日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 機械工学専攻
  • マイクロ機械科学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    マイクロマテリアル工学領域

    教授 箕島 弘二   准教授 平方 寛之   助教 近藤 俊之
    当研究室では、寸法がnmからμmスケールであるナノ・マイクロ材料おける材料力学と材料強度学の構築を目指しています。これらの材料に対して従来の強度理論が成立するか否か、成立しない場合の強度の考え方、さらに変形や強度の特性は未解明です。当研究室では、独自の発想によるナノ・マイクロ試験片の作製から試験装置・試験方法の開発、評価実験と観察、それに基づく力学解析にわたる一貫した研究により、ナノ・マイクロ材料の変形と破壊の力学を解明しています。

    ナノ加工計測学領域

    教授 高谷 裕浩   准教授 水谷 康弘
    21世紀に向けて“ものづくり”技術の高度化を達成するには、加工、計測、位置決めなどの全ての分野において、その技術をさらに向上させる必用があります。当研究室では、光を応用した精密加工・計測技術を基盤技術とした研究を中心に、“ものづくり”技術の新たな潮流を創出することを目指します。将来的には、ものづくりに関する研究、加工計測に関連する分野だけにとどまらず、光加工計測技術の環境分野への応用など、将来の日本の産業を支える基盤技術を生み出すための提案を行っていきます。

    流体物理学領域

    教授 梶島 岳夫   准教授 竹内 伸太郎   助教 大森 健史   助教 岡林 希依
    乱流や多相流の諸現象、相変化を含む界面現象、伝熱および物質移動、流れと構造物との強い相互作用問題を扱い、流れをin silico (コンピューターの中)で限りなくin situ (自然のまま)に扱う物理法則に忠実な「数値実験」手法を確立するため、数値シミュレーションの方法、現象の解明と数式表現(モデリング)に関する研究を行っています。応用としては、高速車輌・航空機や流体機械のほか、生体系に関連する流れが含まれます。

    マルチスケール輸送現象領域

    准教授 山口 康隆
    表面張力、粘性などの液体の物性および液体界面の物理化学的な構造に関する分子スケール解析と、これらの効果を含む流体現象のモデリングについての研究

    燃焼工学領域

    教授 赤松 史光   講師 林 潤
    燃焼工学研究室では、高効率かつクリーンな燃焼技術に関する研究、新燃焼技術としてプラズマ支援燃焼技術、バイオマスの有効活用に関する研究、燃焼を用いた高付加価値物質の生成に関する研究に対して、非接触光学計測を用いた実験や素反応を考慮した数値解析による研究を遂行しています。

    マイクロ熱工学領域

    教授 芝原 正彦   助教 植木 祥高   助教 藤原 邦夫
    本研究室では、省エネルギー、環境汚染物質低減、新技術の創成への貢献を目的として、熱工学(伝熱工学,分子熱工学,熱流体工学,燃焼工学)を基盤とした研究を行っています。
    この目的達成のためにはさまざまな手法が考えられますが、本研究室ではコンピュータを駆使したシミュレーションを中心にして、実験による検証や開発も実施することにより「熱が伝わる過程を原理から制御する」ことによる貢献を目指しています。


    PAGE TOP