日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • マテリアル生産科学専攻
  • 材料機能化プロセス工学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    環境材料学領域

    教授 藤本 慎司   准教授 土谷 博昭   助教 宮部 さやか
    環境の多様化・過酷化に伴って、材料の劣化や損傷が社会問題となっています。水溶液および高温環境での金属材料の腐食・酸化過程とこれらの環境に耐える材料の開発に関する教育・研究を行っております。電気化学、表面分析機器や計算科学などを駆使して、材料表面機能を電子構造、光物性、生体適合性などからアプローチしています。一方、電気化学プロセスを用いた材料と環境の相互作用の制御による構造を規制した材料表面の創製とその応用に取り組んでおります。

    生体材料学領域

    教授 中野 貴由   准教授 石本 卓也   助教 當代 光陽   助教 松垣 あいら
    結晶学や結晶塑性学などの材料工学で培われた評価・解析・制御法を、生体組織ならびにそれを代替もしくは誘導する生体材料の構造・機能特性の解明に適用し、生体物性の評価、生体組織再生技術の開発、生体材料の創製を目指した研究を行っています。とりわけ生体組織に特徴的な階層ごとの異方性配列・構造に注目し、生体内を含む特殊環境下でさえも高機能発現を可能とする材料を創製するための “異方性の材料科学” ともいうべき新たなジャンルの学問体系を築くことを目的としています。

    材質形態制御学領域

    教授 宇都宮 裕   准教授 松本 良
    新たな素形材(高加工性材料、高強度材料、軽量材料、高エネルギー吸収材料など)を創製するための新たな加工プロセスを開発する研究と、加工プロセスにおける組織・物性の発現機構や変形・負荷特性およびトライボロジー現象を解明・予測する研究を行っています。


    PAGE TOP