日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 知能・機能創成工学専攻
  • 先導的融合工学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    創発ロボティクス研究室

    教授 浅田 稔   助教 石原 尚
    ヒトと同等と思える知性を備えた人工物の設計論として、ヒトの認知発達過程の多様で深い融合・統合的な理解を目指すヒューマノイド・サイエンスを推進しています。言語や共感に代表されるヒトの高度認知能力を胎児からのヒトの認知発達過程を模した人工的過程を確率統計モデルやニューラルネットワーク、力学シミュレーションや実ロボットによって再現することで、知的人工物設計の新たな展開を目指すと共に、自然知能における認知発達のミステリーに迫ります。

    マイクロダイナミクス研究室

    教授 中谷 彰宏
    ミクロ構造とマクロ特性を結びつけるメカニズムを力学モデルにより解明し、ミクロ構造の設計のガイドラインとなる学理を構築する。さらにマルチスケール動力学理論と、それを用いたシミュレーション方法論の確立を目指す。

    機能材料学研究室

    教授 南埜 宜俊
    ナノサイズからミクロサイズの材料組織学と材料設計手法を駆使して新しい機能性を持つ材料の創成を目指しています。高防振材料、超微細結晶粒材料、高強度高硬度高靭性過共析鋼の開発などを行っております。

    知能アクチュエータ・センサデバイス創成研究室

    教授 平田 勝弘   准教授 宮坂 史和   助教 新口 昇
    1つのアクチュエータで多自由度の動作を実現できる多自由度アクチュエータや、人間の筋肉を模擬して構成したリニアアクチュエータ、非接触で動力伝達を行う磁気式伝達機構、磁性流体や超磁歪素子、感温磁性材料、ナノイオンデバイスなど新素材・新原理に利用した次世代アクチュエータ・センサデバイスの研究を行っています。新しいデバイスの企画・提案から解析手法の開発、最適設計、試作、制御手法の確立まで一貫して行っています。

    運動知能研究室

    准教授 杉原 知道
    機械工学・制御工学・情報工学を背景に、人の身体・運動から知能に迫る研究と、人型ロボット開発・制御に関する研究を、双方向に進めている。

    計算材料設計・創成研究室

    准教授 吉矢 真人
    第3の手法と呼ばれるコンピューターを用いた計算によるアプローチは、益々厳しくなる材料に関する社会からのニーズに応えるのみならず、社会へのシーズ提供を可能にしつつある。本研究室では、原子レベルから巨視的スケールまでの計算材料科学的手法を活用し、実験及び理論との有機的連携を通じて、既存の理論に囚われる必要のない新しい材料設計法の構築を通じて、新規材料開発を行っている。

    共生メディア学研究室

    准教授 中西 英之
    人間との共生に適したメディアの創造を目指して、身体性に欠けるメディアと身体を持つ人間との溝を埋めることが可能なユーザインタフェースの研究開発を行っています。

    高機能構造材料創成研究室

    准教授 萩原 幸司
    我々の社会を支える基盤的材料から次世代先進材料に至るまで、各種金属系構造材料の新規開発、特性向上を、格子欠陥・転位・結晶構造・相安定性・組織形態といったナノ、メゾ、ミクロ各視点からの制御により実現すべく研究を行っています。現代社会が求める多様なニーズ、過酷な要求に応えるべく、本研究室では軽量、高強度、高耐熱性、生体適合性、高耐食性といった、複数の機能を同時に高度に併せ持つ、先進的・multi-functionalな「機能性構造材料」の創製を目指しています。現在特に、低炭素社会の実現を目指した次世代超高温構造材料の開発、軽量高強度を有するシンクロ型マグネシウムLPSO合金開発、ならびに生体内で溶解する金属インプラント材料の開発プロジェクト等を進めています。

    非線形離散動力学研究室

    准教授 土井 祐介
    材料のミクロスケールダイナミクスを中心とした、離散構造・周期構造における非線形振動やエネルギー局在現象などの非線形ダイナミクスについて、力学系理論の方法論に基づいた理論解析や数値シミュレーションによりその特性を明らかにすることに取り組んでいます。またこれらを通じて機械工学・材料工学の諸問題に対する新しい理論的アプローチを提案すること、非線形力学を応用した新しい機構を構築することを目標にしています。

    熱・電磁流体解析研究室

    准教授 宮坂 史和
    磁性流体や溶融金属は電磁場に反応し、その形状や物理特性を変化させる。そしてさらに、その特性変化が電磁場に影響をおよぼすためその挙動は非常に複雑なものとなっている。当研究室では熱および電磁場等の外部環境に反応し相互作用する流体・粘弾性体の挙動解析を通じて現象を解明し、新たなセンサやデバイスそして生産プロセスの設計・開発を行うことを目的とする。


    PAGE TOP