日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 環境・エネルギー工学専攻
  • 共生エネルギーシステム学講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    都市エネルギーシステム領域

    教授 下田 吉之   准教授 山口 容平
    都市エネルギーシステムとは都市へのエネルギーの流入とその転換、最終需要端を含むシステム、加えて、それらのプロセスを通して生じる環境影響の総体を意味します。システムをその構成要素である人、機器、建物、電力システム等に分解して個々の要素の実態とシステムにもたらす影響を把握するとともに、都市・都市圏・国家という「面」でエネルギーの需要をとらえ、最適化を行い、持続可能な都市エネルギーシステムのあり方を追求することを目的としています。

    環境エネルギー材料工学領域

    教授 山中 伸介   准教授 黒﨑 健   准教授 牟田 浩明   助教 大石 佑治
    私たちの研究室では、環境と調和する持続可能社会の実現とエネルギー問題の克服を目指し、サーマルマネージメントのための機能性材料の研究開発をしています。熱を電気に変換する熱電変換、熱を作る量子エネルギー、熱を再利用する蓄熱、熱を逃がさない断熱の4つの分野を研究の対象としており、様々な材料の性質を最大限に引き出すことで、地球温暖化問題やエネルギー枯渇問題の解決をはかり、社会に貢献していきたいと考えています。

    地球循環共生工学領域

    准教授 町村 尚   助教 松井 孝典
    地球循環共生工学領域では「自然共生社会の構築にむけた生態系管理と生態系サービスの持続的利用」をテーマとしています。生態系から人間社会にもたらされる資源・環境調節機能・文化などの様々な便益を「生態系サービス」と呼びます。持続可能な生態系サービス利用は自然共生社会の基本的要件です。本領域では、自然生態系と人間社会系を統合して自然共生系として捉え、その中での物質・エネルギー・資本の流れをシームレスに分析し、持続可能になるようにデザインすることによって、複雑な地球環境問題の解決を目指します。生態学的視点から自然と人間社会をデザインする幅広い研究と,異分野と協働できる人材の教育を行います。


    PAGE TOP