日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 機械工学専攻
  • 複合メカニクス講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    固体力学領域

    教授 澁谷 陽二   准教授 垂水 竜一   准教授 奥村 大   助教 田中 展
    マクロな材料の示す力学的な振る舞いと、それを構成する実際の原子運動の間には、大きな時・空間スケールの隔たりがあります。私達の研究室では、材料の弾・塑性変形機構の包括的な理解を目指して、マルチスケール固体力学の観点から以下の基礎研究を進めています:マルチスケール欠陥力学のための電子・原子シミュレーション、理論に基づく数理解析、音波のマルチフィジクス非破壊観察法の開発など。

    複合流動工学領域

    教授 田中 敏嗣   准教授 辻 拓也   助教 鷲野 公彰
    流体中に固体粒子を含む流れは、様々な工業装置中や自然界において広く見られます。その振る舞いは、粒子群が流れ中において作る構造により、大変複雑で興味深いものとなります。本グループでは、この種の流れ現象の物理の基礎的な理解促進を進めると共に、数値シミュレーションモデルの開発や、これらに基づいた応用研究を行っています。

    非線形非平衡流体力学領域

    教授 矢野 猛   助教 稲葉 匡司
    非線形(nonlinear)と非平衡(nonequilibrium)をキーワードとして、流体現象の解明とその機械工学への応用を研究しています。その中でもとくに、新しい流体力学のための新しい理論の創成を目指しています。

    ナノ構造工学領域

    准教授 平原 佳織
    ナノスケールの加工には対象物質を自在に操る「手=ツール」と、その過程を的確にモニタできる「目」の選択が重要な鍵を握ります。本研究室ではナノメートルレベルの局所領域観察ができる電子顕微鏡の中でナノマニピュレータという高精度な「手」を使って、狙ったナノ構造体1個の操作や様々な変形加工を行っています。加工に伴う原子レベルの構造変化と機械・電気特性変調の相関を実時間観測から明らかにし、ナノ領域独特のダイナミクスを探索します。ナノ領域で動作する新奇機械要素やナノ領域特有の性質を生かした機能材料など、基礎と実用化を繋ぐための研究も積極的に進めています。

    複雑流体工学領域

    複雑流体とは、流体内部に分子・原子レベルよりも大きなスケールの構造を有する流体のことで、例えば,高分子流体、界面活性剤溶液、コロイド粒子分散系、エマルション、液晶などが挙げられます。当研究室では、複雑流体の流動現象を、連続体力学の立場からミクロシミュレーションまでの種々のスケール・解析レベルにおける解析手法を用いて研究しています。 さらに、流動解析のための数理モデルの開発にも取り組んでいます。

    熱流動工学領域

    助教 中塚 記章

    機械動力学領域

    教授 石川 将人
    「転がる」「揺れる」「歩く」「泳ぐ」—。本研究室では、非線形制御、機械力学・力学系理論、ロボティクス、生物学などを駆使して、徹底的に「動くもの」を探究します。特に、外部環境との間に働く拘束力がいかに物体を移動させるか、すなわち「ロコモーションの力学」が研究の柱です。
    柔軟な発想と数理的な思考力をもった「頭脳」、現象をありのままに見る「眼」、そして何でも作って確かめる「手」の三つを結集して、新しい発想のメカの実現や生物の運動機能の理解などを目指します。

    エネルギー反応輸送学領域

    教授 津島 将司   助教 鈴木 崇弘
    燃料電池、フロー電池などの次世代エネルギー変換デバイスの高性能化を目指し、デバイス内における化学反応と輸送現象の解明および本質的な課題の抽出と解決のための研究を行っています。


    PAGE TOP