日本語 English

研究室をキーワードで探す

  • 附属施設
  • アトミックデザイン研究センター
  • 材料・構造・機能設計研究部門


  • をクリックすると各研究室のホームページヘリンクします

    コンポジット材料設計分野

    教授 中谷 亮一(兼)   准教授 井藤 幹夫
    熱電変換材料や水素吸蔵合金、磁性材料や超伝導材料など、未来を支える各種機能性材料の高性能化・高機能化プロセスの開発を、主として粉体機能化技術によって、各種材料の持つ様々な物性(電気的性質・熱的性質・磁気的性質など)を制御・最適化することにより行っています。粉体材料合成プロセスによるナノコンポジット化や固化成型プロセスによる異方性材料の配向性制御、新規直接通電焼結法の開発など、機能性材料のさらなる高性能化あるいは新機能発現を目指したプロセスデザインに関する研究・教育を行っています。

    機能分子材料設計分野

    教授 神戸 宣明(兼)   助教 小西 彬仁
    高効率で高選択的な物質変換手法の開発は持続可能性社会の構築に不可欠な要素です。我々は、この社会的ニーズに応えるべく、ヘテロ元素や遷移金属といった、種々の元素の特異な化学的反応挙動を明らかにし、その特性を活用する新しい合成反応および触媒反応を開拓しています。分子の構造と物性、そして反応性のそれぞれの相関を明らかにしながら、有機伝導性材料および有機発光材料など、有用かつ新規な機能を有する新しい機能材料を創出し、電子デバイスとしての応用研究へと展開していきます。

    分子集積設計分野

    教授 林 高史(兼)   准教授 鳶巣 守
    我々のグループでは、有機化合物の構造と反応性・物性のユニークな相関に着目し、広く生体分子、錯体分子、有機分子を取り扱った機能材料の創製、タンパク質の機能化・自己組織化、新規合成手法の探索と薬理活性物質の合成等を手がけています。特に、人工生体触媒やナノバイオマテリアルの創製、遷移金属錯体触媒による不活性結合の活性化を介した芳香族分子変換反応の開発を実施しています。


    PAGE TOP