日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 電気電子情報工学専攻
  • 電子工学部門


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    機能創製基礎プロセス領域

    教授 伊藤 利道   准教授 堺 一男   助教 毎田 修
    環境に優しい電気電子材料を用い、省エネルギー化や高機能化を可能とするデバイスを開発するため、優れた性質を多く有する高品質半導体ダイヤモンド膜を、メタンガスからマイクロ波プラズマCVD法により合成し、デバイスシミュレータも併用しながら、室温で冷却不要の低雑音・高感度の深紫外線・X線等の検出器や高電力密度パワーエレクトロニクスデバイス等への応用を目指した基礎研究を行っています。他の炭素系薄膜や高温超電導酸化物薄膜等も研究対象です。

    機能性材料創製領域

    教授 森 勇介   准教授 今出 完
    本領域では、将来の低炭素社会、高度情報社会、高齢化社会での技術革新の中核をなす新機能材料の開発を行っています。波長変換結晶、窒化物結晶、有機結晶等の機能性材料の開発から、創薬の基盤となるタンパク質結晶について、基礎研究から産学連携・ベンチャー創生による実用化までを実践することで、研究者の養成と研究成果の社会への還元を目指しています。

    ナノ材料計測領域

    教授 片山 光浩   准教授 久保 理   助教 田畑 博史
    本領域では、高度情報化社会をハード面から支えるため、ナノエレクトロニクス材料の表面界面物性の解明と機能探索、ならびに次世代ナノエレクトロニクス材料として有力視されている、カーボンナノチューブ・グラフェンや他のグラフェン類似層状物質等の低次元新材料をベースとして、センシングデバイスを中心としたデバイス創製に関する研究をおこなっている。

    量子電子機能材料デバイス領域

    教授 八木 哲也

    分子機能材料デバイス領域

    教授 尾﨑 雅則   准教授 藤井 彰彦   助教 吉田 浩之
    本領域では、有機分子・高分子系の材料を中心として、その電子・光物性を明らかにすると共に、エレクトロニクス、フォトニクスへの応用の可能性を探求しています。具体的には、自己組織的に分子が並んで機能を示す「液晶」と、p電子が電界・磁界・光と効率的に相互作用して高い機能を示す「p共役系分子・高分子」の研究をしています。

    量子光電子デバイス領域

    教授 片山 竜二   助教 上向井 正裕
    本領域では、超小型・省エネルギーな未踏波長域の光源の実現による低炭素社会への貢献や、量子並列超高速情報処理システムによるビッグデータ解析や人工知能といった次世代技術の発展を目指し、種々の量子光電子デバイスとシステムの開発を行っています。半導体レーザと非線形光学素子の集積、ワイドギャップ半導体量子構造を用いた量子光源の開発、巨大光学非線形性材料の探索に加えて、これらを集約した新規システムを開拓しています。

    先進電子デバイス基礎領域

    教授 近藤 正彦   准教授 梶井 博武   助教 森藤 正人
    バーコードリーダー等の光源として身近にある半導体レーザは、理論上、サイズが小さいほど高性能になる。近藤研究室では、直径が約1ミクロンの円形共振器を研究開発している。左図は作製した共振器の電子顕微鏡写真、右図は共振器内部の光分布を示す。半導体内部に閉じ込められた光が回転しながら増幅する円形共振器をフォトニック結晶によってつくりだし、その近傍に光を取り出す光導波路を設置することで、エネルギーロスのない半導体レーザをつくりだそうというアイデアだ。完成すれば通信容量を一気に今の約100倍にできてしまう夢のデバイスなのだ。

    有機エレクトロニクスデバイス領域

    教授 尾﨑 雅則

    集積量子デバイス領域

    教授 森 伸也   准教授 松岡 俊匡   准教授 鎌倉 良成
    新材料・新構造・新原理を用いた電子デバイスやそれらを集積化したシステムの実現に向けて、計算物理をベースとした理論的な研究を行なっています。極めて微細なデバイスにおいて原子レベルで現れる物理現象の解明から、集積システムの高性能化に至る、広い階層をまたぐ研究を行なっています。

    原子分子操作組立領域

    教授 森 勇介

    生体システム・デバイス領域

    教授 八木 哲也   准教授 林田 祐樹   助教 末松 尚史
    生物の脳神経系は、現在用いられているデジタル計算機とは全く異なるアルゴリズム・アーキテクチャによって、感覚情報の知的処理を実現しています。本研究室では、中でも視覚神経システムが持つ計算原理・メカニズムを神経科学の様々な研究手法により調べ、その知見を元に生体模倣型の電子デバイスシステムを開発しています。また近年では、人工視覚補綴などの医用応用を目指した神経系とのインターフェイスデバイスの基礎開発研究にも注力しています。


    PAGE TOP