日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 精密科学・応用物理学専攻
  • 応用物理学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    ナノ物性理論領域

    当研究室では、物質の諸特性やダイナミクスを理論的に研究し、エキスパート研究者を養成しています。特に固体表面での反応における量子ダイナミクス、ナノ構造(ナノチューブ、量子ドット、超格子、ナノ合金、生体物質)の物性解明、機能デザイン(計算機マテリアルデザイン)を、進めています。このような研究において、物理の精神である普遍性をもとめ、我々を取り巻く自然界で生じる諸現象の理解を深めたいと考えています。また、構築した理論、得られたノウハウ等の産業応用も積極的に実施しています。

    ナノ物性工学領域

    教授 菅原 康弘   准教授 李 艶君   助教 内藤 賀公
    固体表面を原子・分子レベルで観察できる原子間力顕微鏡(AFM)をベースとする先端ナノ計測技術の開発を進めながら、個々の原子や分子を操作して新物質相を創生する新しい技術の開発を推進している。また、固体表面で発現する新奇なナノスケールの物理現象の探索と解明を進めている。

    ナノマテリアル領域

    教授 小林 慶裕   助教 根岸 良太
    ナノマテリアル領域では、カーボンナノチューブ(CNT)やグラフェンなどの構造を思いのままに操る成長技術の開拓や、将来のナノデバイス応用に向けた新規機能を引き出す研究を進めています。そのための基礎となるナノ構造形成過程の背後にひそむ表面現象について原子レベルでの理解を進め、自己組織化によるナノ構造形成の研究へとフィードバックしていきます。さらに、これらナノ構造体が持つバルク材料とはまったく異なるユニークな物性を活用して、新機能ナノデバイスへと応用展開を図ります。

    ナノフォトニクス領域

    教授 河田 聡   准教授 藤田 克昌   助教 田口 敦清
    河田・藤田研究グループは、プラズモニクス、非線形光学、ナノマテリアルを駆使して、これまでの常識を覆す全く新しいレーザー光技術を生み出し、光の波長の限界を超えた分解能でナノスケールの世界を計測し、制御・加工するナノサイエンスとナノエンジニアリングを研究しています。

    ナノバイオ工学領域

    教授 民谷 栄一   助教 吉川 裕之   助教 齋藤 真人

    ナノスペクトロスコピー領域

    ナノエレクトロニクス領域

    教授 高原 淳一
    本研究室では金属ナノ構造を舞台としたフォトニクス、プラズモニクスやメタマテリアルの研究を通じて、革新的なフォトニックデバイスの実現をめざしています。
    プラズモニクスの研究では、回折限界のために原理的に不可能と思われていたナノ光集積回路をプラズモニック導波路とよばれる負誘電体ナノワイヤーによって実現可能なことを示しました。これにより、電子回路と光回路をナノレベルで集積化できます。これにより光の回折限界を超える超微細かつ低消費電力のデバイスの実現を目指しています
    メタマテリアルの研究では、金属ナノ構造を基板上に2次元的に配列したメタ表面の研究を行っています。メタ表面の吸収率や反射率を構造により制御し、赤外線エミッターや完全吸収体などの研究を行っています。これは、高効率光源をはじめエネルギー分野への応用につながります。


    PAGE TOP