質もつ「イオン液体」に注目し、電子顕微鏡と組み合わせて新たな分析法を確立したり、従来にないメカニズムの電池を開発したりしています。また、蛍光発光する半導体ナノ粒子の開発にも精力的に取り組んでおり、光によって電子の流れを可視化することで、少し違った視点からナノ材料の性質を理解する研究を進めています。

    構造物理化学領域

    教授 井上 豪   講師 溝端 栄一   助教 福田 庸太
    生命現象の化学的理解を目的として、生体高分子であるタンパク質のX線結晶構造解析を行っている。この技術は、タンパク質結晶のX線回折像をSPring-8やSACLAで測定し、コンピュータ処理して電子密度を計算して立体構造を明らかにするものである。立体構造に基づきタンパク質機能を解明するだけでなく、その機能を制御する分子の設計も試みている。例えば、「低分子薬剤」や「次世代型抗体医薬品」の開発、「地球環境の改善・食糧増産」をテーマとした応用研究に取り組んでいる。

    物理有機化学領域

    教授 櫻井 英博   准教授 小久保 研   准教授 燒山 佑美   助教 伊熊 直彦
    研究テーマ
    合成化学を基盤として、ナノサイエンスの様々な課題に物理有機化学的アプローチによる取り組みを行っています。

    1)湾曲π共役分子の化学
    お椀型をしたπ共役化合物「バッキーボウル」はフラーレン・ナノチューブ化学合成の重要な前駆体であると同時に、お椀構造に由来した独特な物性を有しています。私たちはこれまで合成が困難だったバッキ-ボウルを自在に構築する画期的な合成手法の開発や、物性研究に取り組んでいます。
    また、湾曲π共役分子の代表格であるフラーレンについても、その修飾法や材料への応用について研究を行っています。

    2)金属ナノクラスター触媒の化学
    金属をナノメートルレベルまでサイズダウンすると、バルク金属とは全く異なる触媒活性を示すようになります。私たちは、バルクでは触媒活性を示さない金をはじめ、パラジウムなどの様々な金属ナノクラスター触媒を開発し新反応の開拓や実用的合成手法の開発に取り組んでいます。

    構造有機化学領域

    教授 林 高史   准教授 小野田 晃   助教 大洞 光司
    有機化合物の構造と反応性・物性のユニークな相関に着目し、広く生体分子、金属錯体、有機化合物を取り扱った機能分子の創製、タンパク質の機能化、新規生体触媒やナノバイオマテリアルの創製等を手がけている。具体的には、金属タンパク質の高機能化・機能改変への挑戦、合成補因子を用いたヘムタンパク質の機能解明、超分子タンパク質複合体の形成、バイオハイブリッド触媒の開発、新規ポルフィリノイド化合物の合成と反応性の検討を実施している。

    精密合成化学領域

    教授 南方 聖司   准教授 武田 洋平   助教 清川 謙介
    当研究室では,“ものづくり”の基礎研究に主眼をおき、シンプル(入手容易)な原料から使える物質(分子)の新しい合成方法の開拓を目的とし、効率性、選択性、およびグリーン性を備えた方法論を重視して研究しています。使える分子として有機合成に有用なビルディングブロック、機能材料を指向したフラーレンの誘導体、および天然物に導ける骨格などを取り上げ、それらの合成の新手法の開発を検討しています。

    無機材料化学領域

    教授 今中 信人   准教授 田村 真治   助教 布谷 直義
    機能性無機材料に関する幅広い研究を行っている。現在は特に、イオン伝導性固体、ガスセンサ、環境触媒、無機顔料、蛍光体などの創成を目指し、新規な材料開発を行っている。イオン伝導性固体では、世界で始めて3価および4価カチオン伝導を実証した。環境触媒分野では、従来の触媒よりもはるかに低温で環境汚染ガスを浄化可能な触媒を創成し、無機顔料開発では、無害でありながら発色の良い顔料を実現した。

    高分子材料化学領域

    教授 宇山 浩   准教授 麻生 隆彬   助教 辻本 敬
    高分子材料化学領域では機能性高分子の精密設計・合成と物性・機能評価を研究しています。医療、環境、エネルギー分野での応用を目指した高分子ナノ多孔体の新規合成法の開拓と機能開発、地球温暖化抑制に寄与できるセルロース、植物油脂をはじめとする再生可能資源を利用するバイオマスプラスチックの創製と物性制御、生理活性ガスを中心とする生理活性物質の放出能を有する自己組織化プロドラッグナノ粒子の開発を行っています。

    機能有機化学領域

    准教授 森内 敏之   助教 雨夜 徹
    当研究室では、遷移金属、π共役系分子、生体分子をキーワードにこれらを活用した機能性分子システムの構築を行っています。

    先端材料化学領域

    教授 町田 憲一   助教 岡田 健司
    無機材料化学を基礎として、永久磁石、蛍光体、セラミックスなどの無機材料を研究している。


    PAGE TOP