日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 工学研究科
  • 環境・エネルギー工学専攻
  • 協力講座


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    環境材料学領域[接合科学研究所]

    准教授 桐原 聡秀
    遺存資源を用いた積層造形プロセスにより地球インプラントの創製研究を進めています。遺存資源は産業活動で生じる副産物のうち、利用や処理が難しく、安定な物質であるため加工や転換が困難で、増え続けること自体が問題である素材を意味します(貝殻・焼却灰・スラグなど)。積層造形プロセスはペースト素材で薄い断面層を形成し、順次積み重ねることで複雑構造を得る手法です(3Dプリンターなど)。地球インプラントは人体内に埋入するインプラントと同様に、自然環境の様相を制御する人工物です。

    スマートグリーンプロセス学領域[接合科学研究所]

    准教授 西川 宏
    ものつくりにおいて、有害物質フリー・エコマテリアル等への材料代替、接合プロセスにおける環境低負荷物質の使用・省エネルギー化、微細高密度実装部の信頼性向上などに資する要素技術の研究開発を推進しています。

    量子ビーム材料プロセス工学領域[産業科学研究所]

    教授 吉田 陽一   准教授 誉田 義英   准教授 楊 金峰   助教 近藤 孝文   助教 菅 晃一
    量子ビーム材料プロセス工学領域では、極限ナノファブリケーションを実現するために、フェムト秒パルスラジオリシスおよび時間分解電子顕微鏡を用いて、量子ビーム誘起超高速現象の解明を行っています。

    レーザー応用工学領域[レーザーエネルギー学研究センター]

    教授 猿倉 信彦   助教 清水 俊彦
    新物質と光の接点・理学と工学の接点から展開できる光科学の新領域開拓をめざした研究を行っています。特に現在は、新しい産業の育成につながると期待
    されている次世代短波長光材料の開発に取り組んでいます。

    レーザーエネルギー工学領域[レーザーエネルギー学研究センター]

    教授 乗松 孝好   准教授 長友 英夫   助教 山ノ井 航平
    核融合発電を実現し、将来のエネルギー源とするため、レーザー核融合炉工学の課題を整理し、一つずつ解決を図っています。具体的にはレーザー核融合炉
    システムの概念設計、最終光学系、燃料供給システム、燃料ターゲットの研究、シミュレーションによる高密度レーザープラズマ物理の研究、レーザー核融合の燃焼・加熱の物理研究、中性子計測システムの開発などが主な研究内容です。


    PAGE TOP